ジャパン・アズ・ナンバーワン・大平首相の死
Japan as number one ・・・ Prime minister Oohira's death

   ジャパン・アズ・ナンバーワン
  "Japan as number one"

ヴォーゲル氏
Dr. Ezra Feivel Vogel
昭和54年(1979年)、 「ジャパン・アズ・ナンバーワン」(原題 Japan As Number One) という本が出版され、世界的ベストセラー となりました。著者は、アメリカの社会学者・エズラ・ファイヴェル・ヴォーゲルヴォーゲル氏 は、日本中国 を中心に東アジア諸国の研究を続けてきた人物です。

A book called "
Japan As Number One" was published with a worldwide best seller in 1979. .Authors are American sociological person Dr. Ezra Feivel Vogel. He is the person who has kept studying East Asian nations centering on Japan and China.

Japan Is Number One」 ではなく 「Japan As Number One」 としたのは、何か意味があるのか私には分かりませんが、文字どおり訳せば 「第一位としての日本」 ということでしょう。つまりは このときの 日本が、経済や技術で世界第一位だ というのです。

"Japan Is Number One" I don't know whether it's anything significant, but when translating literally, the one made "
Japan As Number One" will be said to be "Japan as the first place" .He said at this time , economy and technology of Japan was the first place of the world

この著書のなかで、ヴォーゲル氏 は、奇跡的といわれた 戦後日本 の復興 と 高度な経済発展 の要因を分析して、 “日本的経営” を高く評価しています。そして

    「その基盤となっているのは、日本人の学習意欲の強さと読書習慣の高さだ

と述べています。そして、当時の国民の能力について

    「日本人の数学力はイスラエルに次いで2位、科学分野で2〜3位、情報については7位

と言っています。また、

    「英語力は他の国よりも劣っているが、将来はともかく、今の時点では大きなマイナスではない

とも語っています。そして、それを補うものとして

    「優秀な通商産業省や大蔵省主導の経済への強烈な関与が、さらに日本の競争力を高めている

と指摘しています。

Dr. Vogel analyzed a renaissance in postwar
Japan where you said that was miraculous in this book and a factor of high financial development and estimated "Japanese style management" highly. And "They're the strength and the height of the reading custom of the Japanese desire to learn to become the foundation." is being stated. And it's being called "the Japanese mathematics power is the 2nd place following Israel, of scientific fieldabout 2-about 3, and information, about 7" about the ability of Japan people in those days. "An English ability is more inferior than other countries, the future won't be a big minus at any rate as of now." is being also explained. And "intense participation to excellent Ministry of International Trade and Industry and Ministry of Finance-led economy raises more Japanese competitive power" as something with which that's made up, it's pointed out.

ヴォーゲル氏 は、この 「ジャパン・アズ・ナンバーワン」 出版の16年前の 昭和38年(1963年) に、 「Japan’s New Middle Class」(日本の新中間階級−サラリーマンとその家族) という本を書いて、

     「この世代が、近未来に 日本 を最先進国に押し上げるだろう

と予告していました。Japan’s New Middle Class」 で書かれた “日本の新中間階級−サラリーマン” とは、今では 後期高齢者 となっている元サラリーマンの世代です。現役のころは “猛烈社員” とか “エコノミック アニマル” などと呼ばれた人たちです。

Dr.Vogel wrote a book called "Japan's New Middle Class" in 1963, 16 years ago of publication of "Japan as number one" , and he announced Office workers of the Japanese new middle class written in "Japan's New Middle Class" is the generation of the ex-salaried workers who become the latter period senior citizen in now. When they around activity, people called "furious staff" or "economic animal"

ジャパン・アズ・ナンバーワン」 出版前年の昭和53年(1978年)10月中国 の実力者となった とう小平(とうしょうへい) が来日。新日鉄君津製鉄所トヨタ自動車 の先進施設を視察し、東海道新幹線 にも乗って、日本の躍進振りに眼を見張りました。とう小平 は、続いて1979年1月アメリカ を訪問。各地の工業地帯を訪れ、ロケット・航空機・自動車・通信技術産業 を視察しました。

Teng Hsiaoping who became Chinese magnate in October, 1978 the ,last year of publication of "Japan as number one" visits Japan. .He inspected forward facilities of Nippon Steel Kimitsu steel-manufacturing company and Toyota Motor, also took Tokaido Shinkansen and watched eyes in Japanese progress pretense. Next, Teng Hsiaoping visited the United States in January, 1979. He visited an industrial belt throughout the country and inspected a rocket, airplane, car and communication technological industry.

