岩戸景気・皇太子ご成婚・私の結婚
 Iwato Boom ・ Marriage of the Crown Prince

   岩戸景気・・・一万円札発行
   
Iwato Boom ・ Ten thousand yen bill issue

私の想い出日記
は、今回から、昭和34年(1959年)の想い出に入ります。この年は、当初 “なべ底不況”が続くといわれていました。

My recollections diary goes into the recollections in 1959 from this time. It was said that "bottom of a pan depression" continued at the beginning in that year.

なべ底不況
とは、景気の状況は大きく落ち込まないが、なべの底のように景気低迷が長く続くとの意味です。経済白書にもこの表現が使われました。

Bottom of a pan depression is a meaning that an economic slump continues for a long time like the bottom of pan, although the situation of business does not fall greatly. This expression was used also for the economic white paper.


しかし、役人や経済評論家たちの なべ底不況説 はすべてはずれ、神武景気 後の景気ダウンは短期間で終わり、昭和34年(1959年) から、新たな好景気が起こりました。この好景気が “岩戸(いわと)景気” です。

however, separate from all of the bottom of a pan depression theory of government officials or economic analysts, and the business fall of diffidence finishes for a short period of time, and new prosperity happened from 1959 .This prosperity is "
Iwato Boom."

天照大神(岩戸神楽より
)
Sun Goddess (Iwato Shinto music and dancing)
岩戸景気” の呼び名のいわれは、昭和30年から32年神武景気 以上という意味で、記紀(きき・古事記と日本書紀) の神話からきています。

The name of "
Iwato Boom" is, and a crack means as more than the "Jinmu Prosperity" in 1955 to 1957, and has taken the name from the myth of the Kojiki and the Nihon shoki.

神武天皇より5代前、高天原(たかまがはら)に君臨した、天皇家の先祖神・天照大神(あまてらすおおみかみ) が、弟の スサノオノミコト の乱暴に怒って,“天(あめ)の岩戸”という名の、扉のある洞窟に入ってしまうという話です。

It is the talk that
Sun Goddess, ancestor God of the imperial family who reigned over the Plain of High Heaven, will go into the cave which gets angry with a younger brother's violence and has a door of the name of " heavenly stone door" the generation 5th ago from Emperor Jimmu.

この伝承から、神武景気 を上回る、神武天皇 よりさらに昔の、天照大神天の岩戸 の中に隠れて以来の好景気だとして、昭和34年(1959年)から始まる経済発展を “岩戸景気” と呼びました。

From this tradition, old
Sun Goddess further from Emperor Jimmu The economic development which will start in 1959 was called "Iwato Boom" for being prosperity since it hid into the Celestial Rock Cave.

この時期の内閣は 岸内閣鳩山一郎内閣 のあとを継いだ 石橋内閣 は、石橋首相 の病気のため3ヶ月の短命で終わり、石橋内閣 で副首相格だった 岸信介(きしのぶすけ) が、総理大臣になっていました。

The Cabinet of this time was Kishi Cabinet. The Ishibashi Cabinet which inherited the Ichiro Hatoyama Cabinet back finished it as a short life for three months due to Prime Minister Ishibashi's illness, and Nobusuke Kishi who was a deputy prime minister rank at the Ishibashi Cabinet had become the Prime Minister.

しかし、この時代の日本人の勤労者世代は、戦前の道徳観を持ち続けていて、勤労や貯蓄を美徳と考えていました。政府の景気浮揚策などはとくに無く、あてにもしませんでした。敗戦で皇国史観が消滅し、以前の敵国・アメリカに国土防衛を任せている今は、自分たちの才覚と働きで稼ぎ、自分たちの生活を向上させてゆく、それが自らの道と思っていました。

The Japanese worker generation of this time was continuing having ideas on morals of prewar days, and considered labor and storage to be virtues. There are no governmental reflation measures in particular, and people did not count on a governmental policy etc. While the Empire historical view was extinguished by defeat and having left national defense to the United States of the former enemy country, working by one's wits and work and raising a life of one thought its way


岸 信介
Nobusuke Kishi
国の予算編成も景気に関わらず緊縮堅実型。岸首相 自身も保守本流的考えの持ち主で、国民は、各自の働きと収入に応じた生活をすればよい、というのが世間一般の考えでした。

The budgetary process of the country was not concerned with business, either, but was a reduction steady type. As for Prime Minister Kishi itself, for the owner of the conservative-mainstream-of-the-LDP idea, it was an idea of the general public that the people should just live a life according to each one of work and an income.


