戦時下の名画・両陣営の会議
The masterpiece under wartime
The meeting of both camps

     無法松の一生・映画史上に輝く名画
   "Life of a Rickshaw Man"
    The masterpiece which shines with a movie in history


昭和18年(1943年)10月
に、映画 「無法松の一生」 が公開上映されました。戦争の敗色濃くなったこの時期に、戦争に関係のないこんな映画が、よく公開できたものだと思います。

The open show of the movie "
Muhomatsu no Issho (The Life of a Rickshaw Man)" was carried out in October, 1943. I think that such a movie without the relation to war at this time when the situation of war became severe has opened to the public well.

小学校の運動会で松五郎が優勝した後のくつろぎ
Relaxation after Matsugoro wins the victory
in the athletic meet of an elementary school
私は、この映画が上映されているのを知りませんでした。商業の授業を担当していたT先生が、

 「これは良い映画です。ぜひ見ておきなさい

と勧めてくれたので、一人で見に行きました。

今は、歌や演劇などに採り上げられて 「無法松」 はよく知られていますが、元は、八幡製鉄所に勤めていた人が、岩下俊作 のペンネームで書いた 「富島松五郎傳」という短編小説です。これに映画監督・稲垣浩が眼をつけ、映画化しました。

ストーリーは、よく知られているとおり、明治時代の北九州・小倉を舞台に、人力車夫・富島松五郎の生きざまと、陸軍大尉の未亡人とその息子との触れ合い、そして美貌の未亡人へ秘めた松五郎の思慕の情を描いたものです。

自分の幼いころを語る松五郎
Matsugoro who tells when he is young
昭和18年(1943年)の上映当時は、戦争の真っただ中。そんな時期に、戦争とは全く縁のないこの映画。

At the time of the show of 1943, it is the middle of war. This movie that does not have an edge with war at such time.


字も読めない無学な松五郎が、純粋な恋慕の情を心の奥底に秘めながら、薄倖(はっこう)の未亡人とその子に、一途に尽くす無垢(むく)の愛情。無法者から生まれ変わったこの松五郎の姿は、当時の日本人の心を強く打ちました。

配役は、松五郎に 坂東妻三郎 (ばんどう つまさぶろう)、未亡人に 園井恵子 (そのい けいこ)、未亡人の子は 沢村アキヲ (のちの長門裕之)、いずれも名演技を見せました。

この映画は、内務省の検閲で、松五郎が未亡人に想いを打ち明けるシーンがカットされました。理由は、 「車引き風情(ふぜい)が、帝国軍人の妻に恋慕するとはなにごとか !」 ということだったそうです。

稲垣浩監督は、戦後になって、三船敏郎・高峰秀子 を主演に、このカットされたシーンを復活させた、映画 「無法松の一生」 を再度作りました。

でも、私は、このシーンがカットされたことで、生々しさが消え、かえって松五郎の心情が一段と美しく表現されて、観客も、松五郎の思いを深く察することができたと思います。

この映画を、ファシズムの時代へのレジスタンスとか、反戦映画だという人がありますが、それは思い込み過ぎというものでしょう。

戦争で、日本人の心が次第にすさんで行った時期に、この映画が、われわれに、本来の美しく清らかな心を取り戻させてくれた、と私は思います。無法松の一生は、日本映画史上に輝く名画というべきでしょう。

I think that this movie made us regain the original beautiful clean heart at the time when the Japanese heart became rough gradually in war. Probably, the "
Muhomatsu no Issho" should call it the masterpiece which shines with a Japanese movie in history.

            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

坂東妻三郎
Tsumasaburou Bando
園井恵子
Keiko Sonoi
園井恵子 は、宝塚歌劇団出身の女優。この 「無法松の一生」 での演技と、その清楚(せいそ)な美しさで一躍有名となり、将来を嘱望されました。

この映画に出演後、戦争末期の事情から、移動演劇団に参加し、昭和20年(1945年)8月6日、広島市に来ていて、不運にも原子爆弾の閃光を浴びました。

列車に乗って、何とか神戸の友人宅にたどり着きましたが、そこで倒れ、急性の原爆症に苦悶(くもん)しながら、同月21日に亡くなりました。 園井恵子、32歳の若さでした。

 坂東妻三郎 は、「無法松の一生」 に出演後も、映画俳優として活躍しましたが、昭和28年(1953年)7月、51歳で亡くなりました。坂東妻三郎 の長男・田村高廣 は、歳の離れた弟たち(田村正和・田村亮ら)養育のためもあって、始めたばかりの銀行勤めを辞めて、俳優となり、父のあとを継ぐ名優となりました。

