昭和終る・ひばりの死
Showa ends ・. Death of Hibari
   昭和天皇崩御・・・明仁親王即位・・・昭和から平成へ
  Emperor Showa demise ・・・ Akihito Imperial prince accession
  To Heisei from Showa


昭和64年(1989年)1月7日朝、昭和天皇 崩御(ほうぎょ)。天皇の死去を 崩御 といいます。

Emperor Showa passed away in the morning on January 7, 1989.

天皇崩御を報じる新聞紙面
The newspaper space where
emperor demise will be reported
天皇は、この1年半ほど前に十二指腸のガン治療の手術を受け、しばらくは回復の様子が見られましたが、崩御 の前年9月に大量の吐血があり、輸血が続いていました。

Emperor Showa was operated on for cancer treatment of a duodenum before this about 1 year and a half, and the convalescent state could see a long time, but blood transfusion had a great deal of vomiting of blood in September of dead last year, and continued.


憲法皇室典範 の規定により、直ちに 皇位継承儀式剣爾(けんじ・三種の神器のうちの宝剣と勾玉)等承継の儀 が皇居内で行なわれ、明仁親王新天皇 となり、美智子皇太子妃皇后 となりました。

A ceremony of an Imperial succession ceremony and Kenjii ( Hoken and comma-shaped bead, inside the three sacred treasures ) equal succession was performed by a regulation of a constitution and Imperial House Law in the Imperial Palace immediately. And Akihito Imperial prince was a new emperor, and the Michiko Crown Princess was the empress.

この日が 昭和の終り。時の 総理大臣竹下登竹下内閣 は新元号を “平成” と決め、当時の 小渕官房長官 が発表しました。そして翌日は、平成元年1月8日 となりました。

This day is at
the end of Showa. That time's Prime Minister was Noboru Takeshita. Takeshita ministry decided the new name of an era with "Heisei", and Obuchi chief secretary in those days announced it. And it was January 8 1989 on the next day.

昭和天皇 は享年87歳8ヶ月。在位期間は62年余。歴代天皇 のなかで最長命、在位年数も最長といわれています。

Emperor Showa, age at death, 8 months for 87 years old. A reign period is about 62 years. It's said that the reign number of years is also longest by the longest life in the successive generations emperor.

戦後の団塊の世代以後の人は、昭和 というと、昭和20年代後半以後 の 発展の時代 ばかりを思うようです。

When it's Showa, persons after the postwar baby-boom generation seems to think of only the time of the development
after the second half in 1945 's
竹下登首相
Prime Minister
Noboru Takeshita
新元号を発表する
小渕官房長官
Obuchi chief secretary
who announces the
new name of an era

しかし私どものように、昭和初年に生まれて戦中・敗戦直後 の悲惨な時代を経た者は、昭和 は決して良い時代とばかりは思えないのです。

However, as I, was born in Showa first year, it was who that through the tragic era immediately after the defeat and 2nd World War, Showa I do not think just and never good times

戦前・戦中の昔、天皇日本の統治者 であり、現人神(あらひとがみ) として崇められていました。実態は内閣や軍部がしていることも、すべては 天皇 の名によって行なわれ、批判や反対はできない国柄でした。

Emperor was the Japanese sovereign the past in the prewar days and during the War, and it was praised as a god. The case that a ministry and the military are doing was also performed by emperor's name completely, and the realities were criticism and the national character you can't oppose

とくに 軍隊天皇直属の組織 で、内閣に属するものではなく、内閣の 陸軍大臣・海軍大臣 は 軍の最高司令官 ではなくて、軍の事務局長 のような役目だったと思います。それは 明治時代 に決められた “軍人勅諭” の中に、次のような言葉があったからです。

     「我が国の軍隊は、世々、天皇の統率したまうところにぞある
     「朕は、汝ら軍人の大元帥なるぞ

Especiallyin the army Emperor immediate organization, not belonging to the Cabinet, the Army Minister and Navy Minister of the Cabinet, I think it was arole, such as the army of Secretary-General rather than the supreme commander of the army. It is in the of "Imperial Rescript to Soldiers and Sailors" was decidedin the Meiji era, becausethere werewordssuch as the following
.

