日独両軍必死の防戦
Japanese and German armies desperate defensive battle
  ニューギニア戦線・・・生きて帰れぬ島
    New Guinea battle line ・The island to which it cannot live and return

昭和18年(1943年)2月9日の大本営発表で、日本軍が2月上旬に ガダルカナル島 を撤収し、他に転進した、と私たちは知らされました。

We were told that the Japanese army collected the Guadalcanal Island and otherwise changed its course by the Imperial-Headquarters announcement on February 9, 1943.

 
ニューギニア島周辺の地図 Map around New Guinea ポートダーウィンの爆撃  ombing of port Darwin  
 
当時、日本軍は、アメリカ の反攻拠点となる オーストラリア へのシーレーンを遮断すること、また、オーストラリア の軍事拠点を爆撃すること、を作戦目標にしていました。オーストラリア 北部の都市・ポートダーウィン の爆撃もしていました。

The Japanese army of those days set it as the strategy target intercepting the sea lane to Australia used as a counterattack base, and to bomb the arm site in Australia. Bombing raids of Port Darwin of the city in northern Australia were also carried out.

本格的に オーストラリア を爆撃するためには、ラバウル からは遠いので、日本軍はニューギニアの南岸の都市・ポートモレスビー(現在のパプア・ニューギニア国の首都) を攻略しようとしました。一方、連合国側にとっても、ポートモレスビー は、オーストラリア 本土防衛のため、絶対に守りぬかねばならない拠点でした。

Since it was far from bombing Australia completely from Rabaul, the Japanese army tended to capture Port Moresby (capital of present Papua New Guinea) of the city of the southern coast in New Guinea.
On the other hand, Port Moresby is Australia also for the Allies side. It was a base that it must keep protecting absolutely because of homeland defense.


昭和17年(1942年)3月7日ガダルカナル島 よりも先に、ニューギニア島 東部の北岸・ラエ サラモア に日本軍が上陸して、戦闘が始まりました。

The Japanese army landed at Lae and Sara More of a northern coast of eastern New Guinea beyond the Guadalcanal Island on March 7, 1942, and the battle started.

ニューギニア派遣軍司令官・安達中将
The New Guinea expeditionary force
commander: Lieutenant General Adachi
ニューギニア島ブナ地区での戦闘
Battle in the New Guinea beech area
ニューギニア に上陸した日本軍将兵は20万人、総指揮官は安達中将。これに対してアメリカ・オーストラリア軍はこれを上回る兵力を当て、マッカーサー総司令官 が直接指揮をとったといわれます。

For the Japanese army soldiers who landed at New Guinea, for 200,000 people, the commander was Lieutenant General Adachi. On the other hand, the U.S. Forces and the Australia army apply the military power which exceeds this, and are Supreme Commander MacArthur. Command was taken directly.

ニューギニア島 は世界第2の大きな島で、当時は全島が熱帯雨林と湿地帯に占められる、未開の土地でした。そのため、両軍とも、戦闘とともに、過酷な環境とマラリア・デング熱などの病気に悩まされ続けました。食糧・武器・弾薬の補給が乏しくなった日本軍は、現地で採れるサゴ椰子のでん粉や、トカゲ・ヘビ・野ネズミなどの野生動物まで食べて、飢えをしのきながら、各地に分散して戦闘を続けました。

New Guinea is a big island in the world 2nd, and all of the island was the uncivilized land of tropical rain forests and a damp area those days. Therefore, it was continued by afflicting both armies the illness of severe environment and malaria, dengue fever, etc. with the battle. Having eaten to wild animals, such as starch of the sago coconut which can be taken there, lizards, snakes, anda field mouses, having carried out hunger, and going away, it distributed in various places and the Japanese army to which supply of food, arms, and ammunition became scarce continued the battle.

昭和18年(1943年)12月15日、連合国軍が ニューブリテン島西部 に上陸占領してからは、ラバウル から ニューギニア への物資の補給は全く途絶えました。

After the Allied Forces landed at western New Britain and occupied on December 15, 1943, supply of the goods from Rabaul to New Guinea completely stopped.

ニューブリテン島に上陸する連合軍
The Allied Forces who land at New Britain
補給基地が近い連合国軍は、軍用食もよく補給されて、結局は敢闘精神よりも食糧が勝敗を分けたそうです。それでも、日本軍のほとんどは ニューギニア から撤退せず、昭和20年(1945年)8月まで、島内各地で戦闘を続け、日本敗戦の報を受けてから、現地で降伏しました。

For the Allied Forces with a near supply base, the military ration was also often supplied. It is said that food divided victory or defeat rather than fighting spirit after all. New Guinea was not evacuated, but most Japanese armies continued the battle in various parts of the island till August, 1945, and after it received the news of Japanese defeat, it surrendered there.

