証券不況・モータリゼイション
Security depression ・ Motorization

  証券不況・・・戦後の国債発行始まる
 
Security depression ・・・ Postwar government bond issuance start

東京オリンピック の開催と、それに先立つ 新幹線の開業 で賑わった昭和39年(1964年)が暮れ、昭和40年(1965年)に入りました。神武景気岩戸景気オリンピック景気 と、打ち続く 好景気。勤勉な勤労階級の働きに支えられて、日本の産業が、奇跡といわれる発展を遂げた 昭和30年代 が終わりました。

1964 crowded with holding of Tokyo Olympic Games and commencement of business of the Shinkansen before it came to an end, and it entered in 1965. The Jinmu Boom, Iwato Boom, and Olympics business Prosperity occurring one after another. It supported to work of the industrious working class, and the Showa 30s which accomplished the development to which industry of Japan is said as a miracle finished.

昭和40年(1965年) に入ると、東京オリンピック 新幹線 などの建設需要・テレビなどの購入が一段落し、経済が一時的に収縮。そして、これらの関連産業で手を広げ過ぎた企業を中心に、一転して 不況 が到来しました。

When it entered in 1965, the purchase of construction demand, such as Tokyo Olympic Games and the Shinkansen, television, etc. was settled temporarily, and economy contracted temporarily. And it turned around mainly by the company which extended the hand too much by these correlative industries, and depression came.

昭和40年(1965年)3月、姫路市の 山陽特殊製鋼 が、当時最悪の総額500億円の負債を抱えて倒産。多くの関連会社・子会社にも 連鎖倒産 が広がりました。倒産 する会社は、すでに前年から出始めていました。、住宅関連の サンウェーブ 日本特殊鋼 などです。

Sanyo Special Steel of Himeji was saddled with the debt of the worst total amount of 50 billion yen as that time, and went
bankrupt in March, 1965. Chain reaction bankruptcies spread also in many associated companies and subsidiaries. The company which goes bankrupt had already begun to appear since the previous year. It is housing-related Sunwave, Japanese special steel, etc.

山一証券の入っていたビル
The building containing
Yamaichi Securities
東京オリンピック 後に急速に広がった 景気の反動と信用の収縮 は、株式市場 に大きい影響を及ぼしました。日本の 株式市場 は、昭和30年代の打ち続く好景気をバックに活況を呈し、実体以上に値上がりしていました。

Reaction of the business quickly spreading after
Tokyo Olympic Games and contraction of trust had large influence on the stock market. The stock market in Japan presented the back activity and the price of it had risen the prosperity till then occurring one after another beyond substance.

証券会社 は、日々 推奨銘柄 を発表して買いを勧め、投資信託 を設定して販売しました。ところが経済状況が一転すると、株価はいっせいに反落 に転じました。

The securities firm announced the recommendation brand every day, recommended stock, and set up and sold the investment fund. However, when economic conditions turned around, stock price started to fall in reaction all at once.

田中角栄 Kakuei Tanaka
株価反落 の原因 は、ほかにもありました。それは会社の 増資方法の転換 です。昭和30年代までの会社の増資は、株主への 額面割当て が主流で、いったんは 権利落ち しても、好況による増益で値上がりして、株主は大きな利益を得ました。

There were other causes of the stock price reactionary fall. It is conversion of the capital-increase method of a company. The stock discount reliance to a stockholder is in use, and the capital increase of the company till then is once ex rights. Even if carried out, the price rose in the increased profits by prosperity, and the stockholder got big profits.

それが、昭和40年(1965年)ごろから、時価発行増資 が多くなりました。時価発行増資 は、会社には多額の資金が入りますが、株主には 額面割当て の特典がなくなります。

It of capital increase by new shares at market price increased around from 1965. Although a large amount of fund goes into a company, to a stockholder, the privilege of stock discount reliance of capital increase by new shares at market price is lost.


当時、四大証券 といわれた、野村証券・日興証券・山一証券・大和証券 のうち、株価の値下がりでもっとも大きな痛手を受けたのは 山一証券 でした。

Those days, Yamaichi Securities received the biggest wound by fall in price of the stock price among the NomuraSecurities, the Nikko Securities, Yamaichi Securities, and Daiwa Securities called four largest securities firm.

昭和40年(1965年)5月山一証券 が危ないと報じられると、取引客が各支店に殺到して、預託している株券・債券・現金の払い戻しを求め、取り付け騒ぎ となりました。

When it was reported that Yamaichi Securities will be dangerous in May, 1965, in quest of refundment of the stock certificate, the debenture, and cash which the business guest throngs and has in each branch, it became a run on a bank.

