大学紛争・転職
Campus dispute ・ Change of occupation
   大学紛争始まる・・・東京大学 安田講堂攻防戦
   Campus dispute starts
   Yasuda auditorium offensive and defensive battle of Tokyo University


昭和43年(1968年)、東京を中心に各大学で 学生運動 が急に活発になりました。どこの大学でも、日常的に、時の政府や大学の運営に批判的なグループがありました。

The
student movement became active suddenly at each university centering on 1968 in Tokyo. There was a group daily critical of management of the government at the time and a university also at what university.

活動家の多くは左翼政党に属しているか、その共鳴者でしたが、中には政党色のない ノンセクトラジカル と呼ばれるグループもありました。彼らは自分たちで立て看板を作り、アジビラやポスターを貼り付けて各所に立てたり、その前で演説をしたりしました。

There were also a group called as radical nonsectarians where no political party color were in inside although many of activists belonged to the leftist party or it was the sympathizer,. They stood by themselves, made the signboard, and the seditious handbill and the poster were stuck, it stood to every place and they made a speech before that.

活動の内容は、学費値上げ反対学生会館の学生自主管理要求 などの学内問題もありましたが、反戦運動・反米行動 などの 政治的活動 もありました。

The contents of activity had intramural problems, such as the
tuition price increase contrary and a student voluntary management demand of a students' hall, and there was also political activity of an antiwar movement, anti-American actions, etc.

1960年代末から 学生運動 が過激化したのは、日本だけでなく、アメリカでは 「いちご白書」 で有名になったコロンビア大学の学生闘争のほか、フランス・イタリア・西ドイツなどでも、大学当局や政府に対する反対闘争が起こり、スチューデント・パワー と呼ばれました。

It is not only Japan that the
student movement intensified from the end of the 1960s. Besides the student fight of Columbia University which became famous for the "Strawberry Statement" in the United States, the opposite fight to university authorities or the government took place in France, Italy, and West Germany were called student power.

スチューデント・パワー と称する反対闘争は、そのころ続いていた、アメリカの ベトナム戦争介入反対運動 や、中国の 文化大革命 の影響があったと思います。

I think that the opposite fight called student power had the influence of the U.S. opposition movement against the Vietnam War intervention, or the Chinese Cultural Revolution which continued at the time.

日本での 体制反対闘争 は、はじめは、それぞれの大学で、学費値上げ反対・医学部での研修医の身分保証要求・学生会館の学生自主運営要求 などから始まりました。それが団体交渉の中で、大学の体制攻撃や、ひいては政府の政策批判に、急速に広がりました。

The organization opposite fight in Japan began from the tuition price increase contrary, the social position guarantee demand of the intern doctor in the medical department, the student independence management demand of a students' hall, etc. at each university in the beginning. In collective bargaining, it spread quickly in the organization attack on a university, or policy criticism of the government.

それまでの日本の大学では、講座の 教授 に権限が集中し、教授 が構成員となる 教授会 が、学部の方針や人事などをすべて決めるのが普通でした。そして教授の中から選出される 各学部長 が、学長(または総長) を中心として、大学の重要事項を決めていました。こうした大学の体制に対して、学生だけでなく、助教授(現・准教授) や 助手(現・助教)や研究員 などからも批判が起こり始めました。

At the university in Japan till then, authority is concentrating on the professor of a lecture and, usually the faculty meeting from which professors become constituents determined all of a plan, personnel affairs, etc. of a faculty. And each dean elected had decided the important matter of the university focusing on the president of a university out of the professor. Criticism began to take place from not only a student but an assistant professor (expression and associate professor), an assistant (expression assistant professor), a researcher, etc. to the organization of such a university.

学生の闘争は次第にエスカレートし、学長・学部長・教授 たちとの 大衆団交 から、授業放棄建物の占拠バリケード設置 などを始めました。こうした 学生闘争 は、またたく間に、国立・公立・私立を問わず、全国の大学に広がり、高校でも同じ動きが始まりました。長時間の 大衆団交 で、事実上監禁状態に置かれた高年の 役職教授 たちは、心身の疲労から体調を崩す人が続出しました。

A student's fight escalated gradually and began not only mass bargaining session with presidents, the deans, and professors but lesson abandonment, occupation of a building, barricade installation, etc. Such a student fight spread in universities all over the country regardless of national, public, and privates , while winking, and the same motion started also at the high school. Those into whom the professors of a post of the advanced age placed by the confinement state as a matter of fact by prolonged mass bargaining session break down condition from fatigue of mind and body occurred one after another

