二つの名作映画
Two premier movies

   自分の研究開始・・・トウガラシの産地巡り
   My research start The tour around local of red pepper

当時の野菜用トウガラシ
(ピーマン)の外来品種・
ワンダーベル
昭和29年(1954年)8月の、立山・後立山(うしろたてやま) の山旅(やまたび)をしながら考えました。大学に勤めて3年目、 ”いつまでこんな下働きばかりしているのか”、と。

講座責任者の TA助教授 に 「
講座としての新しい研究テーマをどうするのですか」 と聴いても、別段何の新機軸も考えていない様子。

では、わたしにも、そろそろ自身の研究をやらせてください」 と言って、一応の了承をとつたものの、当時の新制大学の研究費はごくわずか。物指しと秤(はかり)でやれることしかできません。私は出身大学へ行って、学生のときに指導を受けた、KN講師に相談しました。KN講師は、

今の 新制大学 で、立派で高価な研究設備や研究機器など持っているところなどないよ。しかしそんな道具なしでも、蔬菜 の 種類 によって、まだ 基礎的な調査研究 のされてないものがたくさんある

君が卒業論文で材料にした トウガラシ も、そのひとつだ。前にここの大学の 作物学講座 でやり始めたが、結局できずに終っている。それを君がやったらどうか。近くにいるのだから、そちらにない機器は、ここへ来て使えばよい

と言ってくれました。ということで、それから以後10年ほど続く、トウガラシピーマン を相手の仕事を、この年から始めました。

香辛料用トウガラシ
三鷹
タバスコソースの原料
タバスコ
現在のピーマンの代表品種
京みどり
ただし、ピーマン という呼び名は、昭和30年代なかごろから使われ始めたもので、このころはまだ ピーマン という名称はありませんでした。

ピーマン という名称は、西洋料理の人たちが使っていたもので、フランス語から来ています。

当時は、野菜用のトウガラシ よりも、ピリカラの 香辛料用トウガラシ の栽培の方が盛んでした。日本の 香辛料用トウガラシ は、他国産に比べて品質が良いことで知られていて、欧米各国への輸出も多く、お茶に次ぐ主要輸出農産物 でした。

そのころの主な 香辛料用トウガラシ の産地と品種は・香川県西部の 本鷹(ほんたか) 、静岡県西部の 三鷹(さんたか) 、鹿児島県大隅半島の 鷹の爪 でした。私は、秋の収穫期に、これら3地域の栽培現場の視察に行きました。

野菜用トウガラシの花
野菜用トウガラシ の栽培は各地にありましたが、当時の最新施設・ビニールハウス による栽培を始めた和歌山県での情況を見ました。また、アメリカを始め外国の研究者たちの報告を調べて、日本に無い種類・品種のタネを外国から送ってもらいました。

そして、まず、果実を収穫目的とする果菜類として大切な生殖生理について、トマトナスと比較しながら、研究の仕事を始めました。

         * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

野菜については、このホームページの 「チューさんの野菜ワールド」 で詳しく解説しています。ご覧ください。



   東京物語・・・小津映画の集大成
   Tokyo Story・・・The compilation of the Ozu movie

昭和28年(1953年)は、NHKが白黒テレビの本放送を始めた年です。けれども、庶民にとってテレビは、とても手の届かない存在で、娯楽はまだまだ映画の時代、それも白黒映画でした。

1953 were a year for which NHK began full-service broadcasting of the black and white set. However, amusement was a time of the movie still more for people in the existence which is not television accessible at all. movie was also monochrome film.


「東京物語」の撮影風景
左前が原節子右端が小津監督
Photography scenery
of "Tokyo Story"
映画「東京物語」のポスター
The poster of a movie
"Tokyo Story"
しかし、このころの映画はすぐれた作品が多く、人の心を打つ名画がいくつもありました。とくに、小津安二郎 黒沢明 の両監督によるものが有名で、60年経った今になって観ても、感動を新たにします。

However, the movie at this time had many outstanding works, and there were many masterpieces which move people's mind. Even if it is famous, and what is especially depended on both the supervisors of Yasujiro Ozu and Akira Kurosawa becomes the now which has passed in about 60 years and sees, it is newly impressed.