この事態を憂慮した政府は、日本銀行総裁取引銀行頭取(とうどり) たちを集め、この場で、時の大蔵(おおくら)大臣・田中角栄 は、融資を渋る頭取たちを一喝して、無制限・無担保の 日銀特融(日本銀行からの特別融資) を決めた、と伝えられています。

The government which apprehended this situation gathers the presidents of the Governor of the Bank of Japan and the correspondent banks, and Kakuei Tanaka, the Minister of Finance at the time, yells at the presidents who are reluctant a loan, and is told to have decided the unrestricted and unsecured Bank of Japan's emergency unsecured loan (special loans from the Bank of Japan) at this place.


資本主義の原則からすれば、無茶な政府の介入でしたが、無制限・無担保の 日銀特融 の発表で事態は沈静化しました。

When carrying out from the principle of capitalism, it was intervention of the unreasonable government, but the situation was calmed down by the announcement of the unrestricted and unsecured Bank of Japan's emergency unsecured loan.

福田赳夫
Takeo Fukuda
そのうえで、、都市銀行や証券会社が出資した 日本共同証券会社 と、証券会社各社の出資による 日本証券保有組合 なるものが設立され、下落する株を買い支えました。

So-called Japan Securities Holding Association by investment of each Japan Joint Securities company and each securities firm company which the city bank and the securities firm moreover contributed was founded, and the falling stock was propped up.

日本共同証券日本証券保有組合 の設立は、表向き銀行や証券会社の自発的意思によるものとなっていますが、裏では 大蔵省(おおくらしょう・現在の財務省) と 日本銀行 の大きな意向があったものと、私は思っています。

Although establishment of Japan Joint Securities and Japan Securities Holding Association is what is officially depended on the spontaneous intention of a bank or a securities firm, on the reverse side, I think that there was a big intention of the Ministry of Finance and the Bank of Japan.

ただ、この二つの 株価買い支え機関 は、その後の いざなぎ景気 による株価の上昇により、それぞれ利益を出して、日本証券保有組合昭和44年(1969年)に、日本共同証券昭和46年(1971年)に、それぞれ解散しました。

However, this two stock price support organization takes out profits by the rise of the stock price by the subsequent
Izanagi boom, respectively, and Japan Securities Holding Association dispersed in 1969,.Japan Joint Securities in 1969, respectively.

政府は株価のさらなる下落を防ぎ、景気を浮揚するために、昭和40年(1965年)11月19日に、赤字国債発行 を閣議決定しました。

The government is
deficit-covering bond issue on November 19, 1965, in order to prevent the further fall of a stock price and to float. The Cabinet decision was carried out

赤字国債発行 に対して、日本銀行代表の 吉野俊彦 は、

 「国債発行は、禁断の木の実 になるおそれがある。満州事変以降の苦い経験を忘れてしまったのか

と強く反対しました。このときは内閣改造により、大蔵大臣は 福田赳夫 に代わっていましたが、政府の方針は変らず、翌昭和41年(1966年)1月に、敗戦後初の 赤字国債 が発行されました。

Deficit-covering bond issue receiving -- Bank of Japan representation Toshihiko Yoshino said,

"Government bond issuance has a possibility of becoming real of a forbidden tree. Does he forget the bitter experience after the Manchurian Incident?
"


He opposed strongly. At this time, he is a Minister of Finance by a Cabinet reshuffle. Takeo Fukuda Although replaced, a governmental plan does not change but will be the first in the defeat back in following January, 1966.
Deficit-covering bond It was published.

このときの 赤字国債発行額 は、今から見るとごく少ないものでしたが、この “禁断の木の実” はその後も発行が続き、額も大きく膨らんで、国債発行総額 は、今や 1000兆円 を超える すさまじい額に達しています。

At this time
Deficit-covering bond amount of issue when seen from now on, it was very small, but also after that, issue continues, amount also swells greatly, and this "forbidden nuts" is the total government-bond-issuance amount. Now It exceeds 1 quadrillion yen. Frightful amount is reached.


あと何年先か分かりませんが、国債発行額 がある限界を超えたとき、どんな大地震よりも、大津波よりも、恐ろしい破局が日本全国を襲うのではないかと、私は心配しています。

Although it does not understand, it will be what after year future or, the
government bond issuance volume. When the existing limit is exceeded, I am worried that a catastrophe more fearful than massive tsunami may attack the Japan whole country rather than what kind of big earthquake.