大学紛争 を主導した学生集団は、はじめは各大学の 学生自治会の連合体 “全日本学生自治会総連合(全学連) ”を母体とする “全学共闘会議(全共闘)”でしたが、思想や戦術の違いから、いくつにも分派しました。おもな集団は、中核派(革命的共産主義者同盟全国委員会)革マル派(日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派)民青(日本民主青年同盟) などです。

Although the knots of students who led the
campus dispute were "all the study joint struggle meetings (All-Campus Joint Struggle Committee)" which use "the all Japan student council total union (Zengakuren)" of the combination of the student council of each university as the mother's body in the beginning, they acted also to how many as a sect from the difference in thought or tactics. The main groups are Core Sect of the Japan Marxist Students' Union ,Japanese revolutionary communism person alliance revolutionary Marks interests, Japanese democratic youth alliance, etc.

この中でも先鋭化した学生たちは、大学の施設や建物を占拠して、ヘルメットをかぶり、手にゲバ棒(ゲバルト棒・ゲバルトはドイツ語のGewalt:暴力・権力の意) を持って立てこもり、退去を求める大学当局者に暴力を振るうようになりました。ゲバ棒 の材料の主なものは、手で握れる太さの角材でしたが、中には鉄パイプを持つ者もいました。そのなかで、主義主張の異なる学生の各派は、時には暴力をふるって、学生のグループ間で互いに争いあうこともありました。いわゆる “内ゲバ”です。

The students who were radicalized also in this occupy the institution and building of a university, are covered with a helmet, shut themselves up in a hand with a long staff carried by demonstrating students (
violence stick ), and came to use violence on the university authorities person who asks for leaving. Although the main things of the material of a long staff carried by demonstrating students were the square lumber of the thickness which can be grasped by hand, the person with a steel pipe was also in inside. Occasionally each party of the student from whom ideas and principles differ in it used violence, and it might fight mutually between a student's groups and it might suit between. It is what is called "interfactional fighting."

大学だけでは収拾がつかなくなって、学生の暴力排除を、警察にゆだねるところが出てきました。昭和40年代前半(1965年前後)の日本の若者の大学進学率は、まだ10%ほど。それで世間での大学生を見る眼もやさしいところがあり、警察も穏便に対応しようとしました。

Only at the university, settlement stops having stuck and the place which leaves a student's violence exclusion to the police came out. The college-going rate of the young man of Japan about 1965 years was still about 10%. Then, the eye which looks at the college student in the world also has an easy place, and the police also tried to correspond peaceably.


安田講堂に立てこもる
学生たちへの放水
Water-drainage to the students
who shut themselves up in the
Yasuda auditorium
(YAGI GONTAのブログより引用)
ところが、日本大学岡山大学 で、コンクリートの投下や投石で、警察機動隊員 が殺傷される事態が生じ、学生間の 内ゲバ でも死傷者が出ました。このため、政府も警察も大学当局も対応を一変し、暴力学生の徹底排除 にかかりました。

However, the situation where a riot police member was killed and wounded by dropping and stone throwing of concrete in Nihon University or Okayama University arose. Casualties came also out of the interfactional fighting between students. For this reason, the government, the police, and university authorities changed correspondence completely, and started the violence student's thorough exclusion.




東京大学安田講堂の
占拠排除を報じる新聞記事
The newspaper article which
reports occupation exclusion
of the University of Tokyo
Yasuda auditorium
その象徴的事件が、東京大学安田講堂攻防戦 です。安田講堂 は、安田財閥の創始者・安田善次郎 の寄付によって、大正14年(1925年)に竣工した講堂です。

The symbolic incident is the Yasuda auditorium offensive and defensive battle of the University of Tokyo. The Yasuda auditorium is Zenjiro Yasuda, the founder of the Yasuda zaibatsu. It is the auditorium completed by contribution in 1925.

東京大学では、昭和43年(1968年)1月から、医学部を皮切りに紛争が起こり、総長が 警察機動隊 の出動を要請して、いったんは 安田講堂 に立てこもった学生らを退去させました。

Dispute took place from January, 1968 starting with the medical department, and the president of a university made the students who demanded mobilization of riot police and once shut themselves up in the Yasuda auditorium leave in the University of Tokyo.

