いざなぎ景気・転出への備え
Izanagi boomPreparing for career change
   いざなぎ景気・・・昭和の「坂の上の雲」を目指して
     Izanagi boom ・・・ Aim at "the clouds on a hill" of Showa.

いざなぎの神といざなみの神
による国産みの絵
God Izanagi and Cod Izanam
who made Japan Islands
中華人民共和国文化大革命 といわれる国内騒乱や、その南の インドシナ で、南北ベトナム間の激烈な戦争が展開されていた昭和40年代、日本はきわめて平穏で、経済は発展し、国民生活はいっそう向上していました。

The Showa 40s. The domestic riot called Cultural Revolution in the People's Republic of China had happened. In Vietnam, the severe war between north-south was developed. Japan of this time was very peaceful, economy developed, and the life of the people was improving further.

東京オリンピック のあと、いったん落ち込んだ景気は1年ほどで盛り返し、昭和41年(1966年)から新たな発展を始め、好景気の時期を迎えました。このときの好景気を 「いざなぎ景気」 といいます。

After Tokyo Olympic Games, the business which once fell was regained in about one year, began new development from 1966, and saw the time of prosperity again. The prosperity of this time is called "Izanagi Boom"

高級マンション
High class apartment
いざなぎ とは、日本神話に登場する男神・伊弉諾尊(いざなぎのみこと) の名で、イザナミの神 とともに、日本の国土を生み出した神といわれます。また、皇大神宮に祭られている 天照大神(あまてらすおおみかみ) の親とされています。

Isanagi is a name of God of the man who appears in a Japanese myth. It is called God which produced the country in Japan with Izanami's God. Moreover, it is considered as the parents of Sun Goddess deified in the Ise Grand Shrine.

昭和30年代後半の好景気を、岩戸景気(いわとけいき) と呼びました。(あめ)の岩戸 の主神は 天照大神 ですが、今度はそれを上回る好景気というので、天照大神 の父に当たる 伊弉諾尊 の名を採ったのです。

The prosperity of the second half of the Showa 30s was called
Iwato Boom. Since a degree is called prosperity which exceeds it although main God of the Gate of the Celestial Rock Cave is Sun Goddess, The name of Izanagino Mikoto who whose father asks was taken.

当時、日本の製造業は、鉄鋼・造船・建設・繊維・製紙といった 基礎産業 はもとより、電気機器・自動車・オートバイなどの 先端産業 の 技術革新 が進展し、輸出が大幅に増えたうえに、国民所得の増加につれて国内需要も拡大しました。

In the manufacturing industry of Japan of those days, as for basic industries, such as steel, shipbuilding, construction, a fiber, and paper manufacture, the technical innovation of frontier industries, such as electrical machinery and apparatus, a car, and a motorcycle, progressed from the first. Export increased sharply and also it also expanded the home demand along with the increase in national income.


都会周辺では、郊外庭付き一戸建て住宅 がさらに増え、大都市には マンション も建設され始めるなど、住宅建築需要も増大しました。

In the circumference of a city, it is single family houses with the suburban yard. It further increased and housing construction demand apartments made of concreet also begins to be built in a big city also grew.


日産・サニー B110  Nissan sunny-B110 トヨタ・カローラ  Toyota carolla
このころ各家庭に普及し始めたのは、3C といわれた Car(自家用車)・Cooler(クーラー・冷却機能だけのエアコン)・Color Television(カラーテレビ) で、新・三種の神器 といわれました。

Recently Car (privately-owned car), Cooler (air-conditioner of only a cooling function), and Color Television which were called 3C began to spread through each home, and it was called new three sacred treasures.

私の住む住宅団地でも、3C を持つ家が増えました。ただし私の家では、自動車クーラーカラーテレビ もまだ買えませんでした。当時の私は、まだ30歳代、バイク と 扇風機 と 白黒テレビ で充分でした。

Houses with 3C increased in number even in the residential estate in which I live. However, in my house, I was able to buy yet neither a car nor an air conditioner nor a color television. I of those days was still in 30's, and the motorbike, the electric fan, and the black and white television set were enough for me.
壁掛け型クーラー
Wall tapestry type air conditioner
カラーテレビ
 Color television
電卓(電子式卓上計算機) もこの時期の産物です。初めのものは、小さい蛍光管をたくさん並べて数字を示すもので、値段は1台数十万円もしました。

Electronic calculator It is a product of this time. The first thing put many small fluorescence pipes in order, a number is shown, and the price carried out the 1 number also of 100,000 yen.