     "Japan's military is anyerais one that the Emperor has been governed"
      "Emperor is the generalissimo of ye soldiers"


英邁(えいまい)な 明治天皇 の時代は、これで国政に何の支障もなかったのですが、その後、軍部、とくに 陸軍 は、天皇直属 を盾にとって、内閣や議会に圧力を及ぼし始めました。

There were no every troubles in government with this, the time of the
great Emperor Meiji, the later, in the profitableness of military, the army, on the strength of direct control by the emperor, it have begun to exert the pressure on a ministry and a legislature.

国技館で相撲を見る昭和天皇
Emperor Showa who watches
sumo wrestling at Kokugikan
そして、いわゆる  “国体明徴問題” などを提起し、五.一五事件二.二六事件 で内閣の重臣たちを殺害し、これで日本は急速に 軍国主義化 して行ったと思います。

And, the military raised the so-called "national polity clear problem",and was killed retainers of Cabinet in 5・15 incident and 2・26 incident. Then , I think , Japan rapidly went to militarism of.

昭和天皇 は、戦後ずいぶん経ってから当時の回想を述べ、その内容は雑誌にも掲載されました。それを読むと、

日本は 立憲君主国 だったから、ほとんどは内閣の決めたとおりにし、総理大臣 が判断できなくなった 二.二六事件 と ポツダム宣言受諾 の2回だけ、自身で決断し行動した

もし私が戦争に反対しても、軍は私を押し込め、代わりの皇族を立てて戦争を強行しただろう、それなら、私が 皇位 に居る方がまだよいだろうと思った

という主旨の話が書いてありました。私はこれを読んで


「昭和天皇 は、自身が軍の 大元帥・統率者 であることを放棄していたのか、そして、天皇 までが自分の保身を考えていたのか」

と思いました。

Emperor Showa told a recollection in those days after it had passed a lot after the war, and the contents also appeared on a magazine. When that's read.

"
The Prime Minister did as a ministry had almost decided because Japan was a constitutionalism monarchy, and decided only twice which couldn't be judged any more and 2,26 event and the Potsdam Declaration acceptance by himself and behaved."

"
Army can also force me in opposition to the war, and army would make alternative royalty and enforce a war, I thought I'd still prefer the one in an Imperial Throne then."

The fact of a main point that he say so was written.  After I read this.

"Empelor was the generalissimo of an army and did Emperor Showa give up that he's a leader? And did an emperor consider his self-protection?"

I thought so.

新天皇・皇后両陛下
New emperor and empress
their Majesties
昭和天皇 は相撲が好きで、戦後たびたび国技館を訪れていましたが、テレビで相撲を熱心に見入っている 昭和天皇 を見ると、「この人は、あの大戦争で何百万の国民が死に、何千万人もの国民が財産を失ったことを、どれだけ覚えているのか」 とも思いました。

Emperor Showa liked sumo wrestling and often visited Kokugikan after the war, but when Emperor Showa gazing at sumo wrestling eagerly was judged from a television, also I thought "How long did this person remember millions of people died of that great war, and that the people as much as tens of millions of people lost assets?"

昭和天皇崩御 の翌日、1月8日。この日から平成となり、新天皇 が公務を執り始められました。敗戦後間もないとき、たまたま 京都御苑 内で 明仁親王殿下 にお会いして、 「この方が早く成人されて、天皇になっていただきたい」 と思った日から、40数年が過ぎていました。

The name of an era was Heisei from January 8 next day of Emperor Showa demise, and a new emperor could begin to do public duties.From Japan which met Akihito Imperial prince in Kyoto-gyoen by chance at loss soon after time, and thought "
To this grew up early, and could an emperor be?", 40, several year, it had passed.

            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

昭和天皇 の葬儀・“大葬” は、平成元年(1989年)2月24日に執り行われました。世界各国から 国家元首 が参列しましたが、多くは日本から経済援助を受けている国々の 元首 たちでした。
     
ブッシュ(父)アメリカ大統領
Busch ・ President of the
United States of America
第二次大戦での交戦国 だった国からはブッシュ(父)アメリカ大統領 が参列しただけで、イギリス・オランダ・中国・ソ連 からは、元首 の来日はありませんでした。

Emperor Showa's funeral was held on February 24, 1989. Chiefs of state were present from all the countries, but much was the heads of state in countries receiving economic aid from Japan. Busch, President of the United States of America was just present from the country which was a belligerent nation in the Second World War, and there was no visit to Japan of a head of state from United Kingdom, Netherlands, China and Soviet.