この 警察機動隊導入 がかえって学生たちの反発を招き、闘争は東京大学のほぼ全学部に広がりました。11月には総長や各学部長がそろって辞任。新たに 学長代行 となった 加藤一郎 は、大衆団交を重ね、一部学生の同調もあって、全学バリケード封鎖 は阻止しました。しかし、あくまで闘争貫徹を唱える強硬派の学生たちは、安田講堂 の占拠を続け、そこに他大学からの集団も加わって立てこもりました。

this riot police introduction repels students on the contrary, fight in the University of Tokyo spread for all the faculties mostly. The president of a university and each deans resigned together in November. Ichiro Kato who newly became the acting president repeats mass bargaining session, also has a student's alignment in part, and prevented all the study barricade blockades. However, the students of the hard-liners who appeal for fight accomplishment to the last continued occupation of the
Yasuda auditorium, and the group from other universities also joined and shut himself up there.

年末に 加藤学長代行 は 文部大臣・坂田道太 と会談。文部大臣から 「現状のままでは入学試験中止」 との通告を受け、まもなく 東京大学の入学試験中止 が公表されました。

President acting Kato confers with Michita Sakata, the Minister of Education, at an end of the year. Announcement with "it is an entrance examination stop with the present condition" was received from the Minister of Education, and the entrance examination stop of the University of Tokyo was released soon.

昭和44年(1969年)1月総長となった 加藤一郎 は、あらためて警察に 機動隊出動 を要請。機動隊はバリケードを撤去し、1月18日から19日にかけて 安田講堂 に立てこもる集団に、放水や催涙弾などによる攻撃を実施したのち、講堂に突入して600名以上を逮捕しました。

In January, 1969, Ichiro Kato who became the president of Tokyo University requested riot squad mobilization from the police anew. The riot squad removed the barricade, after they delivered an attack by wate -drainage, a tear gas bomb, etc. on the group who shuts themselve up in the
Yasuda auditorium from January 18 to 19 , rushed into the auditorium and arrested 600 or more persons.

大学での 学生闘争 はその後も続きましたが、この状態を憂えた時の与党・自民党は、幹事長・田中角栄 の議員立法の形で、国会に 「大学の運営に関する臨時措置法」 を提出し、この法案は、昭和44年(1969年)8月に成立しました。

Although the student fight in a university continued also after that, the Liberal Democratic Party which was anxious about this state submitted "the extraordinary measures law about management of a university" to Parliament in the form of the legislation by House members of Kakuei Tanaka, the Secretary-General, and this bill was enacted in August, 1969.

当時の日本は いざなぎ景気 の最中。経済状況も社会情勢も至極順調なのに、大学だけが荒れていました。そのゆえに、一般の人の 大学過激派学生 を見る眼は、60年安保 のとき以上に冷ややかでした。

Japan of those days was in the midst of the
Izanagi boom. Only the university was ruined although economic conditions and a social situation were very favorable. Therefore, the eye which looks at people's public university and radical students was colder than security 60 year the time.

ただ、この 大学紛争 で、私の出身大学の 農学部長 だった SD教授 が、学生との 大衆団交 の結果、体調を崩し、持病の高血圧が進行して、半年後に亡くなりました。学生や後輩の面倒をよく見る立派な先生でした。こうした尊い犠牲もあったのです。

However, in this campus dispute, the professor SD who was the head of the agricultural department of my graduating school upset health as a result of mass bargaining session with a student, the high blood pressure of the chronic disease advanced, and it passed away after half a year. The professor of SD was a splendid teacher who often looks after a student and the younger generation. There was also such a valuable sacrifice.


            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

この 大学紛争 から十数年後、私は園芸学会の役職に就いて、会議などでたびたび 東京大学 へ行きました。安田講堂 へも行って見ましたが、1階の一部が事務室に使われていただけで、ほかは廃墟のような状態のままでした。
     
現在の東京大学・安田講堂
The present Yasuda auditorium
in Tokyo
University
安田講堂 は、その後、昭和60年ごろから数年かけて改修され、今は元の姿に戻っています。
I went to the University of Tokyo frequently at the meeting etc. about the post of the Japanese Society for Horticultural Science about ten years after this campus dispute. although I went also to the Yasuda auditorium and saw, a part of the first floor was used for the office, it came out, and others were still states like ruins. The Yasuda auditorium was repaired over several years from 1985 of after that, and has returned to the original figure now.