カーター大統領(右)と とう小平(1979年)
President Carter (the right)
and Teng Hsiaoping 
(1979)
とう小平 は、日米両国 の先進技術を目の当たりにして、はるかに立ち遅れた 中国 の発展を目指し、政治・軍事は 共産党一党独裁 のまま、経済は 資本主義 を採り入れた、改革開放路線 を強力に押し進める政策を開始しました。

Teng Hsiaoping made the advanced technology in both Japan and United States a hit of an eye and aimed at the Chinese development it was easily behind. Politics and military affairs are a condition of the Communist Party dictatorship, and economy has begun the policy into which the reform opening route where capitalism was brought in is shoved strong.


当時の世界は、アメリカソ連 の両大国と、それぞれに組する 東西両陣営 の 対立冷戦時代。対立の始めのころには キューバ危機 のようなこともありましたが、その後はかえって不思議な安定感がありました。

The world in those days was the time of the opposing cold war in two major powers of United States and Soviet and eastern and western both camps which make the set each. It was sometimes the Cuban Crisis around the opposing beginning, but I rather had a strange sense of stability after that.


このなかで日本は、西側自由主義諸国 の一員として、アメリカ の核の傘に入り、国防費を安上がりにして、当時の国民の勤勉努力により、もっぱら民生機器を開発量産して経済力をたくわえ、ナンバーワン といわれるまでにのし上がりました。

Japan
went under an American nuclear umbrella and made the defense budget economical as a member of the west side cooperation with Free World countries in this, and I rose before development was massed produce and the financial power was saved, and you called consumer equipment number one solely by a national diligent effort in those days.

日本 は、このころから数年後までがもっとも良い時代だった、と私は思います。私個人としても、この時は50歳代前半。仕事にも健康にも恵まれて、最高に働き甲斐のある良い時期だった、と昔を振り返っています。

I think
Japan was the time to which it'll be preferred most from this time to several years later. If it was blessed with work and health in the generation first half 50 years old at the same time as an individual, too and was good time with worke past.

            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ジャパン・アズ・ナンバーワン」 の刊行から三十数年。今の 日本 はどうでしょうか ? 中国改革開放路線 を推し進めて経済大国になりましたが、これからどのように進むのでしょうか。 八十歳を過ぎて今も健在な ヴォーゲル氏 はどう見ているのか ? 、聞いてみたいですね。

It has passed from publication of "Japan as number one" for thirty and several years. How about Japan now ? The reform opening line of China was moved forward, and it was a great economic nation, but however developed will China be now? Now Dr. Vogel has passed eighty years old is also well, but how will he see Japan now and China? I'd like to ask him.



   大平正芳首相 死して・・・自民党よみがえる
   Prime Minister Ohira Masayoshi died, and LDP revived.

首相となった三木武夫.
Miki Takeo who became
a prime minister

国民協同党時代の三木武夫
(1951年)
Miki Takeo in the national
cooperative party age (1951)
昭和49年(1974年)12月田中角栄内閣 が総辞職したあと、三木武夫内閣 が成立しました。田中角栄 の金権体質に対して、三木武夫 は “クリーン三木” といわれて首相に選ばれました。

After Tanaka ministry resigned in December, 1974, Miki ministry was formed. Takeo Miki was called "clean Miki", and was chosen as a prime minister to Kakuei Tanaka's money right constitution.

三木武夫 は、徳島県板野郡土成町 出身。昭和12年(1937年)に30歳の若さで衆議院議員初当選。戦後は 国民協同党 を組織し、保守合同によって自民党
に入った人物です。国民協同党 は資本主義、社会主義に対する第三の道としての 協同組合主義 を綱領に掲げ、議会主義・人道主義をうたう、理想主義的な中道政党でした。

Takeo Miki is from Donari-cho, Tokushima prefecture. A member of the House of Representatives has won his first election by the youth of 30 years old in 1937. He organize a national cooperative party after the war and am the figure in LDP by combination. The national cooperative party was the idealistic middle-of-the-road party which inserts a cooperative unionism as the third way to capitalism and socialism in an outline and sings parliamentarism and humanitarianism.


