連合国軍総反攻
Total counterattack by the Allied Forces  

  アメリカの島伝い作戦・・・日本守備隊の玉砕相次ぐ  
    Island along strategy of the U.S. Forces
   Japanese garrison's
honorable-death

昭和18年(1943年)秋
、アリューシャンの アッツ・キスカ両島 を奪回し、ソロモン諸島・ニューギニア を制して、オーストラリア を安泰としたアメリカ軍は、他の東南アジアの日本軍占領地をそのままにして、中部太平洋を島伝いに攻める作戦 に出ました。

The U.S. Forces are Aleutian in the autumn of 1943. Attu and Kiska were recaptured. Furthermore, Solomon Islands and New Guinea were controlled and Australia was made safe. Subsequently, the U.S. Forces left the Japanese army occupied territory in other Southeast Asia as it was, and appeared in the strategy which attacks the central part Pacific Ocean along the islands.

タラワ島 日本軍陣地を破壊攻略したアメリカ軍
Tarawa island  The U.S. Forces which did
destructive capture of the Japanese camp place
クェゼリン島 アメリカ兵士の火炎放射器による攻撃
Kwajalein Atoll  The American serviceman
 who attacks with a flame thrower
マッカーサー は、ニューギニア から フィリピン に進攻する作戦を考えていたようですが、アメリカ統合参謀本部はこれを聞き入れず、ギルバート諸島 (現・キリバス共和国) と マーシャル諸島 (現・マーシャル諸島共和国) の攻略を命令しました。アメリカ統合参謀本部は、南洋の島伝いに、海軍の基地と飛行場を建設できる島を次々に占拠して、早く日本本土を空襲、攻撃する作戦を優先したのです。

Genderal MacArthur was considered the strategy which advance from
New Guinea to the Philippines. However, the U.S. Joint Chiefs of Staff ordered capture of Gilbert Islands (present ・Republic of Kiribati) and the Marshall Islands (present・ Republic of the Marshall Islands) without granting this.
The U.S. Joint Chiefs of Staff occupied one island after another where a naval base and airfield can be built along the island in the South Pacific, and gave priority to the strategy which carries out the air raid of the mainland of Japan early.


昭和18年(1943年)11月10日、ハワイ真珠湾を出発したアメリカ軍は、昭和18年(1943年)11月21日ギルバート諸島 ブタリタリ環礁(マキン環礁)タラワ島 に上陸しました。日本軍守備隊が頑強に抵抗したので、アメリカ軍は上陸後に同士討ちをするなど、攻撃に手こずりましたが、衆寡敵せず、4日後の11月25日マキン・タラワ の日本軍は、ついに全員 玉砕 しました。

The U.S. Forces which left Hawaii Pearl Harbor on November 10, 1943 are Gilbert Islands on November 21. It landed at the Butaritari lagoon island (Makin lagoon island) and the Tarawa island. Since the Japanese army garrison resisted stubbornly, the U.S. Forces had much trouble. But the Japanese army of Makin and Tarawa died an honorable death all the members at last on November 25 four days after.

エニウェトク環礁へのアメリカ軍の上陸
Landing of the U.S. Forces
to Eniwetok Atoll
エニウェトク環礁・空と陸からのアメリカ軍の攻撃
Attack of the U.S. Forces to Eniwetok Atoll
from sky and land
年を越した、昭和19年(1944年)2月1日、アメリカ軍は、マーシャル諸島 を攻撃しました。マーシャル諸島 は、日本が第一次世界大戦に勝利して得た、戦前からの事実上の領有地です。

The U.S. Forces attacked the
Marshall Islands on February 1, 1944 of the next year. The Marshall Islands is a possession place from the prewar days which it got by Japan defeating World War I.

ギルバート諸島 マキン環礁 タラワ島 の攻略に苦戦したアメリカ軍は、空母12隻、兵員8万の大兵力で、マーシャル諸島 クェゼリン環礁(かんしょう) に来襲しました。アメリカ軍は、上陸前に、猛烈な艦砲射撃と空爆で、周辺の島々の日本軍陣地に攻撃を加えて、制海権、制空権を確保しました。

The U.S. Forces which had a close game to capture of the Makin lagoon island in Gilbert Islands and the Tarawa island attacked to Kwajalein Atoll in the Marshall Islands by the large military power of 12 aircraft carriers and personnel 80,000.

