小学生のころ 続き・少年倶楽部・神風号
Schoolchild's time ・ Kamikazegou
   地震・雷・火事・親父    Earthquake, thunder, fire, and father 
     
雷 神
God of thunder

昔、子供にとって怖いものは、経験のない 地震 火事よりも、学校の先生 巡査 父親 でした。今はどうでしょうか?

昔でも、家によっては、子供に甘くて叱らない 父親 もいました。そんな家では、母親 が叱り役になって子供をしつけました。

怖い 父親 でも、サラリーマンなら昼間は家にいませんが、私の家は商店ですから、一日中 親父 が家にいるのです。幼稚園の間はそうでもなかったのですが、小学校に入ってからは、よく叱られるようになりました。

私の は、田舎から単身都会へ出て、住み込み奉公人からたたき上げた人でしたから、世の中のきびしさを、身をもって経験していました。それで、男は、きびしさに耐えて、身を立てていかなければならぬことを、子供のうちから教えたかったのでしょう。

けれど、は、口ではきびしい声で叱っても、顔や体をたたくということはありませんでした。そのかわり、は甘すぎるほどやさしい人でした。やはり子育てには、叱り役となだめ役とがいて、ちょうど良くなるのでないでしょうか。でも、現代では、雷親父 なんて、もういないでしょうね。

しかし、子供に対してでも、生徒や従業員に対してでも、人を叱るというのは大変なんですよ。人を叱るからには、自分自身に対して、それ以上にきびしくなければならないのですから。

私の も、人一倍勤勉な人でしたから、叱る効果も高かったのだと思います。そのときは、怖い父だとの思いばかりでしたが、今はただただ尊敬ですね。



   手本は二宮金次郎  Model is Kinjiro Ninomiya.
 
二宮金次郎像
Kinjiro Ninomiya's statue
二宮金次郎(にのみや きんじろう) と言っても、今の若い人たちには「そんな人、知らんよ」と言われるでしょうね。戦前は、どこの小学校にも、この人物の銅像や石像がありました。私の小学校にもありました。小学校の唱歌でも歌われました。

 The present young people will say, "Such a person does not know", even if it calls it Kinjiro Ninomiya. There were this person's bronze statue and stone image also in what elementary school prewar days. It was also in my elementary school .It was sung also by the song of the elementary school.


     柴(しば)刈り縄ない わらじを作り 
     親の手を助(す)け 弟(おとと)を世話し
     兄弟仲良く 孝行つくす 手本は二宮金次郎・・・

               (尋常小学唱歌二年生用より引用)

二宮金次郎 は、江戸時代、今の神奈川県の人で、身分は農民でしたが、小さいときから勤勉で、学習も良くし、親を助けてよく働きました。大人になってからは、二宮尊徳 と呼ばれ、凶作を予測して農民に対策を教えたり、家老や旗本などの、武家の財政立て直しを頼まれたりしました。

Kinjiro Ninomiya is the person who was present in present Kanagawa Prefecture at the Edo period. Although the status was a farmer, when small, it could also learn well by having been industrious from from, could help parents, and worked. After growing up, it was called Sontoku Ninomiya , and the poor harvest was predicted, and the measure was taught and it was asked for the readjustment of samurais, such as a chief retainer and a direct vassal of a shogun, by the farmer.


二宮金次郎 は、勤勉、修学、孝行、などの徳行から、庶民の実生活の上での模範的人物とされました。それで、昔の小学校では、その行いを手本として行動するように教えたものです。二宮尊徳 は、戦時中には紙幣の顔にもなりましたし、今でも地元では、神として祀られています。

Kinjiro Ninomiya It was considered as the model person on popular everyday life from virtuous conduct, such as industry, study, and filial piety. Then, at the old elementary school, the deed was taught to act as a model. In wartime, Sontoku Ninomiya also became a face of the bill, and, even now, locally, is deified as God.

現代は休日がやたらと多くて、遊びが流行する時代。かって日本人が尊んだ、二宮金次郎型 の 刻苦精励、勤倹貯蓄 の精神 はどこへ行ったのでしょうか。

The present age is a time when there are many holidays and play is in fashion. Where did the soul of Kinjiro Ninomiya type hard work diligence or thrift and saving of which Japanese people thought much once go?


先年、当時の政権政党の元党首が、 「今の高年者は働くしか能がない」  と発言して、高年者の反発を受け、総選挙で大敗しました。この元党首は、この発言について、まだ何の謝罪もしてませんね。この発言を反省して謝らなければ、この政党への支持は元に戻らないでしょう。今は党首が代わって政権を取り戻しましたが、それも他党の力を借りてのことです。 

The former leader of the governing party of those days only said, "Ability has that the present aged work", received the aged's resistance, and suffered a crushing defeat in the general election in the previous year. Any apology has not this former party leader done yet about this utterance? The support to this political party will not return, if you do not reflect on and apologize for this utterance. Although political power is regained now, it is the return to political power which borrows the power of a different party.

今の 憲法第27条 には、 「すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ」  と書いてあります。しかし技術の進んだ現代では、十分な修練を経なければ仕事はできないでしょう。

It has written to present Article 27 of the constitution "
Altogether, people have a right to work and assume duty."
Even if it calls it labor, work is impossible if training sufficient in the present age which technology followed is not carried out.