沢村アキヲ の、その後の俳優・長門裕之 としての活躍は、ご存知のとおりです。


  
    大東亜会議・・・大東亜共栄圏の夢
     Great East Asia Conference
   The dream of Greater East Asia Coprosperity Sphere


昭和18年(1943年)11月5日から6日
にかけて、東京で 大東亜会議 が開かれました。大東亜会議 とは、日本が占領や進駐して勢力下に置いた、アジア各国首脳を東京に招いて、開いた会議です。日本主導による 大東亜共栄圏 の綱領について審議し、大東亜共同宣言 を採択しました。史上初めての、有色人種国のみの首脳による会議といわれます。

Great East Asia Conference was held from November 5, 1943 to six days in Tokyo.
Great East Asia Conference is a meeting which Japan invited the leaders of the Asian countries which were occupied and stationed and placed under influence to Tokyo, and held. It deliberated about the general plan of Greater East Asia Coprosperity Sphere led by Japan, and adopted the joint declaration. It is called the meeting by the leaders of only the first colored race country in history.

日本の東条首相のほかの参加者は、

Other participants in Japan's Prime Minister Tojo,

汪兆銘・・中華民国(南京)国民政府行政院長 Wang Chao-ming ・・・Director Republic of China (Nanjing) Nationalist-Chinese-government
張景恵・・・満州国国務総理大臣 Zhang Jinghui・・・ Manchukuo Prime Minister
ホセ・ラウレル・・・フィリピン共和国大統領 Jose Laurel ・・・Republic of the Philippines President
バー・モウ・・・ビルマ国 内閣総理大臣 Bar Moe・・・ Burma Prime Minister
ワンワイタヤーコーン(代理出席)・・・タイ王国王族 Wanwai Tayakon (substitute attendance) ・・The Kingdom of Thailand Royal Family   
スバス・チャンドラ・ボース(オブザーバー)・・・自由インド仮政府首班 Chandra Bose (observer) ・・・Free India temporary government head

 大東亜会議に参加した各国首脳(議事堂前で撮影)
  左から、バー・モウ、張景恵、汪兆銘、東条英機、
 ワンワイタヤーコーン、 ホセ・ラウレル、チャンドラ・ボース
The head of each country who participated in Great East Asia
Conference (photograph is taken in front of the Diet)
from the left, Bar Moe Zhang Jinghui, WangChao-ming,
Hideki Tojyo, Wanwai Tayakon, Jose Laurel, Chandra Bose
この会議は、連合国側からは、「日本の傀儡(かいらい)政権の首脳の集まり」 と酷評されましたが、連合国側の首脳会談に対抗する形で、アジア諸民族の理想を高唱した、という評価もあります。

Although this meeting was severely criticized as "the gathering of the leaders of a Japanese puppet government" from the Allies side, it also has evaluation of having sung the ideal of Asia races loudly in the form where the summit meeting by the side of the Allies is opposed.

ただ、イタリア はすでに降伏し、日本軍の戦況もきびしくなったこの時期、大東亜会議 は、政府が囃(はや)すほどには、意気が揚がっていないように感じました。

It is merely Italy. It already surrendered, and since it was the time when the war situation of the Japanese army also became severe, the government thought that Great East Asia Conference was thought that it was not in high spirits to the degree which the government says.

なお、この会議には、マレー半島・シンガポール・インドネシア からの出席者はありません。これは、戦勝後に、これらの地域を、日本の直轄領土とする意図があったからだ、といわれています。

In addition, there was no attendant from the Malay Peninsula, Singapore, and Indonesia in this meeting.
This is called body with the intention which makes these areas a direct control territory after Japan's winning the victory.

       * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

大東亜会議 に出席した各国の首脳は、その後、明暗を分けた人生を送りました。私は次のように聞いています。また、その処遇を見ると、それぞれの国の国民性も分かるように思います。

The leaders of each country which attended
Great East Asia Conference led the life which decided the outcome after that. I am hearing it as follows. Moreover, I think that the national traits of each country are also known if the treatment is seen.

汪兆銘・・・体内の銃弾による病状が悪化して再来日、昭和19年(1944年)11月10日、名古屋の病院で死去。遺体は中国へ運ばれ、南京郊外に埋葬されました。日本敗戦後の1946年1月、中華民国軍は、墓を爆破し、遺体を灰にして野原に捨てた、と伝えられています。

Wang Chao-ming ・・・The condition of disease by a bullet in the living body became more serious, he visited Japan again, and it died in the hospital in Nagoya on November 10, 1944. The dead body was carried to China and buried in a suburb of Nanjing. The Republic of China army exploded the grave in January, 1946 after Japanese defeat, and it is told that the dead body was used as ashes and it threw away into the field.