20万人を超える日本軍将兵のうち、日本に帰国できたのは、約2万人と聞いています。

It is hearing about 20,000 people that it has gone back to Japan among more than 200,000 Japanese army soldiers.


軍司令官・安達中将は、現地で降伏の手続きを終えたあと、ラバウル に収容されて戦犯容疑で残されている部下を弁護しました。敗戦から2年後、すべての部下将兵が日本に帰還したのを見届けてから、安達中将は従容として自決しました。武人としての立派な最後でした。

Lieutenant General Adachi
, an army commander, was Rabaul after finishing the procedure of surrender at a spot. The subordinate who is stored and is left behind on war criminal suspicion was defended. Two years after defeat, after ascertaining that all the subordinate soldiers returned to Japan, Lieutenant General Adachi did self-decision composedly. It was the splendid last as a military man.

戦後、ニューギニア から帰還した人に話を聞く機会がありました。その人は多くを語りませんでしたが、

ニューギニア で生き残れたのは、若さや体格や軍の階級によるのではない、将兵一人一人の気力と運だ

と言いました。


I had an opportunity to hear a story from the person who returned from New Guinea to the postwar period. Although the person did not tell many, he said as follows.

"
The conditions which were able to be survived in New Guinea are every soldiers' energy and fate by the class of youth, the physique, or an army"



   スターリングラード攻防戦・・・ドイツ軍敗退の始まり
   Battle of Stalingrad・The beginning of the German army defeat

昭和17年(1942年)後半ガダルカナル島 ニューギニア島 で日本軍が苦戦しているころ、ヨーロッパ戦線でも、ソ連 に攻め込んだドイツ軍の苦戦が始まっていました。


When the Japanese army was facing a close contest in the
Guadalcanal Island and New Guinea late in 1942, the hard-fight of the German army to which the Europe battle line also invaded the Soviet Union had started

ドイツ軍の空爆に曝されるスターリングラード市街
Stalingrad street put to air strikes of German army
目標とした、モスクワレニングラード(現サンクトペテルブルグ) は陥落せず、ドイツ軍はボルガ川による軍需物資の補給路を遮断しようとして、スターリングラード(現ヴォルゴグラード)  に兵力を集め攻撃しました。

Since target Moscow and Leningrad (present Sankt-Peterburg) did not fall, the German army tended to intercept the supply route of the munitions by Volga, and collected and attacked military power to Stalingrad (present Volgograd).

ドイツ軍は、一時、スターリングラード 市街の8割まで占拠しましたが、ソ連軍は頑強に抵抗し、街中を廃墟と化す市街戦が続きました。

Although the German army occupied 80 percent of the
Stalingrad street temporarily, street fighting which the Soviet Union army resists stubbornly and turns the inside of a town into ruins continued.

昭和18年(1943年)2月2日スターリングラード のドイツ軍は、ついに降伏。総指揮官・パウルス元帥と生き残りのドイツ将兵9万6千人が捕虜となりました。捕虜たちの運命は残酷で、多くは病死や凍死、銃殺により死亡しました。スターリングラード 攻防戦による、ドイツ軍と枢軸国軍の戦死者は約30万人、ソ連軍は約50万人、現地の民間人の死者は20万人以上といわれます。

The German army of Stalingrad surrenders at last on February 2, 1943. General Paul, the commander, and 96,000 German soldiers of survival became a prisoner of war. Fate of prisoners of war was cruel and many died by a death due to sickness, the death from cold, and death by shooting. For the person killed in war of the German army by the Battle of Stalingrad, and an Axis-powers army, it is said that about 300,000 people are 200,000 or more people, and, as for the Soviet Union army, the dead among about 500,000 people and the civilians of a spot are said.

 
スターリングラード勝利の旗を掲げるソ連兵
Soviet Union soldier putting up
the flag of the Stalingrad victory
降伏して収容所に送られるドイツ兵
German soldier who surrenders
and is seen off in a concentration camp
 
 

ターリングラード での敗北を機に、ドイツ軍の士気は次第に衰え、東部の全戦線で後退し始めました。

At the time of defeat in Stalingrad, the morale of the German army declines gradually and began to retreat in all the battle lines of the eastern part.