私は、徳島県土成町 にある 三木武夫 の生家へ行ったことがあります。家にはだれも住んでいないようでした。彼は、自身の地元の、当時吉野川北岸にあった旧国鉄の赤字線を廃止しました。これをみても、地元の新潟県に道路をはりめぐらした 田中角栄 とは正反対でした。

I have been to Takeo Miki's birthplace in Tokushima prefecture . No one seemed to live in a house. He abolished a deficit line of former Japan National Railways which matches Yoshino river northern coast in its localness. Even if this was seen, it was contrary to Kakuei Tanaka who set up a road around Niigata prefecture localness.


このころ、最大野党の 日本社会党 は政権担当能力に乏しく、抵抗するだけの政党になっていました。日本では経済成長も著しく、 自民党政権 が永久に続くような状況でした。ただ、田中内閣 成立以後、党内派閥間のせめぎあい は激しさを増していました。

The Social Democratic Party of Japan of largest opposition party became scarce in the political power charge ability at this time in the political party which just resists. Economic growth was remarkable and Japan in those days was the situation that LDP political power continues forever in Japan. Vying between the internal party faction increased the violence after it was after Tanaka ministry formation

こんな情勢のなかで、三木武夫 は、田中前首相 が逮捕された ロッキード事件 の徹底解明を表明したため、他の派閥からの総攻撃を受けました。いわゆる “三木おろし” です。三木武夫 は国会解散を考えましたが、閣僚の反対にあい、2年足らずで退陣を余儀なくされました。次の自民党総裁には 福田赳夫 が選出され、福田内閣 が成立しました。

Takeo Miki received an all-out attack from other factions in such situation because Tanaka ex-prime minister expressed drastic explication of arrested
Lockheed scandal. The so-called "dislodging of Miki ". Takeo Miki considered the Diet dismissal, it matches and is less than 2 years in the Cabinet minister's opposite, resignation, it was obliged. Takeo Fukuda was elected by the next LDP president of the party, and Fukuda ministry was formed

福田赳夫
Takeo Fukuda
大平正芳
Masayoshi Oohira
福田赳夫内閣 は、昭和51年(1976年)12月から2年間続きました。福田赳夫 は首相続投を目指しましたが、田中派・大平派 の反発を受けて、自民党総裁選挙 で 大平正芳 に敗れました。こうして、昭和53年(1978年)12月大平正芳内閣 が誕生しました。

Fukuda ministry continued for 2 years from December, 1976. He aimed at prime minister continuance, but Takeo Fukuda received a thumbs-down of Tanaka group and Oohira group and was defeated by Masayoshi Ohira by the LDP election for party president. Oohira ministry was established in December, 1978 in this way.

But support to LDP was terribly before faction fighting in LDP was called "grudge", and this started to be learned about by the people, too, and fell.


しかし、自民党 内の 派閥抗争 は “怨念(おんねん)” と言われるまでにひどくなり、これが国民にも知られるようになって、自民党 への支持は低下しました。その結果、昭和54年(1979年)10月の総選挙で 自民党 は敗北。自民党非主流派大平退陣 を要求し、国会の首班指名には、自民党 からは、主流派大平正芳 を、非主流派福田赳夫 を擁立するという、党分裂同様の有様になりました。

But before faction fighting in LDP was called "grudge", and this started to be learned about by the people, too, and support to LDP fell. As a result, LDP lost in the general election in October, 1979. LDP non-faction in power requested Oohira resignation, and were a situation like the party split to which faction in power says Masayoshi Oohira when non-faction in power supported Takeo Fukuda , from LDP in leader nomination of the Diet.

何とか 大平正芳 が首班に指名されて 第二次大平正芳内閣 が発足しましたが、政局は混迷しました。翌 昭和55年(1980年)5月16日、社会党 が提出した 大平内閣不信任案 の審議に 自民党 非主流派 が欠席、そのため 内閣不信任案 が可決されてしまいました。大平首相 は、直ちに 衆議院 を解散。6月22日に 衆議院 と 参議院 の 同日選挙 を実施して、政局を一新しようと考えました。

Masayoshi Oohira was designated as a premier somehow, and Oohira ministry started the second, but a political situation was confused. A no-confidence motion against the Cabinet has been approved by the purpose by which non-faction in power of LDP absented themselves from a deliberation of Oohira no-confidence motion against the Cabinet the Socialist Party has submitted on May 16, 1980 of the next year. Prime Minister Oohira dismissed the House of Representatives immediately. He thought that put election on the same day of House of Representatives and House of Councilors into effect and changed a political situation on June 22

