緒戦の勝利

The victory of the beginning of hostilities
   マニラ陥落、フィリピンの米軍降伏
   Manila surrender ・・・U.S. Forces surrender of the Philippines

昭和17年(1942年)1月2日、当時アメリカ領の フィリピン の首都・マニラ が陥落しました。

It is Manila of the capital in the Philippines of a U.S. territory January 2, 1942 and those days. It fell.

マニラへと進撃する日本軍(出典 Wikipedia)
The Japanese army which marches to Manila
このときのアメリカ極東軍総司令官は ダグラス・マッカーサー でした。マッカーサー は駐留アメリカ軍とフィリピン軍に加えて、アメリカ の最新鋭機があれば、フィリピン全土の防衛はできる、と考えていたそうです。

The U.S. Far East army supreme commander at this time was Douglas MacArthur. MacArthur adds to the stationing U.S. Forces and a Philippine military, and is the United States. It is said that I thought that defense of the Philippines whole country could be performed when there was new types of weapon.

日本軍は、開戦からすぐにルソン島各地に敵前上陸し、軍の主力は、12月22日 マニラ の北・リンガエン湾に上陸して、ルソン島南部に上陸した部隊とともに マニラ に迫り、リンガエン湾上陸から、わずか11日で マニラ は陥落しました。

With the unit who the Japanese army landed at various parts of Luzon in front of the enemy immediately from the outbreak of war, and the main force of the army landed at Lingayen Gulf of the north in Manila on December 22, and was better and landed at southern Luzon, Manila was approached and Manila fell in only 11 days after Lingayen Gulf landing.

マッカーサー は、マニラ湾を挟んで向かい側の、バターン半島コレヒドール島の要塞に立てこもる決断をして、配下の各部隊長に方針を伝達し、アメリカ極東軍司令部とフィリピン政府も バターン半島 へ移動しました。

MacArthur made decision which shuts itself up in the fort in Bataan Peninsula and Corregidor Island of an opposite side across Manila Bay, and transmitted the plan to the subordinate's each part captain, and U.S. Far East army headquarters and the Philippines government also moved to Bataan Peninsula.

大本営発表では、あまり詳しく報道されませんでしたが、バターン半島 コレヒドール島 にこもるアメリカ軍とフィリピン軍の制圧に、日本軍はかなり苦戦したようです。

It seems that the Japanese army had a close battle considerably to ascendancy of the U.S. Forces and the Philippine military with which Bataan Peninsula and Corregidor Island are filled although not reported not much in detail by Imperial-Headquarters announcement.


フィリピンを脱出するマッカーサー
MacArthur who escapes from the Philippines
バターン半島 の米比軍は、4月半ばまで抵抗し降伏。コレヒドール島 に立てこもったウェンライト中将は、5月6日まで抗戦し降伏。そして、フィリピン全土 の米比軍が、ようやく日本軍に降伏しました。

In Bataan Peninsula, The U.S. Forces and a Philippine military resisted and surrendered till the middle of April. Corregidor Island Lieutenant General Wainright who shut himself up resists and surrenders till May 6. And the U.S. Forces and a Philippine military of the Philippines whole country surrendered to the Japanese army at last.


この間、3月12日に、マッカーサー は、多くのアメリカ将兵をフィリピンに残したまま、家族や幕僚たちを連れて、魚雷艇で コレヒドール島 を脱出、飛行機に乗り換えて、オーストラリア に逃避しました。

MacArthur was accompanied by families and staff officers on March 12 during this period, leaving many U.S. soldiers in the Philippines, and it escaped from Corregidor Island with the torpedo boat, it changed to the airplane, and fled to Australia.

オーストラリア に着いた マッカーサー は、

   「I shall return ! (私は必ず帰る)」

と反攻を誓ったといわれます。

MacArthur who reached Australia,  "I shall return"!  It is said that the counterattack was promised.



   シンガポール陥落・・・白人による植民地支配の終り
   Singapore surrender ・・・The end of the colonial rule by white
  
昭和16年(1941年)12月の開戦とともに、マレー半島 北部に上陸して、南下を続けてきた日本軍は、翌昭和17年(1942年)1月31日、ついに半島南端に達しました。

The Japanese army which landed at the northern Malay Peninsula simultaneously with the outbreak of war in December, 1941, and has continued going south arrived at the southernmost end of a peninsula at last on the following day, January 31, 1942.