いわゆる なべ底不況 でマイナスの影響を受けたのは、石炭海運業 などで、鉄鋼・化学・石油精製 などは落ち込みがわずか。電機・精密機械・自動車 などは不況知らずでした。つまりは、技術革新による産業構造の変革期 に入ったのでした。

Coal, shipping, etc. were subject to the influence of minus in what is called bottom of a pan depression, steel, chemistry, and oil refining etc. depression came out only and carried out. Electrical machinery, the precision instrument, the car, etc. were free from depression. The jam entered the change term of the industrial structure by technical innovation.

神武景気 で勢いのついた成長産業群は、所得の増加によって、中産階級 との意識を持ったサラリーマンたちの堅実な消費に支えられて、生産を伸ばし、それがまた設備投資につながる好循環となって、岩戸景気 を押し上げたのです。

It supports to salaried workers' steady consumption which had consciousness with a middle class by the increase in income, production is lengthened, it serves as a virtuous circle which leads to capital investment again, and the growth industry group which attached vigor by the Jinmu business is . It pushed up the Iwato Boom.

消費の拡大に備えて、昭和33年(1958年)12月には、1万円札 が発行されました。聖徳太子 の肖像のものです。この紙幣の写真は Wikipedia のページ でご覧ください。

It prepares for a consumptive expansion and will be a
ten thousand yen bill in December, 1958. It was published. It is a thing of Prince Shotoku's portrait. Please look at the photograph of this bill on the page of Wikipedia.

昭和34年度国民総生産(GNP)は、前年比17.5%増。実質経済成長率は、前年比11.1%。昭和35年度も2桁成長を続けました。 岩戸景気昭和36年(1961年)にピークを迎えます。

The gross national product in the 1959 fiscal year increased by 17.5% compared with last year. A real economic growth rate is 11.1% compared with last year. Double-digit growth was continued also in the 1960 fiscal year.
Iwato Boom will reach a peak in 1961.



   皇太子ご成婚
   Marriage of the Crown Prince

昭和34年(1959年)4月 には、日本中が祝賀ムードに包まれる慶事がありました。皇太子・明仁親
(あきひとしんのう・今上天皇) の結婚 です。皇太子妃 になったのは 正田美智子(しょうだ みちこ)さん( 現在の皇后)。

There was a happy event from which the inside of Japan is wrapped in a congratulatory mood in April, 1959. It is Imperial Prince Crown Prince Akihito (now top Emperor's) marriage. It is Ms. Michiko Shoda (the present Empress) to have become the Crown Princess.

婚約発表で記者会見される正田美智子さん
Ms. Michiko Shoda given to an interview
by an announcement of engagement
昭和33年(1958年)11月27日宮内庁は、明仁親王と 正田美智子さん の婚約決定を発表しました。この日まで、宮内庁は、マスコミに対して、公表前に掲載しないよう強く要請したようです。

The Imperial Household Agency announced the engagement determination of Imperial Prince Akihito and Ms. Michiko Shoda on November 27, 1958. It seems that the Imperial Household Agency demanded not to publish before an official announcement strongly from mass media till this day.

ひとつの週刊誌だけが 「皇太子妃に正田美智子さん」 との記事を載せましたが、みなは 「ほんとかな?」 と思っていました。

Although only one weekly magazine carried the report with " Ms. Michiko Shoda to the Crown Princess", everybody thought "true ?."


皇太子妃 は、のちに 皇后 となるので、以前は、皇族摂関家(せっかんけ・藤原氏本流の五家) から選ばれる、と決まっていました。

Since it becomes the
Empress behind, the Crown Princess is the Imperial Family before. It was decided that it was chosen out of five houses of Fujiwara main stream.

正田家 は裕福な家庭で、父君・英三郎(ひでさぶろう) は、大会社の社長。一族も優秀な人たちばかりですが、身分は 平民皇族 でも 旧華族 でもありません。

Her father, Mr. Eizaburo Shoda, is the president of a large company at the home where the Shoda family is rich. Although the whole family is also only excellent people, a status is not also the Imperial Family or former nobility for a commoner.


明仁親王正田美智子さん との結婚を強く助言したのは、皇太子の教育係を勤めた 小泉信三(こいずみしんぞう) だといわれます。小泉信三 は戦前に慶応義塾大学の塾長についた経済学者。正田美智子さん との結婚を薦めたのは、新時代にふさわしい皇室にならなければ、との思いだったといわれます。

It is said that Shinzo Koizumi who worked the Crown Prince's educational staff advised Imperial
Prince Akihito on marriage with Ms. Michiko Shoda strongly. Shinzo Koizumi is the economist who took the post of the principal of a private school of Keio University at prewar days. It is said that the thought with if it does not become the Imperial Household suitable for a dawning era recommended marriage with Ms. Michiko Shoda.

結婚の儀式での正装の両殿下
Both His Imperial Highnesses of
full dress in the matrimonial ceremony
国民は、宮内庁の発表と、その後の 美智子さん の記者会見で、容姿の美しさ、聡明さを見て、喜びに包まれました。

People looked at the beauty and the sagacity of the appearance at the announcement of the Imperial Household Agency and subsequent Ms. Michiko's press conference, and were wrapped in joy.