ところが 総選挙 公示の5月30日、街頭演説で第一声を挙げた 大平正芳 は過労と不整脈で倒れ入院。早速党内非主流派から 大平退陣 の声が上りましたが、大平 は拒否しました。そして入院から12日後の6月12日大平正芳 は心不全により死去しました。享年70歳。

But, Masayoshi Oohira who mentioned first utterance by a street oratory on May 30 of a general election official announcement breaks down from irregular pulse with overwork and has entered. Voice of Ohira resignation rose from internal party non-faction in power right away, but Oohira refused it. And Masayoshi Oohira has died of a heart failure on June 12 on 12 days later from hospitalization. 70 years old of age at death

鈴木善幸
Zenko Suzuki
中曽根康弘
Yasuhiro Nakasone
昭和7年(1932年)五.一五事件 以来、48年ぶりの 現職首相の死 という事態に、状況は一変。自民党は、主流派・反主流派 ともに粛然として 挙党体制 をとり、選挙戦を進めました。結果は、衆参両院 ともに 自民党 が大勝し、安定過半数を確保しました。

Since 5.15 events in 1932, the situation changed completely in a situation as
death of the present post prime minister in 48 after. LDP did faction in power and the anti-mainstream faction quietly, got a unified party system and advanced an election race.That a result is the Upper and Lower Houses, LDP achieves a great victory and has secured the stable majority

この選挙での 自民党 の勝利は、単に 大平正芳 の死に対する 同情票 だけではなく、当時の 社会党・公明党などの 野党連合政権構想 に対して、繁栄を続けている経済の失速を心配した国民の 保守浮動層 が、結束を取り戻した 自民党 を支持した結果だ、といわれます。大平正芳 死去後、大平派の 鈴木善幸(すずきぜんこう) が2年余り首相をつとめ、次いで 中曽根康弘内閣 が、5年の長期政権を保ちました。

The victory of LDP in this election says that a maintenance swinging voter of the people who worried about the financial stall which just keeps prospering to a combination of opposition parties administrative plan of Socialist Party in those days and Komei Party as well as vote of sympathy to
Masayoshi Oohira's death is the result which supported LDP which took back union. .Zenko Suzuki of Oohira groop served as a prime minister for about 2 years after Masayoshi Oohira's death, and next Yasuhiro Nakasone ministry kept long-term power in 5.years.

大平正芳の死 は、分裂寸前の 自民党 を再結束させて、社公連合政権構想 を打ち破り、 “ジャパン・アズ・ナンバーワン” と呼ばれた日本の繁栄を、さらに長く続けさせました。

Masayoshi Oohira's death made immediately before splits LDP be united, and broke the coalition government plan by Socialist party and Komei Party, and made them continue the Japanese prosperity called "Japan as number one" more lengthily.

            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

大平正芳
Masayoshi Oohira
大平正芳香川県 出身。その顔だちは “さぬき男” の典型といえるでしよう。農家に生まれ、篤志家などからの奨学金を得て、高松高等商業学校(現・香川大学経済学部) から 東京商科大学(現・一橋大学) に進学。高松高等商業 在学中に、キリスト教 に入信。

大学卒業後、同郷の 大蔵次官・津島寿一 に見込まれて 大蔵省 に入りました。大蔵省時代の上司・池田勇人 の側近となって、香川2区 から 衆議院議員 に立候補し当選。以後 連続当選11回。池田勇人 の没後、そのあとを継ぎました。

大平正芳 は、国民生活の望ましい姿として “田園都市構想” を唱えていました。“田園都市構想”とは、自然に恵まれた田園都市の持つ利便性と合理性 を併せ持つ地域社会 での生活をいいます。彼の頭の中には、生まれ故郷の自然豊かな 香川 の山河があったのでしょう。

私は大都市から、大平正芳 の出身地・香川県 に移り住み、田園の中で自然に恵まれた生活をしています。しかし残念ながら、香川県田園社会 の中には、都市の持つ利便性と合理性 は、まだまだ乏しい、と感じています。


       前のページ Back   次のページ Next Page

    目次ページ
        to Table of Contents