敗色の影・・ミッドウェイ・ガダルカナル
Signs of Defeat .Midway and Guadalcanal

   ソロモン諸島をめぐる海戦・・・日米南海の激闘

    The fierce fight of naval battle Japan-U.S. involving Solomon Islands

昭和17年(1942年)5月、東は ソロモン諸島 から西は ビルマ まで、開戦後の半年で東南アジア全域とオセアニアの一部を制圧占領した日本軍は、次の作戦に入りました。

The Japanese army occupied the whole region of Southeast Asia and a part of Oceania, in half a year after the outbreak of war from Solomon Islands to Burma by May, 1942, and went into the strategy of the following.

珊瑚海海戦で魚雷攻撃を受けたアメリカ空母レキシントン
U.S. aircraft carrier Lexington which received
the torpedo attack at the Coral Sea naval battle
そのころ、マッカーサー は、オーストラリア で、南西太平洋地域の連合国軍最高司令官に就任しました。アメリカ から オーストラリア へ艦隊・軍用機・兵員・武器・弾薬を輸送し、日本への反攻を始める戦略です。

MacArthur, at the time in Australia, was inaugurated as Supreme Commander for the Allied Powers of the southwest Pacific Ocean area. It is a strategy which conveys fleet, warplanes, personnel, arms, and ammunition to Australia from the United States, and begins the counterattack to Japan.

日本海軍は、アメリカ オーストラリア 間のシーレーンを断ち切って、オーストラリア の孤立を図り、これと立ち向かうアメリカ海軍との間に、激烈な海戦が何度も起こりました。

The Sea of Japan navy tried to cut off the sea lane between the United States and Australia, and Australia. Isolation was aimed at and the severe naval battle was fought repeatedly between the U.S. navies which fight against this.

昭和17年(1942年)5月珊瑚海(さんごかい)海戦 は、日本の勝利でしたが、さらに、ガダルカナル島争奪 ニューギニアでの戦闘 を、互いに援護する海戦が続きました。

The
Coral Sea naval battle in May, 1942 was a victory of Japan. Furthermore, the naval battle which supports mutually the Guadalcanal Island scramble and the battle in New Guinea continued.

第2次ソロモン海戦で大破炎上するアメリカ空母ワスプ
The U.S. aircraft carrier WASP who does serious damage
destruction by fire by the second Solomon Sea game
8月8日第1次ソロモン海戦8月23日第2次ソロモン海戦10月26日南太平洋海戦11月14日第3次ソロモン海戦 と、互いに敵艦を破壊、炎上、沈没させる激しい消耗戦となってゆきました。

It became the first Solomon Sea battle August 8 , the second Solomon Sea battle on August 23, the South Pacific naval battle on October 26, the 3rd Solomon Sea battle on November 14, and the intense war of attrition that breaks, makes an enemy ship destroyed by fire, and sinks it mutually.

のちにアメリカ大統領となった ジョン・F・ケネディ は、このころソロモン海域に従軍していて、第1次ソロモン海戦 の直前に、乗っていた魚雷艇が日本の駆逐艦に衝突されて海に投げ出され、小島に泳ぎ着いて、九死に一生を得ています。

It was serving in a war in the Solomon Sea region recently, the torpedo boat which was just before the
first Solomon Sea battle collided with the Japanese destroyer, and was given up by the sea, and John F. Kennedy who became U.S. President behind swam in the islet, and has reached and had a narrow escape from death.

このころ、日本政府が宣伝した標語、

    「屠(ほふ)れ米英 我らの敵だ !  進め一億 火の玉だ !



    敗色の影・・・ミッドウェー海戦
    Signs of Defeat ・・・ Midway sea battle

昭和17年(1942年)、日米間で、ソロモン諸島をめぐる海域での戦いが繰り返されているさなか、別の海域で、日本の運命を左右する大海戦が行なわれました。ミッドウェー海戦 です。

While the battle by the ocean space involving Solomon Islands was repeated among Japan and the U.S. in 1942, the open sea game which influences fate of Japan was held in another ocean space. It is the Midway naval battle.