それが LSI の開発によって、カシオ・ミニ が12,800円で発売されたときには、みな驚きました。今はもっと安くなっていますね。電卓 ほど、技術の進歩と価格破壊がすごかったものは、ほかにないと思います。

By it, it was wholly surprised, when Kashio Mini was put on the market for 12,800 yen by development of LSI. Is it cheaper now? I think that nothing is uncannier than the calculator in progress of technology and price slashing to others.




キャノン・キャノーラ161
Canon Canora 161
シャープ・マイクロコンペット
sharp microcompet
初代カシオ・ミニ
The first Casio mini
初 期 の 電 卓  early calculators
いざなぎ景気 は、昭和40年(1965年)末から昭和45年(1970年)まで約5年間上昇を続け、どの産業も好況を満喫しました。景気のピークは昭和45年(1970年)ごろだったと思います。その後も数年間、好況の状態は大きく落ち込むことなく続きました。

The
Izanagi boom continued the rise for about five years from the end of 1965 to 1970, and every industry enjoyed prosperity fully. I think that the peak of business was around 1970. The state where after that and several years were prosperous continued without falling greatly.

公共工事では、昭和40年(1965年)に全通した 名神高速道路 に続いて、東名高速道路昭和44年(1969年)に全通し、東京大阪間が高速道路で結ばれました。山陽新幹線 も、新大阪からまず岡山に向って着工しました。

Meishin Expressway was opened to traffic in public-works in 1965. Tomei Expressway was opened to traffic in 1969 following this, and between Tokyo-Osaka was connected with the highway. San'yo Shinkansen was also first started toward Okayama from Shin-Osaka.

名神高速道路・西宮終点
Meishin Expressway
Nishinomiya terminal point
(国土画像情報 カラー空中写真)
(Country picture information
color aerial photography)
東名高速道路・富士川鉄橋
Tomei Expressway Fujikawa iron bridge
昭和30年代の 神武景気(じんむけいき) や 岩戸景気 のときには、まだ 外貨準備高 や 資本の蓄積額 が少なく、好景気になると輸入が増えて、日本銀行が 公定歩合 を引き上げたりしたために、好景気が持続しませんでした。

Since there was still little amount of accumulation of foreign currency reserves or capital at the time of the Jinmu Boom of the Showa 30s, or Iwato Boom, if it becomes prosperity, import will increase and the official discount rate was pulled up by Bank of Japan, Therefore, prosperity did not continue.

しかし、国民の勤勉性と技術開発によって経済力を拡大した いざなぎ景気 では、それまでのマイナス要因はうすれ、5年以上にわたる長期の好景気を実現しました。これによって、昭和43年(1968年)GNP(国民総生産) は、西ドイツ を抜いて、日本 は、アメリカ に次ぐ 世界第2の経済大国 になりました。

However, in the
Izanagi boom which expanded economic strength by national industrious nature and technical development, the adverse element till then faded and realized long-term prosperity over five years or more. By this, GNP (gross national product) of Japan in 1968 extracting West Germany, Japan became the 2nd economic big power of the world which ranks second to the United States.

            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

昭和30年代から40年代にかけて、日本は 高度の経済成長 を遂げました。この時期、我々 昭和ひと桁 の世代は、まだ下働きから中堅のところで、リーダーとなったのは、明治末から大正生まれの世代・第二次世界大戦 で戦場に赴いた人たちでした。

Japan accomplished advanced economic growth from the Showa 30s to the 40s. Those who were born at the beginning of Showa like us at this time were still the places of subordinate work. The people of the end of Meiji to the Taisho birthwho went to the battlefield by World War II became social leaders.

敗戦によってどん底に落ち “
坂の下の闇” の苦しみを味わった日本人は、その才覚と勤労によって、20数年かけて、明治時代に次ぐ、しかし軍事力には頼らない 「坂の上の雲」 を目指したのです。国力が興隆するときは、不思議に、大震災のような災害は起こらないもののようです。

The Japanese who fell to the bottom and experienced pain of "
darkness under a hill" by defeat ranked second to Meiji Era over about twenty years however, he aimed at "the clouds on a hill" for which it does not depend in the military strength by the wisdom and labor. When national power prospers, although a disaster miraculously like a great earthquake does not occur, it is needed.