昭和28年(1953年)11月小津安二郎 監督の 「東京物語」 が公開されました。主演は 笠智衆(りゅう ちしゅう)。

Director Yasujiro Ozu's "
Tokyo Story" was exhibited in November, 1953. Starring was Chishu Ryu.

ストーリーはご存知の方が多いと思いますが、広島県・尾道に暮らす老夫婦が、東京に居る子供たちの家を訪れる話です。息子は町医者、娘は美容師でどちらも忙しく、老親をかまってくれない、一番親身に付き合ってくれたのが、戦死した次男の嫁でした。

Although I think that a story has many more familiar people, the old couple who lives in Onomichi in Hiroshima Prefecture is a talk which visits the house of the children who are in Tokyo. A son is a general practitioner, a daughter is a beautician, both are busy, and it does not care about old parents. The bride of the second son killed in war associated kindliest.

尾道へ帰ってすぐ、老母は病死します。子供たちは葬式に来ますが、すぐまた東京へ帰ってしまいます。最後まで残った次男の嫁に、老父は再婚を勧め、老母の形見の品を渡します。

The old couple returns to Onomichi and the old mother dies of an illness immediately. Although children come to a funeral, they will return to Tokyo immediately again. The old father recommends the bride of the second son who remained to the last second marriage, and hands her the elegance of an old mother's keepsake.


小津安二郎
Yasujiro Ozu
「東京物語」の笠智衆と原節子笠智衆
Chishu Ryu and Setsuko Hara
in "Tokyo Story"
この映画は、親子や夫婦の絆とその喪失を細やかな手法で描き、その後の日本の 核家族化 と 老齢化社会 を、先取りして見せたものと言われています。

This movie
draws the bonds and loss of parent and child or husband and wife by a warm technique, and is subsequent Japan. It is said that the trend toward the nuclear family and aging society were taken in advance and shown.

配役は、老母に 東山千栄子、息子夫婦に 山村聰・三宅邦子、娘夫婦に 杉村春子・中村伸郎、戦死した次男の嫁に 原節子。そのほかに、香川京子・大坂志郎・東野栄治郎・長岡輝子 と、豪華な顔ぶれです。

私は、「東京物語」 の前に、小津安二郎監督作品の 「晩春」 「麦秋」 を観ています。「東京物語」 を含めて、どの作品も、愛する者との別れの寂しさ、親子という愛着が幻想に過ぎないこと、誰にも訪れる老いと死、という現実を、独特の雰囲気で綴っています。小津安二郎 自身、生涯独身を通し、60歳で亡くなりました。

I looked at "Late Spring" and "Early Summer" of Director Yasujiro Ozu work before "
Tokyo Story." Every work has spelled the reality of the old age and death which are visited also to that attachment called the lonesomeness of separation with those who love, and parent and child is only fantasy, or whom in a peculiar atmosphere including "Tokyo Story." Yasujiro Ozu self passed away through whole life single at the age of 60.

東京物語」 は、60年近く経った今でも、世界的名画として、映画史上に名を残しています。

"Tokyo Story" passed in about 60 years -- even now, it has left the name to a movie in history as a global masterpiece.


   七人の侍・・・黒澤映画の最高傑作

    Seven samurais・・・The crowning work of the Kurosawa movie

「七人の侍」の上映ポスター
The show poster of "seven samurais"
昭和29年(1954年)4月黒澤 明 監督 の映画 「七人の侍」が公開上映されました。上映時間、実に207分。3時間半にわたる大長編映画です。

The open show of Director Akira Kurosawa's movie "
Sseven Ssamurais" was carried out in April, 1954. Screen time is 207 minutes very much. It is a movie over 3 hours and a half.

戦国時代を舞台とする時代劇ですが、(さむらい) と言っても、歴史上の有名武将の話ではありません。野武士の収奪に苦しむ農民が、7人の浪人を雇って、野武士集団を全滅させ、村を守りきるというストーリーです。

Although it is a period drama which makes the Age of Civil Wars the stage, even if it calls it a samurai, it is not a historical famous general's talk. It is the story of the farmer troubled with a field samurai's expropriation employing seven persons' man of out of employment, annihilating a
field samurai group, and having protected the village.