ミッドウェー海戦で魚雷攻撃を受けるアメリカ空母ヨークタウン
U.S. aircraft carrier Yorktown which receives
a torpedo attack at the Midway naval battle
ミッドウェー海戦で米軍機の攻撃を受ける日本海軍空母飛龍
The Sea of Japan army aircraft carrier Hiryuu which receives
the attack of a U.S. Forces plane at the Midway naval battle

昭和17年(1942年)6月5日日本海軍の大機動部隊は、アメリカ海軍の拠点・ミッドウェー島 を攻略し、アメリカ艦隊を殲滅しようとして、海と空とから攻撃を開始しました。しかし、この作戦は アメリカ 側に事前に察知され、待ち構えていたアメリカ機動部隊との激しい海戦になりました。

On June 5, 1942, the large mechanized unit of the Sea of Japan army was going to destruction the U.S. fleet by capturing Midway Island of the base of the U.S. navy, and started the attack from the sea and sky.However, this strategy has been perceived in advance at the United States side. And it became an intense naval battle with the U.S. mechanized unit which was being prepared.

ミッドウェー海戦で攻撃され沈没寸前の日本海軍空母赤城
Aattacked at the Midway naval battle and is Sea of
Japan army aircraft carrier Akagi in front of sinking.
戦いは6月7日まで続きました。この海戦で、アメリカ海軍は、ミッドウェー島 の基地機能に大きな打撃を受け、空母ヨークタウンと150機以上の航空機を失いました。

The battle continued till June 7. The U.S. navy lost aircraft carrier Yorktown and 150 or more airplanes in response to the big blow in the base function of Midway Island at this naval battle.

しかし、日本側の損害はそれより大きく、主力空母、赤城・加賀・蒼龍・飛龍の4隻と、それらに積んでいた艦載機280機以上を失い、海軍機動部隊の中核を喪失してしまいました。

However, damage of Japan is more serious than it, lost 280 or more ship airplanes with which 4 boats and they of Akagi of the prime aircraft carrier, Kaga, Souryuu, and Hiryuu were loaded, and has lost the core of a navy mechanized unit.


ミッドウェー海戦 敗北の原因はいろいろ言われますが、このとき、

日本海軍の暗号がアメリカ側に解読されていたこと。

日本軍艦にはまだ装備されていないレーダーが、アメリカの軍艦には装備されていて、日本艦隊の動静を見破られていたこと


などが挙げられます。日本側は、戦う前に、すでに情報戦で負けていました。

Various causes of the Midway naval battle defeat are at this time, although it says,

The code of the Sea of Japan army was decoded at the United States side. The warship in the United States is equipped with the radar with which a Japanese warship has not been equipped yet, and the condition of a Japanese fleet is detected. etc.are mentioned.

Before the
Japan side fought, it had already lost at information warfare in it.

大本営発表では、ミッドウェー海戦 の詳細は伏せて、敵艦隊に打撃を与えたと報道されただけでした。国民の知らないところで、日本の連合艦隊は大きな打撃を受けていたのです

The details of the Midway naval battle were turned down and it was only reported by the Imperial-Headquarters announcement that a blow was dealt to the hostile fleet. The Japanese combined fleet had received the big blow in the place which Japanese people did not know.



    ガダルカナルの戦闘・・・日本軍、敗退の始まり
  
Battle of Guadalcanal ・The beginning of defeat of Japanese army

ガダルカナル島に上陸したアメリカ海兵隊
The Marine Corps who landed at t
he Guadalcanal Island
ガダルカナル島 は、ソロモン諸島 最大の島です。今は イギリス から独立して、周辺の島を併せて ソロモン諸島国 となり 、このガダルカナル島 ホニアラが首都になっています。

The Guadalcanal Island is the greatest island in Solomon Islands. Now from Britain combining a surrounding island independently, it becomes Solomon Islands and Honiara in this Guadalcanal Island has become a capital.