結婚の儀は、昭和34年(1959年)4月10日に行なわれました。その後の東京都内のパレードでは国民多数がご成婚を祝いました。

The
matrimonial matter was performed on April 10, 1959. By the parade in subsequent Tokyo, national a large number celebrated marriage.

私は、戦後間もなくのころ、偶然ながら京都御苑で、皇太子殿下・明仁親王 とお会いしています。そのとき、明仁親王 のお顔を見て、この方が天皇になられたら、日本はもっと明るい国になると思ったものです。ご成婚の写真を見て、その日が来たように感じました。
東宮御所での両殿下
Both His Imperial Highnesses
in the Crown Prince's Palace

When there is during the postwar period, I met Crown Prince Akihito by chance in Kyoto Imperial Garden. Imperial Prince Akihito's face was then seen, and when this person became the Emperor, Japan thought that it became a brighter country. I thought that the photograph of marriage was seen and the day of the good another place came.

  * * * * * * * * * * * * * * * * * *

皇太子のご成婚のあと、 ”時期を見て、天皇(昭和天皇) が 明仁親王 に皇位を譲り、第二次世界大戦敗戦の責任をとって退位するだろう” とのうわさが世間に流れました。

The rumor by "Time being seen, and Emperor Showa yielding Imperial
Prince Akihito the Imperial Throne, and probably taking and abdicating from the responsibility for the defeat in World War II" flowed into the world after the Crown Prince's marriage.

しかし、昭和天皇の退位はありませんでした。 “昭和天皇は、自発的にことを決められる人ではないな” と私は思いました。

However, there was no abdication of Emperor Showa. I had a feeling "Emperor Showa is not a person who can decide things spontaneously."



   私の結婚
   My marriage

恩寵教会での結婚式 祭壇に立って宣誓
昭和34年(1959年)5月、私は 結婚 しました。相手は、穗高岳や戸隠山をともに登った H I 嬢 です。

今と違って、当時はまだ、女性はもとより、男子でも、30歳になっても結婚しないと、「何か欠陥があるのではないか」 とうわさされる時代でした。

皇太子ご成婚” の あやかり結婚、というわけではありません。前年の、宮内庁の皇太子ご婚約公表より前に、街へ H I 嬢 を呼び出し、 「結婚してほしい」  と言って、承諾を得ましたから。

そして、普通ならここで、 「Hold me ! 」 「Kiss me ! 」 となるはずですが、そこは志操堅固の H I 嬢結婚 するまで、手も握らせてくれませんでした。

二人で記念撮影
雲仙普賢岳山頂にて
長崎・グラバー邸
雲仙のミヤマキリシマ満開
熊本城・宇土櫓
彼女は、私とデートをするよりも、式の日に着る ウェディングドレス のデザインを、自分で考えて注文したり、当日手に持つ ブーケ の白バラを、30本、大阪・池田のバラ園に予約したり、していました。

私も、モーニング と、新婚旅行用の 背広 を新調しました。結婚式 の日まで、日曜日ごとに H I 嬢 の家へ行って、彼女の手料理をご馳走になっていました。

結婚式 は、それまで通っていた 日本福音ルーテル恩寵(おんちょう)教会 で挙げました。

仲人は TA教授 に、司式は AP宣教師 に、お願いしました。若い KK牧師 が、自ら手配りを引き受けてくれて、教会の人たちが、受付やオルガン演奏に協力してくれました。

H I 嬢 は、父が病気のため、兄に付き添われて入場、二人で祭壇に上がって、誓いの言葉 を交わし、指輪を交換 しました。式のあとは 記念写真 の撮影。

式を終え、場所を移して、市内のレストランでささやかな 披露宴 を開きました。そして、その夜の汽車で 新婚旅行 に出かけました。

新婚旅行 の行き先は、北九州の 長崎・雲仙・阿蘇・別府 。海外へ行く人の多い今からすると、小さい旅ですが、当時は、これでも遠すぎると言われたのです。



熊本城の石段を降りる新妻 阿蘇中岳噴火口
帰りは、別府港 から夜の船旅で 神戸 へ。旅行から帰って、京都市内・上京区(かみぎょうく)、上御霊(かみごりょう)神社 の近くの借り住まいに入り、翌日から二人そろって出勤しました。

             * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

岩戸景気 の始まり皇太子のご成婚、と、昭和34年(1959年)は良い年で、私にとっても記念の年でしたが、9月末に 伊勢湾台風 が東海地方を襲い、死者、行方不明者が5千人を超える悲しい出来事がありました。


       前のページ Back    次のページ Next Page

    目次ページ
         to  Table of Contents