役の出演者は、統率者の 島田勘兵衛 役に 志村喬、片山五郎兵衛 役に 稲葉義男、農民上がりの 菊千代 に 三船敏郎、若い 岡本勝四郎 に 木村功、凄腕(すごうで)の剣客・久蔵 に 宮口精二、勘兵衛 の家来の 七郎次 に 加東大介、剣の腕は劣るが、明るい人柄の 林田平八 に 千秋 実

農民側の出演者には、村の長老に 高堂国典、妻を野武士に盗られた若い百姓に 土屋嘉男、年配の農民に 小杉義男・藤原釜足・左木全 と、芸達者な人たちをそろえました。そして、紅一点、藤原釜足 扮する 万造 の娘・志乃 に、美人女優の 対馬恵子

そして、東野英治郎・山形勲・仲代達矢・宇津井健 といったのちの名優が、セリフもない端役で出演しています。

七人の侍を演じた俳優たち 左から、三船敏郎・
千秋実・志村喬(後ろ向き)・木村功・加東大介・
宮口精二・稲葉義男 Actors who played seven
samurais From the left to Toshirou Mifune,
Minoru Chiaki, Takashi Shimura, Isao Kimura,
Daisuke Kato, Seiji Miyaguchi, and Yoshio Inaba
黒澤 明
Akira Kurosawa
さて、村に入った 七人の侍 は、島田勘兵衛 の指図のもとに、麦刈りの終ったあと、村の出入り口を固めて要塞化し、まず先手を打って、野武士の住処(すみか)を焼き討ちします。ここで 林田平八 が落命。

Now, according to Kanbei Shimada's directions,
Seven Samurais included in a village harden and fortify the entrance of a village, after wheat cutting finishes. And it gets ahead first and sets a field samurai's abode on fire. Heihachi Hayashida dies here.

そして、次々に村を襲撃する野武士を討ち取り、最後に降りしきる雨の中、総攻撃してきた頭目以下、すべての野武士を討ち取ります。しかし、この戦いの間に、七人の侍 側も4人が落命します。生き残ったのは、勘兵衛・七郎次・勝四郎 の3人でした。

And after arresting the
field samurai who attacks the village one after another, all the field samurai of the head following have attacked in full force at the end in the incessant rain are arrested. However, also in the Seven Samurais side, four persons lose their life between this battle. What was survived is Kanbei, Shichiroji following, and Katsushiro. They were three persons.

安泰となった村で田植えが始まるなか、勘兵衛役の 志村喬 が 「勝ったのはわしらではない、あの百姓たちだ」 と 七郎次 に語るところで映画は終ります。この映画で、艶っぽい話はほとんどなく、わずかに村娘・志乃が、勝四郎と恋仲になるシーンだけ。

While rice planting starts in the village which became safe, Takashi Shimura of the role of Kanbei finishes the movie with Shichiroji, next the place to tell, saying "What were won is those farmers that are not us." On this movie, there was almost no talk appropriate for gloss, and Shino, the daughter of a village, was only Katsushiro and a scene to love slightly.


この映画は、「命と引き換えに持つ侍の誇りを、乱世に生きて行く厳しさと併せて描いたもの」 といえます。早坂文雄の音楽も、この映画を一段と引き立てています。

This movie can be said to have combined the samurai's pride taken in exchange for a life with the severity which been useful and goes in turbulent days, and to have drawn it. Fumio Hayasaka's music also backs up this movie much more.


そして、私は、 ”乱世であろうとなかろうと、この世に生きて食べてゆくことの厳しさ、自分に誇りを持てる仕事を仕上げることの大切さ” をこの映画から学びました。

And I learned " the severity of living and eating at this world, whether or not it will be turbulent days, and the importance of making oneselves to the work which can take pride" from this movie.