   山本連合艦隊司令長官、戦死
  Yamamoto combined fleet commander's in chief battle casualty

海軍大将・山本五十六 連合艦隊司令長官
An admiral and Isoroku Yamamoto
Combined fleet commander in chief
ロッキードP38攻撃機
Lockheed P38 attack plane
昭和18年(1943年)4月、私は、商業学校3年に進級しました。この新学期から、英語の授業が、敵国語との理由で全部廃止されました。英語を教えていた教諭は、全員失職しました。

I was promoted in business school 3 in April, 1943. The English lesson was all abolished for the reason with a language of the enemy from this new school term. All teachers that were teaching English lost their job.

それに、中等学校の修学年限が1年短縮され、私たちの学年から、4年で卒業、ということになりました。理由は、今後の 徴兵年齢の引き下げ に対応するためだったようです。

The study period of a secondary school will be shortened for one year. It seems that the reason was because corresponding to the reduction in the future draft age.

その翌月、昭和18年(1943年)5月21日、びっくりするような大本営発表がありました。山本 五十六(やまもと いそろく)連合艦隊司令長官 戦死の報です。それも、1ヶ月も前に、前線で作戦指導中、敵と交戦して、飛行機上で壮烈な戦死を遂げたという知らせです。

There was an Imperial-Headquarters announcement which is surprised on the May 21, 1943 next month. It is the news of combined fleet commander-in-chief Isoroku Yamamoto's battle casualty. It is the notice of having fought with the enemy during strategy instruction in the front line, and having accomplished the heroic battle casualty on the airplane before one month.

のちに知ったところでは、昭和18年(1943年)4月18日ブーゲンビル島(ニューブリテン島の東の島)上空 で米軍機・ロッキードP38に攻撃されたとのこと。山本長官 の前線での行動を知らせる海軍の暗号通報が、アメリカ側に傍受解読されて、米軍機に追撃され、機上で銃弾を受けたのです。

When got to know later, it was a thing that it was attacked by Lockheed P38 of the U.S. Forces plane over Bougainville Island (island of the east in New Britain) on April 18, 1943. The interception decipherment was carried out at the United States side, and the code report of the navy which tells the action of Director Yamamoto in a front was pursued by the U.S. Forces plane, and received the bullet by on a plane.

遺骨は戦艦武蔵で日本に運ばれ、山本長官 は元帥(げんすい)に列せられました。葬儀は同年6月5日に日比谷公園で国葬として営まれ、葬儀委員長には 米内光政 が当たりました。

Ashes of Director Yamamoto is carried to Japan in battleship Musash . The marshal was attended. The funeral was performed as a state funeral in Hibiya Park on June 5 of the same year 5. Mitsumasa Yonai asked the head of a funeral committee.

アメリカで何年も駐在武官を勤めた 山本五十六 は、日本 アメリカ の工業力・経済力の格差をよく知っていました。それゆえに、海軍次官在職時から、日独伊三国同盟や対米戦争には強く反対し、それで、陸軍や右翼から暗殺される危険がありました。

Isoroku Yamamoto who worked the military attache in the United States for many years The gap of the industrial power and economic strength of
Japan and the United States was known well. Therefore, it was strongly opposed to Triparite Pact by Japan, Germany and Italy or war for the U.S. from the Under Secretary of the Navy tenure-of-office time. Then, there was a risk of being assassinated from the army or ultranationalists.

当時の 近衛首相 の問いに対して、山本五十六 は次のように答えたといわれます。

To Prime Minister Konoe's question,. Isoroku Yamamoto answered as follows.

山本五十六元帥の国葬
General Isoroku Yamamoto's state funeral
     
それは(天皇陛下や政府から)是非やれと言われれば、初め半年や1年の間は随分暴れてご覧に入れる。然しながら、2年3年となれば全く確信は持てぬ。(日独伊)三国条約が出来たのは致し方ないが、かくなりし上は、日米戦争を回避するよう極力御努力願いたい

"If fight with the United States by all means is said by His Majesty the Emperor and the government, for the first half a year or one year, the navy will greatly be fought and will defeat an enemy. However, if prolonged with two years and three years, it cannot have firm belief at all. I want it to already try hard, although it is unavoidable that the Japan-Germany Italian triangular treaty has been made as it can avoid becoming the United States and war from now on."