そして昭和19年(1944年)2月2日クェゼリン環礁 クェゼリン・ルオット・ナムル の島々に上陸。上陸前の砲爆撃で、すでに多くの戦死者を出していた日本軍は、4日後の2月6日、最後の突撃を敢行し全滅、玉砕 しました。

The U.S. Forces carried out the violent bombardment from a warship and air strikes before landing, attacked the Japanese camp place of surrounding islands, and secured naval supremacy and air control. And it landed at islands of the
Kwajalein Luotto namul of Kwajalein Atoll on February 2, 1944. The Japanese army which is gun bombing before landing and had already taken out many persons killed in war ventured the last rush, and died an honorable death on February 6 four days after.

次いで、昭和19年(1944年)2月18日に、マーシャル諸島 エニウェトク環礁 にも、アメリカ軍が上陸しました。エニウェトク環礁 内の、エンチャビ・メリレン・エニウェトク 各島の日本守備隊3千名も、クェゼリン環礁 と同様の攻撃に曝され、5日間で全滅、玉砕 しました。

Subsequently, the U.S. Forces landed also at Eniwetok Atoll in the Marshall Islands on February 18, 1944.3000 Japanese garrisons of each island in Eniwetok Atoll were also put to the same attack as Kwajalein Atoll, and were wiped out in five days.

エニウェトク環礁 は、クェゼリン環礁 より マリアナ諸島 に近く、アメリカ軍は、こうして島伝いに、マリアナ諸島 攻撃の拠点を次々に確保してゆきました。

Eniwetok Atoll was closer to the Mariana Islands than Kwajalein Atoll, and the U.S. Forces secured one base of the attack to the Mariana Islands after another to along the island in this way.

そして、そのころ、アメリカ国内では、日本本土空爆用の 長距離大型爆撃機・B29 の大量生産が進んでいました。さらに、原子爆弾製造開発のマンハッタン計画 も始まっていました。ただ、こんなことは、日本国民が全く知らないことでした。

And mass production of B29,the long-distance large-sized bomber and for mainland-of-Japan air strikes was progressing in U.S. at the time. Furthermore, Manhattan Project of atomic bomb manufacture development had also started. However, such things were that the Japanese do not know at all.




   インパール作戦敗北・・・ビルマの地獄
     Defeat of the Imphal strategy ・・・Hell of Burma

昭和19年(1944年)
に入って、アメリカ軍は、日本本土空襲が戦勝の早道と決めて、南洋諸島の島々を次々に攻略してゆきました。

Entering in 1944, the mainland-of-Japan air raid decided the U.S. Forces to be a victorious shortcut, and they captured islands of the South Sea Islands one after another.


イギリス は、ヨーロッパ戦線でドイツ軍が劣勢となったのを見て、チャーチル首相 が、カサブランカ会談で ルーズベルト・アメリカ大統領 に約束した、日本への反攻を始めようとしていました。

Britain tried to begin the counterattack to Japan which Prime Minister Churchill promised to Roosevelt U.S. President by Casablanca Conference, finding that the German army became inferior in strength in the Europe battle line.

     
カサブランカ会談での
ルーズベルト(左)とチャーチル(右
)
Roosevelt (left) and Churchill (right) in
Casablanca Conference
そのため、イギリス は、マウントバッテン将軍 率いるインド駐留のイギリス軍を増強し、インド人部隊や ネパール の グルカ兵 まで動員して、ビルマ奪回を目指しました。

Therefore, Britain reinforced the British army of stationing in India led by General Mountbatten, and also mobilized even the Indian unit and the Gurkha soldiers of Nepal, and aimed at the
Burma recapture.

一方、日本陸軍は、インド東部の インパール を攻め取る作戦を立てました。当時、日本軍は、ビルマ の大部分を押さえ、中華民国・蒋政権へのビルマルートを封鎖していましたが、大型輸送機による重慶への援助は続いていました。インパール作戦 は、これを断ち切ろうとして、決定されたようです。

On the other hand, the Japanese army stood the strategy which attacks
Imphal in eastern India. Although the Japanese army of those days pressed down the great portion of Burma and Burma Road to Chiang Kaishek Administration of the Republic of China was blocked, the assistance to Chongqing by the big transport from India continued. It seems that the Imphal strategy tries to cut this off and was determined.