大学紛争 で逮捕された学生たちの大部分は釈放されましたが、殺傷にかかわった者は、相応の刑に服しました。そして、この紛争に深くかかわった学生は、急速に発展してゆく日本の社会になかなか溶け込めず、社会も受入れを拒み、不本意な人生を送る人が多かったと聞いています。

Although most students arrested by the
campus dispute were released, those who were concerned with murder served the suitable sentence. And the students deeply concerned with this dispute cannot integrate into the society in Japan which develops quickly easily, but since society also resisted acceptance, those who lead unwilling life have heard many.

紛争時の大学生は、昭和20年代前半に生れた、いわゆる “団塊の世代”です。 この世代は今でも世代別の人口が突出して多く、そのためのストレスが多かったと思います。この世代は戦争・敗戦の苦難期を体験せずに育ち、育つ間に技術と経済が急進した日本で成人となって、競争社会に入ることになる、その精神的ストレスが、この大学内での闘争に走らせたのではないか、と私は思うのです。

The college students at the time of dispute are what is called "
baby boomers" born from 1945 after defeat at the 1950 times. Even now, the population according to generation projects this generation, and he thinks that and there was much stress by it. The students of these "baby boomers" that caused the campus dispute are generations, without experiencing the distress term of war and defeat. I think that the psychological stress of having been becoming an adult in Japan where technology and economy advanced rapidly, and going into a competitive society while growing up would not run to a fight in this university.

現在、この世代の人たちが60歳代となって、労働人生を終えつつあります。今となっては、大学闘争 に加わった人たちも、当時のことについてほとんど語ろうとしないそうです。

Now, this generation's people reach his 60's, and are finishing labor life. It is said that now, the people who joined the university fight hardly try to tell about that time, either.



   家族で海水浴・・・丹後海岸・湊小天橋
  
Sea bathing is enjoyed with family ・・・ Tango seashore

奈良公園若草山でのお昼
Nara Wakakusayama
昭和43年(1968年)の初夏に、出身大学の TM教授 から知らせがありました。

 「君の行き先について、話をしているが、秋までには決まると思う

私はどこへ赴任することになるのか、あえて聞きませんでした。 「よろしくお願いします」 とだけ返事をしました。

そのころ、勤めている KF大学 でも、大学紛争 が始まっていて、教授会側と学生自治会とが 団体交渉 を続けていました。それまで下の者の意見を聞いたことがなかった教授たちが、急に我々を集めて、教授会側に同調するようにと働きかけました。

私は、この大学にいるのもあとしばらくと思って、紛争にかかわる会議などには、欠席するようにしました。

湊小天橋 Minato Shotenkyo
そして、京都での最後の夏を楽しもうと、この年(1968年)の8月に、京都府久美浜町(現・京丹後市) へ 海水浴 に行きました。

長男がかなり歩けるようになってから、あちこち連れて行きましたが、この年、幼稚園に入ったので、海で楽しませようと思ったのです。 

久美浜(くみはま) は京都府の西北端にある町で、深く入りこんだ 久美浜湾 の入口をふさぐように、砂洲が西へ伸びています。ここを 湊小天橋(みなとしょうてんきょう) と呼んで、その外側が、日本海に面した遠浅の広い浜になっています。
 浜で海藻やハマグリを拾う妻と長男
The wife and the son who gather seaweed and a hard clam on the beach
     

昔から 「子は宝」 「子は鎹(かすがい)」 「子は三界の首枷(くびかせ)」 などと、さまざまに言いますが、今から振り返ると、子供というものは、幼稚園児のころが、親も子も一番楽しい時ではないか、と思います。


    * * * * * * * * * * * * * * *

この年は、秋になって大学内の紛争がいっそうエスカレートし、落ち着かない日が続きました。

年が明けて、昭和44年(1969年)1月TM教授 のところへ行き、私の赴任先が 香川大学 にほぼ決まった、と聞かされました。香川大学 と聞いて、私は驚きました。香川大学農学部 へは2年余り前に行ったばかり。そのときに合った W博士 が停年退官になる、その後任、ということでした。

3月初めに転職が確定して、京都市 を離れ 香川県 に移ることになりました。私にとっては、公私ともに、新規まき直しの年度替りでした



    香川大学に転職・・・香川県に転居
   
Move to Kagawa Prefecture

昭和44年(1969年)4月、私は妻子とともに 香川県 に引っ越しました。私が 香川大学 に転職したからです。

香川大学農学部
(建て替え工事完了後
Agricultural department,
Kagawa University
(after the completion of
rebuilding construction) )
そのころの 香川大学 は、 教育学部経済学部農学部 の3学部。本部教育学部経済学部高松市 に、農学部 は東隣りの 三木町(みきちょう) に所在。