張景恵・・・満州国崩壊後、ソ連軍に捕まり、中華人民共和国軍に引き渡され、獄中で病死。

Zhang Jinghui・・・ Was caught by the Soviet Union army after the Manchukuo collapse, was handed over by the People's Republic of China army, and died of an illness in prison.


ホセ・ラウレル・・・敗戦前に日本の奈良県に亡命。敗戦後、戦犯の指定を受けて、巣鴨拘置所に収監され、翌年 フィリピン に帰国。反逆罪に問われるも、恩赦で放免。1951年、フィリピンの上院議員に当選し、政界に復帰。

Jose Laurel ・・・.Defected to Nara Prefecture in Japan before defeat. In response to a war criminal's specification, it was imprisoned by the Sugamo prison after defeat, and went back to the Philippines next year. Although accused of the treason, it was released by the amnesty. The senator of the Philippines was won in 1951 and it returned to the political world.


バー・モウ・・・敗戦前に日本の新潟県に亡命。敗戦後、占領軍に名乗り出たが、特赦されて ビルマ に帰国。ビルマ 独立後、政界に復帰。軍事政権下では一時拘禁され、その後、ラングーン(現・ヤンゴン)の自宅で暮らし、84歳で死去。

Bar Moe ・・・ Defected to Niigata Prefecture in Japan before defeat. Although it came forward to U.S. occupation forces after defeat, saying, the special pardon was carried out, and it went back to Burma, and returned to the political world after independence of Burma. Although detained under the military regime temporarily, after that, it lived in the house in Rangoon (expression and Yangon), and died at the age of 84.

ワンワイタヤーコーン・・・戦後、1947年には、タイ国 の国連代表となって、第11回国連総会の議長に就任。タイ国内では、外務大臣、副首相に任命されています。

Wanwai Tayakon・・・Became the U.N. representative of Thailand in 1947, and was inaugurated as the chairperson of the 11th United Nations General Assembly after the war. The Foreign Minister and a deputy prime minister were appointed in Thailand.


スバス・チャンドラ・ボース・・・日本の敗戦で インド 独立が不可能になったと思い、米ソ東西対立を予見して、台湾からソ連に向かおうとして飛行機事故により死去。遺骨は東京都杉並区の蓮光寺に埋葬。インド では、独立に尽した人物として尊敬され、今も インド の国会議事堂に肖像画が掲げられているそうです。

Chandra Bose ・・・Thought that the independence of India became impossible by defeat of Japan, U.S.-Soviet confrontation was foreseen, and it tried to go to the Soviet Union from Taiwan, and was killed in the plane crash. Ashes were buried in a temple of Suginami-ku, Tokyo. It is said that it is respected as a person who rendered independently and the portrait is still hung up over the Diet Building in India.




  カイロ会談・テヘラン会談  Cairo talk・Teheran talk

第二次世界大戦で、日本 が対米英戦争を始めてから、表のように、連合国首脳が集まった会談が何回もありました。After Japan began the war for the U.S. and Britain by World War II, there was a talk for which Allies leaders gathered as shown in a table repeatedly.

このうち、昭和18年(1943年)11月22日 カイロ会談、それに続く11月28日テヘラン会談 は、イタリアの降伏を受けて、連合国首脳が、今後の戦争の進め方と戦後処理を取り決めたものです。

Among these, the
Cairo talk on November 22, 1943 and the Teheran talk on November 28 following it decide on processing how Allies leaders advance future war in response to surrender of Italy, and after the war.

米・英・中の首脳による、エジプトカイロでの会談の議題は、日本に対するものでした。そして、発表した カイロ宣言 の内容は、次のようなものでした。

The subject for discussion of the
talk in Cairo in Egypt by the leaders of the United States, Britain, and China was against Japan. And the contents of announced Cairo Declaration were as follows.

 (1) アメリカ・イギリス・中華民国の3国は、最後まで対日戦争を継続する。
 (2) 日本の降服は、無条件降伏とする。
 (3) 満州・台湾・澎湖(ほうこ)諸島など、中国から奪った領土を中華民国に返還させる。
 (4) 日本が第一次大戦で領有した太平洋の全島を奪還する。
 (5) 日本が暴力で占領した全領土を剥奪する。
 (6) 朝鮮を独立させる。


この カイロ宣言 での、領土に関する取り決めは、昭和20年(1945年)8月の、ポツダム宣言 に受け継がれることになります。

(1) Three countries of U.S. Britain and the Republic of China continue anti-Japanese war to the last.
(2) Surrender of Japan is taken as unconditional surrender.
(3) Make the Republic of China return the territory taken from China, such as Manchuria, Taiwan, and Penghu.
(4) Japan recaptures the all of the island in the Pacific Ocean possessed by the First World War.
(5) Japan snatches all the territories occupied by violence.
(6) Make Korea independent.