その ブッシュ大統領 でさえも、

     「今日、この日になって、やっと心から日本人を許す気になった

と述懐したそうです。ブッシュ大統領 は、若い日に、空軍パイロットとして太平洋戦線で日本軍と戦い、マリアナ沖と小笠原諸島近海で2度も撃墜されて、自国の潜水艦に救助された戦争経歴の持ち主です。

Even its President Bush .related as follows,

   "It'll be this day today, finally, sincerity, of Japanese, I have a mind to permit, it was."

President Bush, fighted against the Japanese military by the Pacific Ocean front as Air Force pilot on his young day, was also shot down twice by the Mariana offing and Ogasawara Islands neighboring seas and was rescued by a submarine in an own country.

あれだけの大戦に敗北してなお、そのまま最後まで在位した 皇帝 や 国王 は、ほかにないでしょう。

It would be defeated in that great war and wouldn't be other emperors and kings who did reign until the end still just as he is.

古くは、フランス皇帝・ナポレオン一世 の流罪。 第一次大戦 では、ロシア皇帝・ニコライ2世 は自国民による処刑、ドイツ皇帝・ウィルヘルム2世オーストリア皇帝・カール1世 は外国に亡命。第二次世界大戦では、イタリア国王・エマヌエーレ3世 は、退位ののち、王制廃止により国外追放。ドイツの ヒトラー総統 は遺体の完全消滅を命じて自殺。満州国皇帝・溥儀(ふぎ) は、退位後、ソ連軍の捕虜から中国の一市民となって終っています。

In the past, France Emperor Napoleon I of theexile. In the first World War, the Russian Emperor Nicholas II isexecuted by their own people, German Emperor Wilhelm II and Austrian Emperor Karl I of exilein a foreign country. In the World War II, Italy King Emanuele III deportationby the monarchy abolished after the abdication.. Suicide Hitler Fuhrer of Germany ordered the complete disappearance of the body. Manchukuo emperor PuYi becomes a Soviet prisoner after abdication, and then become a Chinese citizen.




   美空ひばりの死・・・演歌・歌謡曲の女王の最後
  Hibari Misora's death ・・・ The queen's end of popular song

平成元年(1989年)6月24日、歌手・美空ひばり が亡くなりました。享年52歳。間質性肺炎 による 呼吸不全 での死去、と伝えられています。あとで知ったところでは、ひばり の病気はこの4年前から始まっていたそうです。

デビュー当時の美空ひばり
Hibari Misora in her debut
若いころの美空ひばり
Young Hibari Misora at time
最後の歌「川の流れのように」
を歌う美空ひばり
Hibari Misora who sings the
last song "like flow on a river"
     
昭和60年(1985年)から腰痛を訴えるようになり、2年後、公演先の福岡市で入院。 大腿骨骨頭壊死  並びに 肝硬変 と診断されました。

退院後ハワイで静養したのち、復帰しますが、病状は回復してなくて、体は衰え、激痛をこらえながらの舞台だったそうです。

正直言って、私は舞台やテレビで誇らしげに歌う、若いときの 美空ひばり が嫌いでした。

しかし、元気いっぱいに歌う 「柔(やわら) 」 と、涙をこぼしながら歌う 「悲しい酒」 と、正反対の感情移入を必要とする歌をほとんど同じ時期に歌う、ファルセット を巧みに使い、地声 に戻る境目が分からない、など、天才と思わざるを得ない、とも感じていました。

病気から復帰後の ひばり は、顔は青白く、やせていました。しかし、舞台での歌唱力に衰えはなく、表情にも以前の傲慢な感じはなくなり、すべてを悟った人のように見えました。おそらく本人は自分の死期が近いことを知っていたのでしょう。

復帰後の歌  「みだれ髪」  と  「川の流れのように」  の2曲は、どちらも100万枚を越える大ヒットとなりました。そして  「川の流れのように」  が最後の歌になりました。

生まれながらの歌の上手、52年という、あまりに短い生涯。これらが没後20数年を経てなお、演歌・歌謡曲の女王 として慕われ続けるゆえんでしょう。


   前のページ Back    次のページ Next Page

  目次ページ へ 
      to Table of Contents