先祖の地・旧婚旅行
Ancestors Place・・・Hakone
   長男の大学進学・・・先祖の地を見せる
  Ancestor's place was shown to my son who became a college student


丸岡城天守閣前で
In front of Maruoka castle .
昭和59年(1984年)8月、長男 が 関東の大学 に進学したのを機会に、長男 を連れて、父の出身地・福井県丸岡町(現・福井県坂井市丸岡町) の 父の実家 を訪れました。

私はそれまでに8回ほど行っていますが、長男 は行ったことがないので、この折にと思ったのです。

一乗谷朝倉氏遺跡
Ichijodani Asakura, remains
丸岡町 に行く前に、福井市 の南東・一乗谷 にある 朝倉氏遺跡 を見学しました。

戦国時代に 織田信長 の軍団に滅ぼされた 朝倉氏の館跡(やかたあと) です。遺跡 はよく整備されていました。

それから 丸岡町 に行き、丸岡城 を観ました。小さい 天守閣 ですが、日本に残る城では最古といわれています。

父の実家 は、丸岡の町 からバスで山に入った、谷あいに開けた集落にあります。昔はひとつの村で、谷あいの田畑は自給分程度。おもな仕事は、豊富な 山林資源 によるものです。このときは、私の従兄弟(いとこ)が当主で、昔は 木炭の製造販売、その後は 杉の製材業 を営んでいました。

父の実家
Father's parents' home
千古の家(福井県・坂井市丸岡町)
The house with the old time of the old village
この地域は、山に登ると 加賀の白山 がよく見えるので、奈良時代に 白山信仰 の修行場だったようですが、その後は衰え、あらためて、平安時代末期から人が住むようになったそうです。

昔の村の時代の古い家が、“千古の家” という名で残されています。

私どもの行ったとき、地区の南の山際で トンネル工事の起工式 が行なわれていました。福井市 の平地から登り、トンネルを抜けてこの地に入って、石川県の 山中温泉 に通じる国道をつけるのだ、との話を聞きました。

東尋坊海岸  Tojinbo coast
四国へ帰る前に、東尋坊海岸 へ行きました。東尋坊 はこのころすでにすっかり観光地化されていましたが、柱状節理 の岩が連なる海岸は奇景でした。

     * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

小さかった子供が、成人して 大学 に進学しました。家業という仕事のない私のような家では、大学 まで進学させて、卒業後は自分の進む道を決め、生活を立ててゆく道を自身で切り開いてもらわねばなりません。

4年間の 学費・生活費・交通費 の仕送りは、かなりの負担ですが、子を持ったからには、親としての obligation でしょう。それからのちは、本人の 努力次第、運次第、と思うほかはありません。そろそろ 子離れ・親離れ の時期が来たのだ、と思いました。

このときの旅行は、長男に自分の 出自(しゅつじ) を教えて、やがての 別れ を惜しむ 良い機会 になった、と当時を振り返っています。

This travel was the good chance to tell the roots to my son, and regret the separation which is soon, I'm looking back to those days.




   旧婚旅行・・・箱根
  
Hakone tour with my wife

小田原行き小田急電鉄ロマンスカー
(新宿駅で)

Odakyu Electric Railway Romance Car
train for Odawara (At Shinjuku Station)
強羅に着いて昼食
Arrive at Gora, and, lunch
昭和60年(1985年)11月、私は久しぶりに妻と二人で 観光旅行 をしました。

妻はその前の2年間ほどは体調がすぐれず、遠出を控えていて、長男の 大学受験 や 入学、下宿の世話 などは私がしました。

このころ、妻の心身が回復したので、長男の在学する 大学の学園祭 を期に東京へ行き、下宿で暮らしている様子も見て、帰りに二人で箱根に行ったのです。

それまでの旅行は、私の出張以外はほとんど子供連れ。50歳台後半に入って、また二人だけで旅行できるようになりました。


大涌谷を横切る空中ケーブル
Cable in the air across Owakudan
i
大涌谷山上から仰ぐ富士山
Mt. Fuji where I look up from the Owakudani
新宿駅 から 小田急小田原 へ。そこから 箱根登山鉄道 に乗り換えて、 箱根強羅(ごうら) 着。強羅 に宿をとって 箱根 各所を見物しました。

登りケーブルで 大涌谷 へ。噴煙を吐く 大涌谷 上空を風に揺れながら横切る 空中ケーブル は、スリル満点でした。

その日は 大涌谷 から車で 強羅 の宿に引き返し、翌朝再び 大涌谷 に来て、山上から 富士山 を仰ぎ見ました。そして 空中ケーブル で 芦ノ湖 北岸へ降り、観光船 に乗って南岸まで。

朝の芦ノ湖 Lake Ashi in the morning 芦ノ湖の観光船 Sightseeing boat in Lake Ashi
         
スカイラインからの芦ノ湖の眺め
View in Lake Ashi from a scenic highway
旧東海道跡で
By Old Tokaido mark
芦ノ湖 の南岸に着いて船を降り、箱根神社曾我兄弟の墓 を拝んでから、ケーブルで 駒ケ岳 に登りました。

富士山芦ノ湖 の展望はすばらしかったのですが、山頂は強風で、早めにロープウェイで 箱根園 へ降りました。

最終日は、タクシーで、芦ノ湖西岸 の スカイライン をドライブ。所々で車を降りて、富士山 を眺め、芦ノ湖 を見下ろしました。スカイライン を引き返して、昔の 箱根関所旧東海道跡 などを見て回りました。

元箱根箱根 名品の 寄木細工 を買い、バスで 十国峠 を越え 熱海 へ出て、東海道新幹線 で帰途に着きました。


前のページ Back

次のページ Next Page

目次ページ

to
Table of Contents