私自身の八十数年の人生を振り返って見ても、この時代 が、将来に対してもっとも希望に満ちていたと思います。

I think that this time was most filled with hope to the future even if it looked back upon and saw the life in my own about eighty.




   オハイオ英語教室・・・英語の再々勉強
   
Ohio English-language classroom

昭和38年(1963年)ごろから、私はアメリカ人に英語を習い始めました。 勤め先の研究室に外国人がときどき来訪するようになって、英語での会話が必要になってきたからです。

I began to be taught English by an American from 1963. It is because a foreigner sometimes came to visit the laboratory of the university and the conversation in English has been needed.

所属講座のTA教授も、外国人との話しに私を必要とするようになりましたが、私も戦時中の英語排除の中等教育を受けた世代で、英文は読めても、聴く・話す は苦手でした。

Professor TA of the affiliation lecture also came to need me for the talk with foreigners. however, hearing it in the generation in whom I also received the secondary education of English exclusion in wartime, even if English can be read but was poor at talking.

勤務先から歩いて5分のところに、アメリカ人が オハイオ英語教室 という名で、英語の個人教室を開いていると聞いて、行ってみました。

Since I heard that an American has opened the English individual classroom by the name of the
Ohio English-language classroom at the place of 5 minutes from the university.  I saw by carrying out.

オハイオ英語教室のクリスマスパーティ
で話すウィンズラー氏
Mr. Winzlar
who talks by the Christmas party
of the Ohio English-language classroom
教師の ウィンズラー氏 は、私より3歳年上。アメリカ・オハイオ州 の裕福な家庭の人で、アメリカの有名大学卒業後、イギリスの大学にも学び、American English British English の違いもよく知っていました。

Mr. Winzlar, the teacher was a person of the home where Ohio in the three-year-older United States is more rich home. After graduating from the prestigious university in the United States, he learned also to the British university and also knew the difference between American English and British English well.

若くして、ブラジルのアメリカ文化センター長を勤めたりした由ですが、ボヘミアンのようなところがあって、早くに職を辞して、各国を回り、日本の京都が気に入って住み着いた、と言っていました。

Although it was that that he made it young and worked the U.S. cultural center length of Brazil, he was like a Bohemian, he resigned its post early and the surroundings had said each country that Kyoto in Japan was pleasing and settled.


1時間ごとに4〜5人ずつの授業で、始めは  アメリカ口語教本 の初級用から上級用までをテキストとして使い、1年ほどでそれを終えたのちは、テーマを決めて自由にトークする教え方でした。

After using from the object for the beginners' classes of a U.S. spoken-language textbook to the object for upper classes as a text by every 4 or 5 persons' lesson for every hour in the beginning, and finishing it in about one year, it was the way of teaching which determines a theme and carries out a talk freely.


言葉はやはり慣れです。1年ほど通ううちに、ウィンズラー氏 の話す英語が、大体聴けるようになりました。いろいろな話題も話し合えるようになりました。

Language is practice too. While going for about one year, English which
Mr. Winzlar speaks hears it generally, and I came to understand it. Various subjects can also be discussed now.

ウィンズラー氏 は教養の高い人で、知識豊富でした。日本のことも詳しく、十干十二支(じゅっかんじゅうにし) まで知っていました。ただ、日本語は、知っていても使いませんでした。

Mr. Winzlar was a high person of culture and he was abundant in knowledge. The thing of Japan was also detailed and it knew it to the sexagenary cycle. However, Japanese was not used even if known.

敗戦後、占領中の高慢なアメリカ人を知っている私にとっは、キリスト教会の宣教師は別として、アメリカ人にもこういう人がいるのか、という思いがしました。

The thought whether Americans also had such persons except for the missionary of a Christian church made to me who know the proud American under occupation after defeat.

話し合った話題で、とくに記憶に残っているのを挙げてみますと、

If it mentions remaining in memory especially with the discussed subject,

 天皇制 について  the Emperor system of Japan

W氏第二次世界大戦後、イタリアは国民投票を行なって王制を廃止し、共和国になった。日本はなぜ天皇制を残したのか

アメリカ初代大統領
ジョージ・ワシントン
U.S. founding president
George Washington
敗戦時のイタリア国王
エマヌエーレ3世
The Italy king at the
time of the defeat
3rd Emanuere
 「イタリアの王室は、わずか三代に過ぎない。日本の皇室は2千年の歴史を持つ。ただ、第二次世界大戦中、すべてのことは天皇の名において行なわれた。ゆえに、昭和天皇は、敗戦責任をとって退位するべきだった。しかし天皇制は、政治権力を伴わない形で存続してほしい

Mr.W "Italy performed the referendum at the postwar years, Imperial Rule was abolished, and it became a republic. Why did Japan leave the Emperor system?"