それに、現在、国が、莫大な額の国債を低金利で発行できるのは、今の高年者が、敗戦後の廃墟から営々として築き上げてきた、千数百兆円もの金融資産の支えがあるからではないですか。



    少年倶楽部  a Magazine "Shonen Kurabu"
  
昭和11年(1936年)のなかごろの話です。それまで毎月買ってもらっていた雑誌 「幼年倶楽部」 をやめて、同じ 大日本雄弁会講談社 から出ていた 「少年倶楽部(しょうねんくらぶ)」 を読み始めました。

幼年倶楽部」 で今でも覚えているのは、漫画・タンク・タンクローですね。大きな黒い球にいくつも穴が開いていて、そこから顔や手や機関銃などが出て、敵をやっつけるという話でした。

少年倶楽部
Magazine Shounenkurabu
(文京ふるさと歴史館より引用)
少年倶楽部」 の漫画は、有名な のらくろ 冒険ダン吉 です。私が読み始めたころ、のらくろ は下士官になっていたと思います。漫画ばかりでなく、小説も当時一流の作家たちが執筆していて、読み応えのあるものがいくつもありました。

大日本雄弁会講談社 は「幼年倶楽部」「少年倶楽部」 のほかに 「少女倶楽部」 も出版していて、私設文部省といわれていたそうです。

数年前、東京都の文京ふるさと歴史館で、「実録!”漫画少年”誌―昭和の名編集者・加藤謙一伝」という特別展示が開催されました。 それによると、

加藤謙一 は青森県出身。小学校教員在職時、子供の教育には、学校で教える教科のほかに、健全な文学や漫画を読むことが必要、と考えて上京、大日本雄弁会講談社 へ入社、才能を認められて、「少年倶楽部」 の編集長になり、「少年倶楽部」を子供雑誌の第一位にのし上げた、ということです。

私たちの年代の者が、「少年倶楽部」という良い雑誌に親しめたのは、この 加藤謙一 のおかげだったのですね。

私の身内で、この 「少年倶楽部」 を何十冊もそろえて、持ち続けている家があります。購読した本人は亡くなりましたが、今はその息子が大切に保存しています。最初の出版から100年近くもなる 「少年倶楽部」。この子供雑誌は、今もなお、それほどに愛着を持たれているのです。



    神風号、ロンドンへ  Kamikazegou flew to London  
  
     神 風 号  kamikazegou
飯沼飛行士        塚越機関士
       Iinuma pilot     Tsukagoshi engineer
昭和12年(1937年)春、私は 小学三年生 になりました。このころ明るい出来事がありました。朝日新聞社がチャーターした飛行機・神風号(かみかぜごう)ロンドンまで飛んだのです。ロンドンまでの途中、11箇所に着陸して、燃料を補給しながら飛びました。

In the spring of 1937, I became a third grader in an elementary school. In this year, there was a bright occurrence. The airplane kamikazegou which Asahi Shimbun Publishing chartered flew to London. On the way to London, it landed at 11 places to supply fuel, it flew.

有名なアメリカ リンドバーグ が、ニューヨーク・パリ間の大西洋横断飛行に成功したのは、昭和2年(1927年)、飛行距離は5,810km。それから10年後の、神風号の飛行距離は、無着陸ではありませんが、15,357 kmでした。

It was in 1927 that Lindbergh of the famous United States succeeded in the transatlantic flight between New York and Paris, and flight distance was 5,810 km. And although the flight distance of the kamikazegou of ten years after was not nonstop, it was 15,357 km.

飯沼飛行士 塚越機関士 は、ヨーロッパ滞在中に、ベルギーイタリアの国王に招かれ、フランスでは、レジオンドヌール勲章を授けられました。現在の宇宙飛行士以上に、英雄視されたのですね。

The Iinuma pilot and the Tsukakoshi engineer were invited to the king of Belgium or Italy during Europe stay. Legion d'Honneur was conferred in France..Two persons were seen as a hero more than the present astronaut.

ジョージ6世 の戴冠式後、神風号 は、その記録映画のフィルムを積み、同じ経路をたどって無事日本に帰着。飯沼飛行士 塚越機関士 は、宮中に参内して、昭和天皇 に拝謁したそうです。

After George VI's coronation , Kamikazegou stacks the film of the documentary film, follows the same course, and results in Japan safely. It is said that the Iinuma pilot and the Tsukagoshi engineer received in audience by Emperor Showa.

この 神風号 の成功により、同型機が量産され、陸軍の九七式司令部偵察機として、日中戦争から太平洋戦争初期まで使われました。



     小学生で色街通い  Schoolchild goes to a red-light district
    
現在の宮川町歌舞練場
The present Miyagawa-cho
今、女性をお座敷に呼んで遊ぶところを、花街(かがい) というそうですね。昔は 色街(いろまち) と言ってました。まだ、公娼(こうしょう)制度 のあったころの話です。

私の家の近くの 色街宮川町(みやがわちょう) には、女性を何人も抱えている家が沢山ありました。ここの女主人たちは、商店街へ買い物に来るよりも、電話での注文が多いのです。少量ずつの配達は面倒なんですが、お金払いは良かったですね。

ただ、色街 の人は、とても縁起をかつぎます。男相手の夜の商売ですが、昼間でも男が家に入るのを喜ぶのです。男なら子供でも良いのです。

私の家には姉が何人もいましたが、

   「女の人は来んといてや!

といわれるし、それまで配達していた一番若い店員も、年頃の青年になってきたので、配達に行かせるのは感心しないし、それで、小学3年生 になった私が配達に行くことになりました。

小学校から帰ると、配達ものが待っていて、届けると、代金をくれた上に、お菓子をくれたりする家もありました。しかし、ときどき配達に行った家の裏で、若い女の人が、怒鳴られたり、たたかれたりして、泣いているのも見ました。


       前のページ Back    次のページ Next Page

    目次ページ へ      to Table of Contents