The agreement about the territory in this Cairo Declaration will be inherited by the Potsdam Declaration in August, 1945.

カイロ会談の各国首脳
(左より、蒋介石・ルーズベルト・チャーチル)

The head of each country of the Cairo talk
(From the left, Chiang Kaishek
Roosevelt Churchill)
テヘラン会談の各国首脳
(左より、スターリン・ルーズベルト・チャーチル)

The head of each country of the Teheran talk
(From the left, it is Stalin Roosevelt Churchill)
カイロ宣言 については、日本の新聞でも一面トップで採り上げられました。しかし、その見出しは次ぎのようでした。

 「カイロ会談・敵傲慢の決議 戦局破綻を糊塗(こと) 蒋を躍らせ躍起の謀略」 
 (朝日新聞 昭和18年(1943年)12月2日夕刊)

About
Cairo Declaration, it was taken up at the top of the whole surface also in the Japanese newspaper. However, the title seemed to be the next.

"Cairo talk, enemy makes a haughty resolution. Patch up the war situation breakdown, Chiang Kaishek is made to dance, and it is the all out plot " (space on December 2, 1943 of Asahi Shimbun).


カイロ会談 を終えた ルーズベルト米大統領チャーチル英首相 は、イランの首都・テヘラン に飛び、ソ連 スターリン書記長 と会談。テヘラン会談 の内容は、ヨーロッパの今後と日本について、フランス上陸作戦ドイツ降伏後の処理ソ連の対日参戦 などでした。

U.S. President Roosevelt and the Churchill prime minister of Great Britain who finished the
Cairo talk flew to Teheran , the capital of Iran, and conferred with Chief Secretary Stalin of the Soviet Union. At the Teheran talk, it spoke about the landing operations to France, the processing after the German surrender, anti-Japanese participation in the war of the Soviet Union, etc. about the future of Europe, and Japan.



  きびしさ増す都市の食糧事情・会社の農場を手伝い野菜をもらう
   The food situation of the city which became severe

昭和18年(1943年)の後半
。戦争の緊迫化とともに、すべての物資が軍優先となって、日本国内の国民生活が一段と苦しくなってきました。

The second half of 1943. All the goods serve as army priority with tension-ization of war, and the life of the people in Japan is becoming painful much more.

   大 豆 粕  soybean meal
とくに都市部での食糧が不足し、米の配給が減らされ、米の代わりに、小麦粉 豆粕(まめかす・大豆粕) などの代用食品が配給されるようになりました。

Especially the food in urban areas running short, and distribution of rice being reduced, and instead of rice, flour,
soybean meal (the powder which ground the soybean after squeezing out soybean oil ) etc,. these substitutive foods came to be rationed.

米も白米ではなく、七分搗(つ)半搗き米 が配給されました。最後には、二分搗き米 も配給されたと記憶しています。

半搗き米 などは、固くて味も悪く、消化にも良くないので、各家では、びんの中に半搗き米を入れ、長い棒で何度も搗いて、ぬかを取ってから食べました。

小麦粉 も、今スーパーなどで売っているような上質のものではなく、ふすま(小麦の皮の屑)の混じった質の悪いものでした。これをこねて丸めて、団子汁 にして食べました。

豆粕 とは、大豆の油を絞った残りかすで、本来は人間の食べるものではなく、家畜の飼料です。それを米に混ぜて、豆粕入り御飯 にして食べました。写真は現在のもので、戦争中に配給された 豆粕 は、もっと黒っぽいものでした。

このころ、銀行勤めの姉が、同系の会社の運営する滋賀県の S農場 に、他の銀行員たちと共に勤労奉仕に行き、その後しばらく、その農場の経理や帳簿記入を依頼されて通勤しました。それで、ときどき私も姉に同行し、S農場 の農作業を手伝って、野菜をもらって帰るようになりました。

大きな工場を持つ会社は、工場で働く人たちの食糧確保のため、自社農場を持って、近辺の農家の人たちを雇い、稲作・野菜栽培・養豚などを手がけるのが始まっていました。

Companies with a big factory employed the farmers of the neighboring, with the its company farm for food reservation of people who work at a factory, and dealing with a rice crop, vegetable cultivation, hog raising, etc. had started.



    前のページ Back    次のページ Next Page

     目次ページ へ     to Table of Contents