黒部ダム・伏見
Kurobe Dam ・ Fushimi
   黒部ダム完成・・・想い出は湖底に沈む
 
 Kurobe Dam completion ・ Recollections sink to the bottom of a lake.

昭和37年(1962年)10月末の キューバ危機 がひとまず大事に至らなくて、我々も、世界中も、ほっと胸をなで降ろしました。

   黒 部 湖 Lake Kurobe  
その翌年、昭和38年(1963年)6月富山県・黒部川 の上流に、関西電力 が7年の歳月をかけて建設を進めてきた、黒部川第四発電所 が完成しました。ダムの正式な名称は 黒部ダム ですが、一般には 黒四(くろよん) と呼ぶことが多いようです。

黒 部 ダ ム Kurobe Dam
昭和30年代の 神武景気岩戸景気 と続く経済発展によって、家庭電気器具が普及し、工場でも電気の需要が高まりました。関西電力 ではこれに対応するために、この山深いところに巨大ダムを建設したのです。

ダムの型は、アーチ式コンクリートダム。ダムの堤の高さは186mと全国第一位。発電出力は33万5千キロワット。当時としては、天竜川の 佐久間ダム と並ぶ発電用ダムでした。場所が山深いところだけに難工事となり、総工事費は、当時の額で513億円。事故による殉職者は171人にもなったと聞いています。

コンクリートの壁でせき止められた 黒部川。ダムの上流は大きなダム湖となり、黒部湖(くろべこ) と命名されました。総貯水量は2億トン。昭和29年(1954年)8月に、私が泊った 平の小屋 や、対岸へ渡ったつり橋は、この人造湖の底に潜ってしまいました。

その後も大型発電用ダムは建設されましたが、多くは既存のダムの水を利用する揚水発電用で、住民の立ち退きや難工事に多額の費用がかかる水力発電所の建設は、次第に行なわれなくなりました。

そして、ますます増大する電力需要に対応する発電は、水力から火力、さらに原子力へと移ってゆきました。

黒部ダム 中部山岳国立公園 の中にあり、立山黒部アルペンルート の中のハイライトとして、観光にも大いに役立っているそうです。でも、私は、平の小屋 の近くに、自分で掘って湯浴みした、川原の温泉が懐かしいですね。



   長男誕生・・・伏見・六地蔵に転居
    Son birth ・・・ Move to Rokujizo in Fushimi

昭和38年(1963年)4月、長男が生まれ、私も父親になりました。生まれたときの体重が少なかったので、育つかどうか心配しましたが、生まれてからの発育が良く、心配は解消しました。

大善寺の門
The gate of the Daizen temple
大善寺本堂
Daizen temple Hondo
(私の青秀庵 のご厚意により転載)
昭和38年(1963年)8月、長男の発育が順調なのを見て、私ども一家は、京都市内の伏見区に転居しました。伏見区でももっとも南東の端っこ・六地蔵 と呼ばれるところです。

六地蔵 というのは、平安時代末期、皇室も源氏も平氏も、親子兄弟が敵味方に分かれて戦い、殺しあった 保元の乱 のあと、道義の乱れを憂えて、都へ入る街道口6箇所に地蔵尊を祭ったことに由来する、と聞いたことがあります。

伏見にあるのはそのひとつ、宇治方面から伏見の街に入る道筋に創建された 大善寺 です。私が住んでいたころ、大善寺 は、今の写真で見るほど立派ではありませんでした。その後に建て直しや庭作りをしたようですね。

現在の京阪電車・六地蔵駅
Rokujizo station of
the present Keihan train
JR奈良線に新設された六地蔵駅
Rokujizo station newly
established in JR Nara Line
京都市営地下鉄・六地蔵駅入口
Rokujizo station entrance of the Kyoto city subway
大善寺 の前の道は、京都や伏見から宇治・南山城を経て奈良へ通じる大和(やまと)街道です。

街道の両側には昔からの家並みがありましたが、商店はごく少なく、新しくできた住宅団地には、トラックに食料品を積んだ行商人が、物売りに来ていました。

六地蔵 の街道筋は静かなところでしたが、山科川が宇治川に合流する地点で、豪雨が降ると浸水することがありました。私の住んでいたころにも、一度ひどい浸水があって、出勤できないことがありました。

現在の 六地蔵 は、とても発展していると聞いています。JR奈良線に六地蔵駅ができ、京都市の地下鉄東西線が山科盆地を縦断して、六地蔵 まで延びたからです。

私はこの 六地蔵桃山団地 に5年半住みました。この間に、大善寺 の東側を通り、山科へ通じる道路・外環状線ができました。のちにこの外環状線の下を京都市営地下鉄が 六地蔵 まで通ったのです。

ここに住んでいるうちに、地下鉄が 六地蔵 まで延長するという計画が発表されましたが、それはずっと先のことと受け取っていました。実際に開通したのは、平成18年(2006年)です。