Me "
The number of the royal families in Italy is only three. The Japanese Imperial Household has 2000 years of history. But, all the things under World War II were merely performed in the Emperor's name. Therefore, Emperor Showa should have taken and abdicated from the responsibility for defeat. However, I want continue the Tenno system in a form without political power."

 世襲 について  About heredity

 「ジョージ・ワシントンは、アメリカ建国の父といわれている。その子孫は今どうしているのか

W氏アメリカ人は、今もジョージ・ワシントンを尊敬している。しかし、ジョージ・ワシントンには子がいなかった。またいたとしても、その子孫に能力がなければ、普通の市民として生きるだけのこと。尊敬は、立派な行いをした人物に対してするもので、その子や孫にまでは及ばない

Me "George Washington is called father of the U.S. founding of the country. How is the posterity doing now?"

Mr.W "Americans still respect George Washington. However, a child was not in George Washington. Moreover, even if it is, if the posterity does not have ability, it will only live as an ordinary citizen. Respect is carried out to the person who did the splendid deed, and does not attain to the child or grandchild."

 恩義 について  About a favor

 「日本人の道徳の基本に 恩 がある。とくに両親には育ててもらった 恩 がある。辞書を見ると、恩 は英語で、obligation となっている。アメリカ人には 恩 という感覚があるのか

W氏obligation は、子が親に対して負うものではなく、親の方に、子を育てる obligation がある。もちろん、アメリカ人も、親に対する尊敬・感謝の念は強い」 ・・・・・・・

Me "an obligation is to the foundations of Japanese morality. Especially parents have the obligation which I had raised. If a dictionary is consulted, the obligation serves as obligation in English. Do Americans have feeling called an obligation?"

Mr.W "a child does not undertake obligation to parents and there is obligation which brings up a child into the parents side.
Of course, the Americans of the respect and gratitude to parents are also strong."


            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

オハイオ英語教室 へは、私が京都を離れるまで行っていました。その後一度、ウィンズラー氏 に年賀状を送りましたが、返信はありませんでした。ウィンズラー氏 が、その後いつまで京都にいたのか、それとも、また、どこかの国に行ってしまったのか、分かりません。今でも忘れられない人です。

It was carrying out until I left Kyoto to the Ohio English-language classroom. Then, although the New Year's card was sent to Mr. Winzlar , there was no reply. Mr. Winzlar does not know to have gone to some country till when he was in Kyoto after that again. He is a man who are not forgotten even now.




   大学と産地を見て歩き・・・転出に備えて
  See and walk some universities and places of vegetable production

昭和42年(1967年)春、私は、勤め先とは別の公的機関から研究旅費を給付されたので、近い将来の転職に備えるために、各地の 野菜産地 や大学・学会 などを,できるだけ参加・見学してまわりました。

キャベツのF1採種圃(京都府久美浜町・現 京丹後市) カブのF1採種圃(京都府大宮町・現 京丹後市)
4月初めに、東京湯島会館での 日本育種(いくしゅ)学会採種シンポジューム東京農工大学での 園芸学会

その帰途、長野県伊那市の 信州大学農学部 へ。ここでは、農林専門学校と大学を通じての同級生・SN君 の宿舎に泊めてもらいました。信州大学農学部 は標高800mくらいの地にあり、林間学校のような感じがしました。

続いて、当時、静岡県磐田市にあった 静岡大学農学部 へ。校舎はほとんどが木造でした。ここの園芸学の教授は、専門学校時代に教わった FK先生。その下に大学同級の MI君 がいました。

ハクサイ・キャベツのF1採種圃
(京都府久美浜町・現 京丹後市
)
静岡大学農学部 は、他学部と統合して、近く静岡市郊外にできる新学舎に移る、と聞きました。その際には、園芸部門を拡充して、口座数を増やすとのことでした。

いったん京都に帰り、4月下旬に 京都府内各地の産地視察 に出かけました。とくに丹後地方で TI種苗 が行なっている、ハクサイキャベツF1ハイブリッド採種 の実情を、詳しく視察しました。(F1ハイブリッド採種 については、このホームページ・野菜ワールド野菜のはてな? Q&A 1−5 をご覧ください)