            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

世の中が少し沈んだような昭和40年(1965年)でしたが、私にとっては吉事がありました。それまで10年ほどをかけて続けてきた研究結果をまとめて、提出した論文が認められ、10月に 出身大学 から 博士 の学位を授与されたことです。

戦前、博士の学位 は、医学を除いて、旧帝国大学の教授などごく少数の人に与えられるものでしたが、戦後、大学院制度ができて博士課程が設けられ、状況が変りました。

博士の学位 を取得することで、自分はやっと一人前の研究者として扱われるようになったのだ、と思いました。学位授与式の日、私は36歳でしたが、大学の総長室に集まった30人ほどの中には、私よりも若い人が何人かいました。




   モータリゼーション・・・自家用車の普及始まる
  Motorization ・・・ The spread of privately owned cars starts.

         
スズキ・スズライト・昭和31年(1956年)
Suzuki Suzulight 1956
スバル360・昭和33年(1958年)
Subaru 360 1958
昭和40年(1965年)ごろから、私の住んでいる住宅団地で、自家用車 を持つ家が出てきました。そして、2〜3年で急速に増えました。多くは主人が中年の家で、はじめは中古車、ついで新車を買う人もありました。

The families which have a
privately-owned car in the residential estate in which I live around from 1965 came out. And it increased quickly in a few years. masters are middle-aged and many also had those who buy used cars in the beginning and subsequently buy new cars.

私の家は、白黒テレビが買えたばかりで、自家用車 はとても買えませんでしたが、いずれは必要、と思って、私も教習所に通い、普通車1種免許を取りました。

My house is a
privately-owned car at about that I was able to buy a black and white television set Although I was not able to buy it at all, I thought someday that it was required, and I also went to the driving school and took 1 sort of standard-sized car license.

自家用車 の普及は、日本国内のどこでも同様だったと思います。モータリゼーション とは、

          「自動車が大衆に広く普及し、生活必需品化する現象

です。 国民経済があるレベルに達すると、どこの国でも起こる現象 といわれています。

I think that the spread of
privately-owned cars was the same anywhere in Japan. About motorization,

   "
The phenomenon which a car spreads through the public widely and necessaries-izes"
.
If a level with national economy is reached, it is called the phenomenon which happens also in what country.


三菱ミニカ・昭和37年(1962年)
Mitsubishi minicar (1962)
ダットサン・ブルーバード・昭和34年(1959年)
Datsun Blue Bird (1959)
モータリゼーション は、アメリカでは1920年代から、ドイツなどでは1930年代から始まりましたが、日本では昭和39年(1964年)東京オリンピックのあとから、急速に進みました。

Motorization began from the 1920s in the United States. It began from the 1930s in Germany. In Japan, it progressed quickly after Tokyo Olympic Games in 1964.

日本の自動車会社も、モータリゼーション に備えて、昭和30年代から、比較的安価の車種を生産販売し始めていました。

Japanese automobile companies also prepares for motorization and is beginning to do the production and sales of the comparatively cheap vehicle type from the Showa 30s.

価格の安い、排気量360cc以下(当時)の 軽自動車 は、昭和30年代の初め、神武景気 のころから販売され始めました。鈴木自動車工業(現・スズキ) の スズキスズライト富士重工業スバル360 が相次いで発売されました。その後、新三菱重工業(現・三菱自動車) が 三菱ミニカ を発売しました。

Cheap 360 cc or less (that time) of displacement minivehicle of a price began to be sold from the time of the Jinmu Boom .Suzulight of Suzuki Motor (present Suzuki) and Subaru 360 of Fuji Heavy Industries were put on the market successively. New Mitsubishi Heavy Industries (expression Mitsubishi Mortors) put the Mitsubishi Minica on the market after that.

トヨペット・コロナ初代・昭和32年(1957年)
Toyoprt corona founder (1957)
パブリカ初代・昭和36年(1961年)
Publica founder (1961)
         
三菱500・A11型
 Mitsubishi 500A11 type
トヨタ・カローラ初代・昭和41年(1966年)
Toyota Corolla founder (1966)
自家用向け新型車の発売は小型車にも広がり、日産自動車ダットサン・ブルーバード を発売。トヨペット・クラウン などの 中型車 生産を主力にしていた トヨタ自動車工業(現・トヨタ自動車) も、小型車 に進出し、トヨペット・コロナ に次いで、排気量の少ない小型の パブリカ を発売しました。新三菱重工業三菱500 を販売戦列に加えました。

Sale of the new model for for private use spread also in the
small-size car, and Nissan Motor put the Datsun Blue Bird on the market. The Toyota Motor industry (expression Toyota Motor) which produced medium-size cars, such as the Toyopet Crown, is also a small-size car. It marches out and is the Toyopet Corona. It ranked next and put small Publica with little displacement volume on the market. New Mitsubishi Heavy Industries also added Mitsubishi 500 to the sales campaign sequence.