            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

林長二郎時代の長谷川一夫
Choujirou Hayashi
 
長谷川一夫
Kazuo Hasegawa
六地蔵 は、昭和の名優・長谷川一夫(はせがわ かずお) の生まれたところです。長谷川一夫 の母は、この地の酒造家の娘とのこと。

子供のときから伏見の芝居小屋で舞台に立ち、一時、歌舞伎界に入りましたが、その美貌を認められて映画界に移りました。

林長二郎 の名で 「雪乃丞変化(ゆきのじょうへんげ)」 を始め、多くの映画に出演、時代劇の2枚目スターとして圧倒的な人気を得ました。

映画会社移籍に絡んで、顔を切られる事件のあと、本名の 長谷川一夫 を名乗って映画俳優を続け、戦後は舞台俳優としても活躍し、満天下の女性ファンを魅了しました。

テレビでは、NHKの大河ドラマ第二作の 「赤穂浪士」 で主役の 大石内蔵助 を演じました。このドラマは毎回高視聴率を続け、 ”討入り” のときの視聴率は、53%を記録したそうです。大河ドラマ 「赤穂浪士」 のテーマ曲と画像は You Tube で聴くことができます。

昭和59年(1984年)4月、76歳で死去。まもなく芸能人として初の 国民栄誉賞 を贈られました。



   安土・桃山時代 ? ・・・時代表記への疑問
   
Azuchi-Momoyama era ? ・ The question to the time notation

昭和38年(1963年)8月
から、およそ5年半、私は 京都市伏見区・六地蔵 に住みました。六地蔵の地名のいわれや、この地域の最近の発展の様子は上述のとおりです。

この 六地蔵 のJR奈良線より北側の一帯に、京都府が住宅団地建設を計画し、昭和36年(1961年)ごろから、1戸建ての分譲住宅や、コンクリート集合住宅を作り始めました。昭和30年代から盛んになった、郊外住宅地開発のひとつです。

私の家は緩やかな丘の中ほどにありました。1戸建ての住宅が、まだ60戸ほどできたばかりで、当時、スーパーはもちろん店屋もなく、食料品などは行商人から買っていました。地域の名は、伏見区桃山町


明治天皇
Emperor Meiji
昭憲皇太后
Empress Shouken
明治天皇・伏見桃山陵
Emperor Meiji's Fushimimomoyama Imperial mausoleum

桃山町
はかなり広い地域を含んでいて、私の住んだあたりから、西側の小さい谷を隔てて、明治天皇伏見桃山陵昭憲皇太后伏見桃山東陵 へと続いています。

明治天皇 は、この地域で陸軍大演習が行なわれたとき、この地を気に入られ、自身の陵墓地として、この丘陵一帯の農地を買い上げるよう命じられた、と聞いています。

豊臣秀吉 Hideyoshi Toyotomi
昭憲皇太后 は 明治天皇 の 皇后皇后 皇太后 よりも上位の称号なので、本来なら贈り名は “昭憲皇后” とするべきなのに、宮内省(現・宮内庁)が誤って “昭憲皇太后”として、大正天皇の裁可を済ませてしまった、とのこと。

この 皇太后 称号を 皇后 と直すように、明治神宮などが申し出ている由ですが、なぜか、宮内庁は聴き入れないそうです。

この 伏見桃山陵 の位置は、昔、豊臣秀吉 が築城した 伏見城 の本丸があった所。この地に立てば、東・南・西と南山城を一望でき、遠く生駒山・奈良の山々・大阪平野まで展望できます。

明治天皇豊臣秀吉 という日本史上超一級の人物が、この地を最後の地としたのはもっとも、と思われます。

            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ところで、日本史では、各時代の名称に、南北朝 の60年ほどを別にして、大和時代 から 江戸時代 まで、そのときどきの中央政権の所在地の名を当てています。

唐獅子図・狩野永徳筆
The Chinese lion figure
which Eitoku Kano drew
秀吉着用と伝えられる陣羽織
The battle surcoat it is reported
that is Hideyoshi wear
そのなかの、織田信長・豊臣秀吉 の時代を 「安土桃山時代」 と呼んでいます。また、秀吉の時代の豪華絢爛な建物や絵画を “桃山文化” といいます。

けれど、秀吉 の時代に、桃山 という地名はなかったはずです。

徳川三代将軍・家光 は、伏見城で将軍宣下(せんげ)を受けたあと、伏見 に残る豊臣の遺構の完全撤去を命じました。

その後,この丘陵一帯は農地に戻り、紀伊郡堀内(ほりうち) となって、桃の木が植えられ、それで 桃山 と呼ぶようになったと聞いています。

とすると、 「安土桃山時代」 とか “桃山文化” というのは不適当で、正しくは「安土伏見時代」 とか “伏見文化” と直すべきだと思います。

私は、伏見区桃山町 の住人となって、この 時代の呼び名 を強く意識するようになりました。数多くの歴史学者さんたち、・・・ どうなのでしょうか。


       前のページ Back   次のページ Next Page

    目次ページ
       to Table of Contents