このときは、京都府立農業試験場丹後支場長 をしていた、農林専門学校同級の KK君 の公舎に泊めてもらい、試験場の人たちに、丹後の各地を案内してもらいました。

秋には、福岡市の九州大学での 園芸学会。そのあと、福岡県内を中心に野菜産地を見てまわりました。



   歌の黄金時代・・・いっぽんどっこの唄
   The golden age of a song ・・・ The song of Ippondokko


昭和40年前後(1960年代)は、日本の歌謡曲の黄金時代 だったと思います。戦前からの歌手が “懐メロ歌手” になってゆくとともに、戦後の作詞者・作曲家が台頭し、こうした作詞者・作曲家に育てられた、多くの歌手が登場しました。

村田英雄
Hideo Murata
作詞者では、戦前からの 西条八十・高橋掬太郎・藤田まさと などのほか、石本美由紀・星野哲郎・水木かおる・永 六輔・丘灯至夫 らが新しく登場し、新しい詩を作りました。

作曲者では、吉田 正・遠藤 実・船村 徹・中村八大・いずみたく・市川昭介 らが、次々に新曲を世に出しました。

この時代、ふるさと演歌 恋の歌 もありましたが、戦後日本経済の発展につれて、演歌・ポップスなどを問わず、若い世代向けの 元気に将来を目指す歌 が多かったと思います。

それも、日本に特有な短調の悲壮感を伴う歌よりも、長調で明るく、未来に向かっての希望や決意を表わす歌 に、人気がありました。

それらの歌を、私の好みでいくつか挙げてみましょう。

   王 将 (作詞: 西条八十 作曲: 船村徹 歌: 村田英雄 1961年・・昭和36年)
   寒い朝 (作詞: 佐伯孝夫 作曲: 吉田正 歌: 吉永さゆりとマヒナ・スターズ 1962年・・昭和37年)
    こんにちは赤ちゃん (作詞: 永六輔 作曲: 中村八大 歌: 梓みちよ 1963年・・昭和38年)

   見上げてごらん夜の星を (作詞: 永六輔 作曲: いずみたく 歌: 坂本九 1963年・・昭和38年)
   高校三年生 (作詞: 丘灯至夫 作曲: 遠藤実 歌: 舟木一夫 1963年・・昭和38年)
   柔(やわら) (作詞: 関沢新一 作曲: 古賀政男 歌: 美空ひばり 1964年・・昭和39年)

   学生時代 (作詞・作曲: 平岡精二 歌: ペギー葉山 1964年・・昭和39年)
   兄弟仁義 (作詞: 星野哲郎 作曲: 北原じゅん 歌: 北島三郎 1965年・・昭和40年)
   いっぽんどっこの唄 (作詞: 星野哲郎 作曲: 富侑栄 歌: 水前寺清子 1966年・・昭和41年)

   星影のワルツ (作詞: 白鳥園枝 作曲: 遠藤実 歌: 千昌夫 1966年・・昭和41年)
   世界は二人のために (作詞: 山上路夫 作曲: いずみたく 歌: 佐良直美 1967年・・昭和42年)
   三百六十五歩のマーチ (作詞: 星野哲郎 作曲: 米山正夫 歌: 水前寺清子 1968年・昭和43年)
水前寺清子
Kiyoko suizenji

これらの歌は、当時どれも大ヒットしましたが、そのうち、私は 「いっぽんどっこの唄」 が好きで、自分でもよく歌いました。級友や同僚が次々に昇進していくなかで、まだ運に恵まれない私には、星野哲郎作のこの歌の歌詞が、ぴったりだったのです。

    いっぽんどっこの唄     
     
   (一) ぼろは着てても 心の錦 どんな花よりきれいだぜ
       若いときゃ 二度ない どんとやれ 男なら
       人のやれない ことをやれ

   (三) 何はなくても 根性だけは 俺の自慢の ひとつだぜ
       春が来りゃ夢の木に 花が咲く 男なら
       行くぜこの道 どこまでも 
                   
                        
 (歌詞は キラ歌発掘隊 より引用)  

            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

よく世間では “人生の応援歌”という言葉が使われます。それはそれで良いのですが、“応援”とは、まわりの人が、困っている人を物心両面で助け励ますこと。 それ以上に必要なのは、“自分が自分自身に努力を誓う歌だと、私は思います。


       前のページ Back    次のページ Next Page

    目次ページ へ     to Table of Contents