ダットサン・サニー初代 B10型2ドアセダン・
日産自動車・昭和41年(1966年)
Datsun sunny founder B10 type 2 door sedan
Nissan Motor (1966)
トヨタ自動車工業 は、パブリカ 販売の不振を見て、さらに トヨタ・カローラ を販売戦列に加えました。これに対抗するため、日産自動車ダットサン・サニー を発売しました。

The Toyota Motor industry added
Toyota Corolla to the sales campaign sequence, seeing the depression of sale of Publica. In order to oppose this, Nissan Motor also put Datsun Sany on the market.

本田技研工業 は、このころまだ2輪車が中心で、軽トラックを作り始めたばかり。乗用車 はまだ生産していませんでした。

In Honda Motor, a two-wheeled vehicle has just still begun to have made a light truck recently at the center. The passenger car had not been produced yet.


当時はガソリン価格も安く、自家用車 の保有が急速に進みました。そして、どの車種に乗っているかが、その人のステータスシンボルのようになってゆきました。

The gas price was also cheap and possession of the
privately-owned car progressed quickly those days. And it became like the person's status symbol on which vehicle type it has ridden.



   四国旅行・・・徳島・高知・香川
  
The travel to Shikoku ・・・ Tokushima, Kochi, and Kagawa

昭和41年(1966年)11月
徳島市 で学会があり、和歌山から船で 四国 へ向かいました。

四国 は、昭和20年代に2回、香川県西部 へ行っています(飢餓列島・日本自分の研究・名作映画 のページ 参照)し、昭和34年には愛媛県 松山市 の学会に参加していますが、徳島県高知県 は初めてでした。

和歌山から船で小松島に渡り、徳島市 に入りました。徳島大学には農学部がなく、学会は徳島市内のビルで行なわれました。

高知県南国市の大型ピーマンハウス(1棟約250坪) ハウス内のピーマン
学会終了後、徳島本線と土讃線で 高知 に向かい、依頼しておいた高知の種苗会社の人に連れられて、南国市 から 高知市浦戸湾 にかけて並ぶ ハウス園芸地帯 を見てまわりました。

当時、この ハウス園芸地帯 は、ピーマン の主産地でした。ピーマン という呼称はフランス語で、昭和30年代から使われ始めたものです。果実の中が空洞なので、搬送中の荷傷みが少なく、日持ちが良い、という長距離輸送に適した野菜です。

昭和30年代の好景気で、日本人の生活も向上し変化して、食生活も、牛肉や豚肉などを好む、洋風化 が進みました。

ピーマン は、こうした畜肉料理に良く合う 野菜 として生産が急増し、高知 から新規に就航したフェリーで、東京市場に出荷されていました。

高知 での産地見学の帰りに、香川県 に入り、高松市の東隣りの 三木町 にある、香川大学農学部 を訪れました。それは、学生のとき指導を受けた KN講師 が、この大学の教授となっていたからです。

訪れた香川大学農学部の校舎(当時) W 博士
この 農学部 も、私の勤務している KF大学 と同様に、中等農業学校から専門学校を経て大学になったもの。国立大学とは言っても、まだ大部分が専門学校時代の木造校舎でした。

農学部の南側の道路沿いに民家があるものの、周囲はほとんどが農地でした。

KN先輩 は短時間外出中というので、廊下で待っていると、見覚えのある人物が現われました。昔、敗戦直後のころ、滋賀県大津市 のアメリカ軍キャンプ附属の 水耕農場 の所長をしていた W博士 です。

W博士 が、香川大学 の 農学部長 をされていることはかねて聞いていたので、あらためて挨拶すると、  「学部長室へ来なさい。私が構内を案内しよう」   と言われるのです。そして校舎の中や研究圃場などを見学し、この学部のお話を聴きました。

礼を述べて校舎に戻り、KN講師 から 香川大学農学部 の最近の研究を聴いたあと、一緒に 高松市 へ行き、私は京都へ帰りました。

            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

このころ、京都市の私の勤める大学の北側から上賀茂神社 まで続く広い農地を、全域区画整理して住宅地にする、という話し合いが決まった、と聞きました。それまで幅3メートルくらいの砂利道だった 北山通 が、大きく拡幅されるとも聞きました。

それを聞いて、もはやこの大学の地は、農学を研究する場所ではない と思いました。所属講座は何の研究目標も持たず、職席も詰まったままでは、将来性もありません。

私は、出身大学の先輩・TM教授 に 「日本中どこへでも行きますから、専門の研究のできる職場をお世話ください」 と頼みました。


       前のページ Back   次のページ Next Page

    目次ページ
        to Table of Contents