昭和17年(1942年)7月初め
、日本海軍はこの島に飛行場を建設するため、海軍設営隊2千5百名ほどを上陸させました。飛行場完成が間近くなった8月7日、アメリカ海兵隊1万数千名が奇襲上陸し、戦闘員の少ない日本軍を追い払いました。日本海軍はすぐに応戦し、第1次ソロモン海戦 で、アメリカ艦隊を撃破しました。

The Sea of Japan army landed about 2500 construction gangs, in order to build an airfield on this island in 1942 at 7 beginning of the month. Marine Corps more than 10,000 persons did surprise attack landing on August 7 when airfield completion became close at hand, and it drove off the Japanese army with few combatants. The Sea of Japan army fought back immediately, is the first Solomon Sea battle and defeated the U.S. fleet

海軍からの要請を受けて、日本陸軍が出動することになり、まず先発隊が上陸しましたが、すでに大軍を上陸させ、銃砲も充分に備えた米軍に、ほとんどが殲滅されてしまいました。先発隊壊滅の報を受けて、川口少将率いる4千人の将兵が送り込まれました。この上陸のために海軍が戦ったのが、第2次ソロモン海戦 です。

A Japanese army will be mobilized in response to the request from the navy. Most has been killed by the U.S. Forces which already landed the large force and also fully had firearms although the advance party landed first. 4000 soldiers whom Major General Kawaguchi commands in response to the news of advance party annihilation were sent in. It is the second Solomon Sea battle which the navy besides played for land.

壊滅した日本軍第二師団
The second army division of
Japanese army destroyed totally
ソロモン諸島の首都・ホニアラにある戦死者慰霊碑
The person-killed-in-war cenotaph in Honiara,
the capital of Solomon Islands
9月になって、杉山参謀総長は、昭和天皇ガダルカナル島 の戦況を報告し、天皇から

南東太平洋方面よりする敵の反抗は、国家の興廃に甚大の関係を有するにつき、速やかに苦戦中の軍を救援し戦勢を挽回せよ

と言われたそうです。

September comes, Chief of Staff Sugiyama reports the war situation of the Guadalcanal Island to Emperor Showa, and it is from the Emperor.

"An enemy's resistance carried out from the direction of the southeast Pacific Ocean has a serious relation in national fate. Rescue the army under hard-fight promptly and retrieve military power."

It is said that it was said.


そして、10月中旬、日米両軍ともさらに大部隊の将兵を増派して、ガダルカナル島は互いに相手を撃砕しあう、まさに 死闘の島 となってゆきました。、南太平洋海戦第3次ソロモン海戦 はこの時期に行なわれたものです。

And the Japanese and U.S. armies dispatched more troops for the soldiers of the voluminousness party further in mid-October, and the Guadalcanal Island turned into an island of the desperate struggle which destructs the enemy troops of each other. The South Pacific naval battle and the 3rd Solomon Sea battle are held at this time.

しかし、ソロモン諸島 日本 からあまりにも遠く、戦いが長引くとともに、武器弾薬や物資の輸送が困難になり、日本軍の食糧は次第に尽きて、戦闘能力を失い餓死する兵が増えました。

However, in Solomon Islands, while the long distance from Japan and the battle were prolonged too much , transportation of arms and ammunition and goods became difficult, the food of the Japanese army was exhausted gradually, and lost combat efficiency, and its soldier which starves to death increased.

結局、昭和17年(1942年)年末ガダルカナル島 からの撤退が決定され、翌昭和18年(1943年)2月1日から7日にかけて撤退が行なわれました。撤退できた日本軍将兵は11万1千人、戦死・戦病死・餓死者は2万5千人といわれます。ただ、私たちが ガダルカナル島 の詳しい戦況を知ったのは、戦後ずっと後になってからです。

After all, withdrawal from the Guadalcanal Island was determined at the end of 1942, and the withdrawal was implemented from following February 1, 1943 to seven days. For the Japanese army soldiers who have withdrawn, by 111,000 people, it is said that a battle casualty, a death from a disease contracted at the front, and a death-from-starvation person are 25,000 people. We merely got to know the detailed war situation of the Guadalcanal Island, after we became behind all the time after the war.