映画 「七人の侍」 は、1954年度の ヴェネツィア国際映画祭 銀獅子賞 を受賞しました。 「七人の侍」 を模して、外国でも 「荒野の七人」 などの作品が作られました。

The movie "
Seven Samurais" is at the Venice International Film Festival in the 1954 fiscal year. The silver lion prize was won. "Seven Samurais" was imitated and works, such as "seven etc. persons of a wilderness", were made also in foreign countries.

私は 「七人の侍」 の前に、黒澤監督 の映画 「わが青春に悔いなし」 「酔いどれ天使」 「生きる」 を観ています。どれも良い作品で、とくに 「生きる」 には、大きな感動を受けました。「七人の侍」 のあとも、黒澤明 は映画を作り続けますが、 「七人の侍」 に及ぶ作品はなかったと思います。

I looked at Director Kurosawa's movie "
With my youth no regret", a "Drunkard angel", and "It having lived" before "Seven Samurais." Each is a good work and it received the big impression for "It having lived" especially. After "Seven Samurais" thinks that there was no work which attains to "Seven Samurais" although Akira Kurosawa continued making a movie.

            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

今では、七人の侍 を演じた俳優たちは、みな故人となりました。津島恵子 も最近亡くなりました。一方、農民側の若者役をつとめた 土屋嘉男 は、80歳半ばで健在と聞いています。私は今も、ときどき 「七人の侍」 をカセットで観て、若い日に受けた感動を新たにしています。

Now,
Seven Samurais All the actors that performed became the deceased. Keiko Tsushima passed away recently. On the other hand, the role of a young man by the side of a farmer was played. Yoshio Tsuchiya I have heard het is living in the middle of 80 years old. I renew impression which sometimes looked at "Seven Samurais" by the cassette even now, and was received on the young day.


  「お富さん」・・・春日八郎の大ヒット曲

    Popular song "Otomisan" ・・・Hachiro Kasuga's smashing success music

昭和29年(1954年)8月になって、部屋で机に向かっていると、空けた窓から、にぎやかなお囃子(はやし)のような歌が聞こえてきました。兄嫁に聞くと、横町で盆踊りをしていて、そのレコードの歌だというのです。それが歌手・春日八郎(かすが はちろう) の歌う 「お富さん」 でした。作詞は山崎 正、作曲は渡久地 政信です。

August, 1954 came and a song like busy musical accompaniment has been heard from the window vacated when it was sitting at its desk in the room. They say that it is dancing on the Bon festival on the alley, and is a song of the record when it asks a sister-in-law. It is a singer,
Hachiro Kasuga It was "Madam Otomi" to sing.

春日八郎 Hachiro Kasuga
       粋(いき)な黒塀 見越しの松に
        仇(あだ)な姿の 洗い髪
       死んだ筈だよ お富さん
        生きていたとは お釈迦(しゃか)様でも
       知らぬ仏の お富さん
        エーサオー 玄治店(げんやだな)・・・・・

           (時雨音羽 編著 日本歌謡集 より引用)

歌の題材は、歌舞伎の演目 「与話情浮名横櫛(よわなさけ うきなの よこぐし)」 から採ったものです。曲も単調な手拍子歌です。演歌でもブルースやルンバが流行る時期に、なぜこんな古い内容の歌を鳴らしているのかと思いました。

The subject matter of a song is taken from the program of kabuki. Music is also a monotonous handclap song. I also regarded enka as why the song of such old contents is sounded at the time when the blues and rumba are in fashion.


歌舞伎の演目
「与話情浮名横櫛」の錦絵
The brocade picture of
the program of kabuki
横町へ見に行くと、道路の真ん中の台でレコードを鳴らしながら、その周りで 盆踊り をしていました。

When it went to the alley to see, it was dancing on the Bon festival around it, sounding a record with the stand of the middle of a road.