降伏の会談場へ向かうパーシバルら(右端がパーシバル)
Percival et al. who goes to the conferring space
of surrender (a right end is Percival
)
     
シンガポール市街を行進する日本軍
The Japanese army which marches
through the Singapore street
そして2月8日、日本軍はジョホール水道を渡って、シンガポール島 に上陸。8万を超えるイギリス軍と激戦の末、高地の主要拠点を占拠したので、イギリス軍司令官 パーシバル は、降伏を決意しました。

And over February 8, the Japanese army landed the Johor water service at the
Singapore island. Since the main bases of high ground were occupied after the British army exceeding 80,000, and the severe battle, British army commander Percival opted for surrender.

昭和17年(1942年)2月15日イギリスの東南アジアでの最大の拠点・シンガポール はついに陥落。マレー半島での投降者を加えて、イギリス軍の捕虜は13万人に達しました。

Singapore which was the greatest base in Southeast Asia in Britain fell at last on February 15, 1942.
The British military man's prisoner of war added the surrenderer in the Malay Peninsula, and amounted to 130,000 people.


ドゴール将軍(当時)
General De Gaulle (that time)
当時の イギリスは、世界最大の植民地を持つ 大英帝国 でした。その東アジアの中心拠点・シンガポール を、日本軍によって陥落させられたことは、ヨーロッパ人の植民地支配の終わりを示す出来事として受け取られたようです。

Britain of those days was British Empire with the world's largest colony. Iit was received as an occurrence which shows the end of Europeans' colonial rule that you were made to fall Singapore which was a central base in the East Asia by Japanese army.

そのころ、自由フランス軍を率いて、イギリスに亡命していたドゴール将軍は、

  「シンガポール の陥落は、白人による長い植民地支配の終わりを意味する

と述べたと伝えられています。

General De Gaulle who commanded the free France army and had defected to Britain at the time,
     "Surrender of
Singapore means the end of the long colonial rule by a white."
It is told that it stated.


シンガポール 陥落の報は、日本国民を熱狂的に喜ばせ、開戦時の一抹の不安感は消滅したかに見えました。その後、シンガポール島 昭南島(しょうなんとう) と改名され、敗戦時まで日本軍の南方作戦の本拠地となっていました。

The news of the Singapore surrender pleased the Japanese enthusiastically and it seemed that a touch at the time of the outbreak of war of fear of insecurity disappeared.
After that, the
Singapore island was renamed with the Shounan island and had become headquarters of the south strategy of a Japanese army till defeat.



   アメリカ本土攻撃、ウェーク島・アッツ島・キスカ島・占領
     U.S. mainland attack ・Wake Island, Attu, Kiska, occupation

     
伊号第17潜水艦(出典 Wikipedia)
The 17th submarine of an I number
昭和17年(1942年)2月24日、日本海軍の 伊号第17潜水艦 がアメリカ西海岸に達し、沿岸部のカリフォルニア州・サンタバーバラ市近郊の製油所を砲撃して、施設を破壊しました。

A submarine of I number of the Sea of Japan army sailed to U.S. West Coast on February 24, 1942, the oil refinery in the Santa Barbara suburbs of coastal California was bombarded, and the institution was destroyed.

続いて同6月には、アメリカ・オレゴン州 にあるアメリカ海軍の基地を砲撃して、被害を与えました。これらのアメリカ本土攻撃は、アメリカ太平洋岸の市民にかなりの恐怖心を与えたようです。

Then, it will be Oregon in June of the same year. The base of the existing U.S. navy was bombarded and damage was done. These U.S. mainland attacks gave the citizen of the U.S. Pacific coast remarkable fear.

零式小型水上偵察機(出典 Wikipedia)
Zero type small aquatic reconnaissance plane
さらに、この年の9月には、伊号第25潜水艦に搭載する零式小型水上偵察機を使って、オレゴン州を空爆しました。

Furthermore, Oregon was bombed in September of this year using the zero type small aquatic reconnaissance plane carried in the 25th submarine of I number.

ウェーク島で地上撃破された米戦闘機
U.S. fighter plane defeated
on the ground in Wake Island
この偵察機は、小型焼夷弾を搭載できるよう特別に改造したもので、オレゴン州の森林に焼夷弾を投下して延焼させました。攻撃というよりも、むしろアメリカ市民を恐れさせる、心理的効果を狙った空襲でした。

This reconnaissance plane is what was converted specially so that a small firebomb can be carried, and it made the firebomb drop and spread to the forest in Oregon. It was the air raid which aimed at the psychological effect which makes U.S. residents feared rather than the attack.