山本長官は、この言葉のとおり、開戦から1年あまりの間、存分に敵を撃破して英雄視され、そして散ってゆきました。連合艦隊司令長官が戦死するというような事態は、明治の日本海軍創設以来なかったことです。

Director Yamamoto defeated the enemy during a little more than one year from the outbreak of war as this language, and he was broke up as a hero. The situation where a combined fleet commander in chief is killed in war is that there was since Meiji's Sea of Japan army foundation .

このころの戦況の実態を詳しく伝えられていなかった私たちは、
山本長官 戦死の報を聞いて、戦争がただならぬ状況になっていることを、始めて知りました。

We who were not told in detail the actual condition of the war situation at this time heard the news of Director Yamamoto battle casualty, and began and got to know that war was an unusual situation.



   玉砕! アッツ島守備隊・・・海ゆかば
      Honorable death ! Attu garrison  .

昭和18年(1943年)5月12日
、アリューシャン列島の アッツ島 に、総勢2万人を越えるアメリカ軍が上陸、山崎大佐 率いる2千名ほどの日本軍守備隊を攻撃しました。

The U.S. Forces exceeding 20,000 people in all landed at
Attu in the Aleutian Islands on May 12, 1943, and it attacked about 2000 persons' Japanese army garrison led by Colonel Yamazaki.

アッツ島守備隊長・山崎大佐
Attu garrison chief
Colonel Yamazaki
(出典 Wikipedia)
アッツ島の砲兵部隊
The artillery unit of Attu
激戦の末、アッツ島守備隊 は降伏せず、5月29日、山崎大佐をはじめ、日本軍将兵全員が戦死。

The Attu garrison did not surrender after the severe battle, but all Japanese army soldiers including Colonel Yamazaki were killed in war on May 29.

勝つ見込みがないと分かっていても、降伏せずに最後の一兵まで戦って死ぬ。この全滅行為を称賛して、玉砕(ぎょくさい)と呼びました。

The total-destruction act that even the last 1 soldier fights and dies without surrendering even if it turns out that there is no chance of winning was admired, and it was called an
honorable death.

アッツ島 守備隊玉砕の報道がラジオで放送される前に、 「海ゆかば」 の曲が流れました。このときから以後、海ゆかば は、玉砕の曲のようになってしまいました。

Before the report of the Attu garrison honorable death was broadcast with radio, the music of "Umiyukaba" flowed. Henceforth "Umiyukaba" has become like the music of an honorable death. "Umiyukaba" is an excellent piece of music composed by Kiyoshi Nobutoki in November 1937

米軍は同じアリューシャン列島の キスカ島 奪回の攻撃をしましたが、日本軍 キスカ島守備隊 は、霧にまぎれて、ひそかに輸送船に乗り込み、島を脱出、帰還しました。

Although the U.S. Forces delivered an attack which recaptures Kiska in the same Aleutian Islands, the Kiska garrison of the Japanese army was indistinguishable from fog, showed up in the transport ship secretly, escaped from the island, and returned to Japan.

「海ゆかば」 は、昭和12年(1937年)11月に、信時 潔(のぶとき きよし)が作曲したものです。

     海ゆかば  水漬(みづ)く屍(かばね) 山ゆかば  草生(くさむ)す屍(かばね)
     大君(おおきみ)の 辺(へ)にこそ死なめ かへりみはせじ


この歌詞は、千二百年前の「萬葉集(まんようしゅう)」にある 大伴家持(おおとものやかもち)  の長歌(ちようか)から採っていますから、戦時歌謡ではありません。それが他の戦時歌謡と同列視されて、演奏されないのは残念なことです。

「海ゆかば」 は、YouTubeで聴くことができます。この歌は、発表されたときから、その名曲のゆえに、国歌に准ずる歌といわれました。
  
アッツ島守備隊 を称える歌は、 「海ゆかば」 とは別に、朝日新聞社が選定した 「アッツ島血戦勇士顕彰国民歌」 があります。歌詞は9番まであり、当時よく歌われました。これも YouTube で検索して聴くことができます。

            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「海ゆかば」 は、五七調の名曲です。五七調の歌は、古来の和歌、とくに長歌の曲調なので、荘重な、または、しっとりとした歌になります。

戦前の国民歌謡で今も歌われる 「
椰子の実」 は、島崎藤村の詩で、長歌そのもの。戦後では、ラジオ歌謡として発表された、土屋花情作詞・八州秀章作曲の 「桜貝の唄」も、五七調の名曲また、横井弘の作詞で中曽根美樹が歌った 「川は流れる」 も、歌謡曲では珍しい完全な五七調でどれも大ヒットしました。


    前のページ Back      次のページ Next Page

    目次ページ
          to Table of Contents