当時の大本営発表は、作戦目的を達成したので、昭和18年(1943年)2月上旬 ガダルカナル島 を撤収し、他に転進した、ということだけでした。

The Imperial-Headquarters announcement of those days was only having collected from the Guadalcanal Island early in February, 1943, and having changed one's course otherwise, since the operational objective's was attained.

そのころ、私が、学校の教練の教師から聞いたのは、この島で倒れている日本の傷病兵を1列に並べ、戦車のキャタピラーでひき殺している、という話でした。この話は事実らしく、のちに アメリカ の雑誌にその写真が掲載された、と聞いています。

     「鬼畜米英」 という言葉は、そのころから言われ始めました。

It was the talk which I heard from the teacher of the school of having arranged in one row the sick or wounded soldiers of Japan which has collapsed from this island, and having run over them to death in Caterpillar of a tank, at that time. I have heard that that photograph was published behind at the American magazine with this talk appropriate for the fact.
The word  "
devil U.S. and Britain"  began to be said from the time.



   勘太郎月夜唄・・・伊那の勘太郎・戦時中の股旅映画
    A wandering-life-of-gamblers movie in wartime

昭和18年(1943年)1月、「伊那節仁義(いなぶしじんぎ)」という映画が封切られました。

山田五十鈴        長谷川一夫
Iszu Yamada
     Kazuo hasegawa
 (まるさんのホームページより転載)
映画は、長谷川一夫(はせがわ かずお) と 山田五十鈴(やまだ いすず) という、そのころのトップスターの主演でした。でも、戦争たけなわのころに、こんな股旅(またたび)ものが、どうして上映できたのかなと思います。

また、映画の主題歌 「勘太郎月夜唄」 を、小畑 実(おばた みのる) と 藤原亮子 が歌って人気を呼び、この二人の歌は、前年の 「湯島の白梅 (婦系図の歌)」 に続くヒットになりました。

戦争一色の時期に、この股旅映画が上映できた理由は、二つあると私は思います。

ひとつは、幕府軍に追われて逃れる水戸勤皇党(みときんのうとう)の道筋案内を、主人公・伊那の勘太郎 が勤めるシーンがあること。

もうひとつは、佐伯孝夫作詞の主題歌の三番の歌詞、

     菊は栄える 葵は枯れる 桑を摘むころ 逢おうじゃないか
     霧に消えゆく 一本刀(いっぽんがたな)  泣いて見送る 紅つつじ


小畑 実
の「菊は栄える 葵は枯れる」です。菊は天皇家の紋章葵は徳川家の家紋。つまり、当局は、この歌詞を、天皇家とその軍隊・皇軍(こうぐん) が栄える言葉ととったのでしょう。

そういえば、当時の日本軍の武器・装備には、大は軍艦から小は銃一丁まで、すべて菊の紋章が付いていました。

歌謡曲 「勘太郎月夜唄」 は YouTube で聴くことができます。

     * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

歌手・小畑 実 は、朝鮮半島の平壌出身。東京へ来て、声楽を学んで歌手になりました。戦時中の 「湯島の白梅」 「勘太郎月夜唄」 で名を挙げ、戦後 「長崎のザボン売り」 「小判鮫の唄」 「星影の小径」 などのヒット曲を出しました。

その後、アメリカへ渡って実業界に入り、再び日本に帰って、歌手として活躍していましたが、ゴルフのプレー中に倒れ、昭和54年(1979年)4月、55歳で亡くなりました。


     前のページ Back    次のページ Next Page

     
目次ページ           to Table of Contents