はじめはとりあえず、私一人で赴任して、夏休みに引っ越すつもりでしたが、転職に伴う過労で私が10日ほど寝込んでしまったので、急きょ一家で転居することになりました。

入居したのは 香川大学農学部 の北にある 一戸建ての宿舎。一戸建ての宿舎 といっても、田圃の中の安普請の古い家。高松市内のコンクリート建ての宿舎もあったのですが、勤め先の近くを選びました。

京都の自宅 は居住環境良好でしたが、通勤に1時間以上もかかるのが難点でした。研究材料植物 を自分で栽培して仕事をする者は、休日でも、天候に応じてすぐ見に行く必要があるからです。

     
   香川大学農学部・現在の全景
(池戸会報より引用)
Agricultural department, Kagawa
University, the present complete view
(it quotes from the Ikenobe report)
 
     
勤務先の 香川大学農学部 は、そのころまだ、 木造の旧校舎 を、コンクリート5階建て に 建て替え工事中 でした。私に当てられた 居室 と 実験室 は、先に建築されて W先生 が使っていたあとでしたが、W先生 は退官時まで 学部長室 での勤務が多く、新築のままの状態でした。

所属する 園芸学科 には、出身大学の先輩後輩など気心の知れている人が多く、その点は安心でしたが、ここでも 大学紛争 は起こっていて、教官と学生の 長時間団体交渉 が続いて、授業にも差支えが起こっていました。

新任教官は、半年間 授業担当 はないというきまりがあり,今までの 学内事情 もよく分からないので、学生との 団体交渉 には参加しませんでした。それよりも、転職に伴う手続きでまだ残っていることの処理を急ぎ、数回 京都 へ往復しました。

国立大学間であれば、人も物品も配置換えとして扱われて、事は簡単ですが、公立から国立へは、いったん退職し、あらためて採用される形になります。外部の研究費で購入した研究機器の移動も、一時借用 という扱いでした。

香川大学 では、私の在職中に 法学部 ができました。その後、 工学部 が設置され、香川医科大学 が合併して 医学部 となり、現在は6学部に増えています。農学部 はずっと 三木町 にあって、数年前に耐震工事が完了し、少し姿を変えました。



   京都と香川・・・南北逆転の錯覚
  
Kyoto and Kagawa ・・・ The illusion of a north-south inversion


昭和44年(1969年)に、京都 から 香川 へ転居して、最初に感が狂ったのは 方角 でした。土地不案内 という意味ではありません。土地の勾配 が逆転したからです。

京都市街 (京都駅上空から北北東を見る
向こうの山は比叡山Kyoto street
(The mountain which looks at north-northeast
from the Kyoto Station sky is Mt. Hiei) )
高松市街
(南西上空から北東を望む・向こうの山は屋島)
Takamatsu street  (The mountain
which looks from the sky is Yashima.)
讃岐(さぬき)平野 (金刀比羅宮から北東を見る
向こうの山は 飯ノ山・讃岐富士)
Sanuki plain (from Kotohiraguu)
Mountain over there is Sanuki-Fuji

画像をクリックすると大きくなります
It will become large if you click picture
京都市 は北に高い があって、市街地とその周辺は、北が高く南が低く、は、鴨川 も、桂川も、高瀬川 も、北から南へ流れています。市街地では、北へ行くことを 「上ル(あがる)」 といい、南へ行くことを 「下ル(さがる)」 といいます。

ところが、香川県 では、南に 阿讃(あさん)山脈 があって、は南から北または北西へ流れ、瀬戸内海 に注ぎます。土地の勾配 も南が高く北が低いのです。

南がで北がなら、は南から北へ流れ、土地の勾配 も、南が高く北が低いのは当たり前のことです。

でも、40年も 北高南低 の地に住んでいた者が、急に 逆勾配 の土地に移ると、頭では分かっていても、ときどき錯覚を起こして、南北 を間違えることがありました。南北 を間違えると 東西 も間違うのです。

このことを人に話したら、 「狭い日本国内で何言ってるんだ。北半球から南半球に行って住んでみろ。それこそ南北感覚も季節も、ほんとの逆転だぞ」 と言われました。


    前のページBack   次のページ Next Page

  目次ページ
       to Table of Contents