盆踊り は本来農村のもので、「江州音頭(ごうしゅうおんど)」など、土地土地のリズミカルな民謡を歌いながら、やぐらの周囲を踊って回る、夏の娯楽です。

Originally a Bon festival dance is a rural thing, and is the amusement in summer which dances and turns around a tower, singing the rhythmical folk song of land lands, such as "the Goshu leading"


それが都会でも行なわれるようになって、戦前には、東京音頭 が大流行しました。戦時色が強まった昭和10年代なかごろには、東京音頭 に代わって、農林省選定の「瑞穂(みずほ)踊り」が流行りましたが、これはもっぱら農村向けのものでした。

It came to be performed also in a city and the "Tokyo leading" was much in fashion at prewar days. Although the "Mizuho dance" of the Ministry of Agriculture and Forestry selection was in fashion instead of the "Tokyo leading" at the middle of the Showa 10s in which a wartime look became strong, this was a farm village-oriented thing chiefly.

戦争がきびしくなると、盆踊り どころではなくなり、戦後も 盆踊り をするような余裕はありませんでした。ただ、戦後すぐのころ、景気が良かった炭坑地帯では、「炭坑節」 で 盆踊り が流行ったところもあったそうですが、戦災と食糧難の 都会では、それどころではありませんでした。

When war becomes severe, stops a Bon festival dance being impossible, and it was difficult to dance on the Bon festival after the war also. Merely postwar period immediately, although it is said that there was also a place where the Bon festival dance was in fashion in the "coal mine shaft paragraph" in the coal mine shaft zone whose business was good, there was no such margin in the city of war devastation and food shortage.


都会の団地での盆踊り
The Bon festival dance
in an urban housing complex
昭和20年代の終わりごろになって、都会でも、町内そろって 盆踊り でもしようか、というようなゆとりができてきました。

It became at the end time of the Showa 20s, and room -- whether a Bon festival dance will also be carried out -- has been made together with all of a city or a neighborhood.


そこへ 春日八郎 の 「お富さん」 という、軽快でリズミカルな演歌が出ました。歌詞の内容はともかく、曲が 盆踊りの手拍子歌 にぴったりだとして広く使われました。

The light and rhythmical song,
Hachiro Kasuga's "Madam Otomi", came out there.
I think that it was adopted when music was perfect for the Bon festival dance song aside from the contents of words, and it led to the smashing success of the song.


そして、盆踊り歌以上にこの歌をこの歌を流行らせたのが、全国のパチンコ店での店内のBGMでした。当時のパチンコ店内のBGMの多くは「軍艦マーチ」でした。しかし「お富さん」 のレコードが出ると、この方がメロディが明るくてにぎやかだとして、多くの店が「お富さん」 に乗り換えました。この盆踊り歌パチンコ店での店内のBGMに採用されたことが、この歌の大ヒットにつながったのだと思います。

And BGM of the inside of pachinko parlors all over the country made this song popular for this song more than the Bon festival dance song. Many of BGM in a pachinko parlor of those days was "warship marches." However, many stores changed to "Madam Otomi". I think that having been adopted as BGM of the inside of a shop of pachinko parlor of this Bon festival dance song led to the smashing success of this song.

お富さん」 は,始めは人気歌手の 岡晴夫 が歌う予定だったそうですが、岡晴夫 は、こんな古臭い歌、と嫌がったうえに、他のレコード会社に移籍したために、当時まだ新人歌手だった 春日八郎 が歌うことになったとのことです。

It is said that Haruo Oka, the pop singer, was going to sing "Madam Otomi" in the beginning. However, Haruo Oka disliked singing such an old song, and also transferred to other record companies. Then, it is said that Hachiro Kasuga who was still a new singer will sing those days.

春日八郎 は長くヒット曲に恵まれず、それまでは 「赤いランプの終列車」 がヒットしただけでした。春日八郎 は 「お富さん」 の大ヒットから、 「別れの一本杉」  「山の吊り橋」  「長崎の女」  などの大ヒットが続き、昭和30年代を代表する大歌手 の道を進むことになります。

Hachiro Kasuga. It was not blessed with a hit song for a long time, but "The latest train with a red lamp" only hit till then. Hachiro Kasuga The smashing success of "The one cedar of separation", "The suspension bridge of a mountain", "The woman of Nagasaki", etc. will continue from the smashing success of "Madam Otomi", and the way of the large singer representing the Showa 30s will be followed.


        前のページ Back     次のページ Next Page へ   

    目次ページ
          to Table of Contents