一方、前年の昭和16年(19年)12月末に、日本海軍はアメリカの戦略的基地・ウェーク島を攻撃し、激戦のすえ攻略、占領しました。ウェーク島大鳥島と名づけられ、敗戦時まで日本軍が占領していました。

On the other hand, the Sea of Japan army attacked Wake Island of the strategic base in the United States, and occupied after the severe battle at the end of December, 1941 of the previous year. Wake Island was named the Otori island and the Japanese army occupied it till defeat.

また、翌昭和17年(19年)6月には、アラスカ・アリューシャン列島 の西端に近い、アッツ島 キスカ島 を攻撃、占領しました。このころの アラスカ は、まだ州にはなっていませんでしたが、アリューシャン列島 は、やはりアメリカ本土の一部でした。日本は アッツ島 熱田島、キスカ島 を鳴神島、と命名しました。

Moreover, Attu and Kiska, near at the westernmost end in the Aleutian Islands of Alaska were attacked and occupied in following June, 1942. Although Alaska at this time had not become a state yet, the Aleutian Islands was a part of U.S. mainland. Japan named Attu the Atsuta island and named Kiska the Narukami island.



    蘭印へ進攻、オランダ軍降伏、さらにソロモン諸島へ
   Aattack to the Netherlands territory east India
   The Netherlands army surrender ・To furthermore, Solomon Islands

     
日本軍落下傘部隊の降下
Japanese army paratroops' descent
昭和17年(1942年)1月11日に、日本軍は、蘭印(オランダ領東インド・現在のインドネシア全域) の セレベス島 (スラウェシ島) の メナド を攻略、占領。

The Japanese army attacked and occupied Menado in Celebes Island (Sulawesi) in Netherlands territory east India (the present Indonesia whole region) on January 11, 1942.

続いて、1月25日ボルネオ島 バリクパパン1月31日モルッカ諸島(マルク諸島)の アンボン2月14日スマトラ島パレンバン と、蘭印の重要拠点に上陸、占領しました。

Then, it landed on
Balikpapan in Borneo, and January 31 on January 25, landed at Palembang in Sumatra, and the important base in Netherlands territory east India on Ambon in Moluccas Islands, and February 14, and occupied.

メナド パレンバン へは、落下傘部隊が降下しました。始めて知った落下傘部隊の活躍に国民は喜び、「空の神兵(しんぺい)」 という歌が出来ました。作曲は、戦後に「水色のワルツ」を作った高木東六です。「空の神兵」 は、大東亜戦争になってからの歌としては、格調高い作です。YouTubeで検索して聴くことができます。

Paratroops descended to Menado and Palembang. Most Japanese people were pleased with activity of the paratroops who began and got to know, and were able to do the song " God soldier from sky" in it.

蘭印海域の連合軍艦隊
The Allied-Forces fleet of the
Netherlands territory east Indian waters
     
日本海軍は、昭和17年2月4日に行われた ジャワ沖海戦 で、アメリカオランダ海軍を中心とする連合国軍艦隊を撃破、続く スラバヤ沖海戦バタビア沖海戦 にも圧勝。相次ぐ敗北により、アジア地域の連合軍の艦隊はほぼ壊滅しました。

The Sea of Japan army defeated the United States and the Allied-Forces fleet centering on the Netherlands navy, and overwhelmed them in the offing naval battle of Java on February 4, 1942 also to the continuing offing naval battle of Surabaya and the offing naval battle of Batavia.

The fleet of the Allied Forces of an Asian area destroyed completely mostly by successive defeat


日本軍は3月1日に最終目標の ジャワ島 に上陸。ジャワ島 のオランダ軍を主力とする連合軍は、3月9日に降伏しました。かくして、多くの島々からなる広大なオランダ領東インドは、すべて日本軍の手に落ちました。

A Japanese army lands at Jawa of a policy objective on March 1. The Allied Forces who make the Netherlands army the main force surrendered on March 9. In this way, all vast Netherlands territory east India that consists of many islands fell to the hand of the Japanese army.

日本軍はさらに東へ進攻し、当時イギリス領の 東ニューギニア(現在のパプア・ニューギニア)、ソロモン諸島 へと進撃しました。

The Japanese army attacked to the east further and marched those days to east New Guinea (present Papua New Guinea) and Solomon Islands of the British territory.


       前のページ Back へ    次のページ Next Page

        目次ページ
        to Table of Contents