しかし、そのころには、連合国の兵器厰(へいきしょう)となった アメリカ から、新式の銃砲や軍用機が到着し、それらは輸送機によって、中華民国軍にも渡されていました。

However, at the time, United States became the armaments factory of the Allies. New-type firearms and warplane arrived from the United States, and those were also passed to the Republic of China army by transport plane.

昭和19年(1944年)3月8日、日本軍の作戦が開始されましたが、後方支援や補給の確保に、司令官と師団長などの間で意見の不一致があったそうです。そして、決定された軍の進め方は強行過ぎて、武器・弾薬・食糧の補給に無理が生じました。

It is said that reservation of logistic support or supply had disagreement of an opinion between a commander, a divisional commander, etc. although the strategy of the Japanese army was started on March 8, 1944. And unreasonableness produced how to advance the determined army in supply of , arms, ammunition, and food.

     
ビルマ戦線のグルカ兵
The Gurkha soldier of the Burma battle line
作戦が順調だったのは初期だけで、イギリス軍は日本軍を インパール に誘い込み、補給を絶つ作戦に出ました。イギリス軍は制空権を握り、補給部隊を空から徹底的に攻撃して、糧道を絶ったので、日本軍各部隊は次第に飢餓状態になってゆきました。

It is only the first stage that whose strategy was favorable and the British army appeared in the strategy which invites a Japanese army into Imphal and severs a supply route. Since the British army grasped air control, the supply unit was thoroughly attacked by airplane and food supply route was severed, each part party of a Japanese army was in starvation gradually.

4月に入って、例年より早く雨季になり、雨中での戦闘の結果、日本軍将兵に病者・餓死者が続出。作戦継続は不可能と判断した師団長らは撤退を進言しましたが、後方の司令官は作戦継続を厳命し、師団長3人を戦地で解任するという異常な事態になりました。

Since it entered in April and the rainy season came earlier than an ordinary year, the sick and death-from-starvation persons occurred one after another to Japanese army soldiers by battle in rain. Although the divisional commanders who judged that strategy continuation was impossible advised withdrawal, the commander in behind became an unusual situation of having strictly ordered strategy continuation and dismissing three divisional commanders in a battlefield.

7月4日になって、日本の大本営は インパール作戦 の失敗を認め、作戦中止を命じましたが、もうそのころには、日本軍にほとんど戦力は無く、イギリス軍は、退却する日本兵を、なおも空陸から攻撃しました。

Becoming on July 4, the Imperial Headquarters in Japan accepted failure of the
Imphal strategy, and ordered the strategy stop.However, at the time, military power has already been lost almost in the Japanese army, and the British army attacked the Japanese soldier who retreats still more.

退却路には餓死兵の死体や、雨に洗われた白骨が横たわるむごたらしい有様で、敗走する日本兵たちは、この退却路を「白骨街道」と呼んだといわれます。

It was a brutal state to which the bleached bones washed by the death-from-starvation soldier's body and rain lie in a retreat way. The fleeing Japanese soldiers are said to have called this retreat way the "bleached-bones highway."

撤退は10月まで続き、ビルマ 中部の マンダレー で、ひとまず軍をまとめましたが、投入兵力8万6千人のうち、戦死者・餓死者3万人、傷病者4万2千人という、ガダルカナル島 の4倍もの死傷者を出し、事実上の壊滅でした。

Withdrawal continues till October and is Burma. Mandalay of the central part The army was summarized for a while. However, among 86,000 injection military power, the person killed in war and the death-from-starvation person took out no less than 4 times as many casualties called 30,000 people and 42,000 sick persons as the Guadalcanal Island, and were de facto annihilation.


ビルマ戦線でのスティルウェル中将(左)
とマウントバッテン将軍(右)
Lieutenant General Stilwell (left) and General
Mountbatten (right) in the Burma battle line
日本軍に随行してともに戦った、自由インド仮政府軍 6千人も、全滅に近い状態だったようです。

It seems that the 6000 free India temporary government troops which attended the Japanese army and fought were also in the state near total destruction.

勝利したイギリス軍も、充分な補給を受け、制空権も確保していながら、インパール作戦 で1万8千人の戦死者を出しました。この戦死者数は、この戦いがいかに激しかったかを物語っています。

While air control had also secured the British army which won in response to sufficient supply, 18,000 persons killed in war were taken out with the
Imphal strategy. It is being told how this battle of this body count was intense.

一方、インパール作戦 で手薄となった、ビルマ北部の要衝・ミートキーナ は、アメリカの スティルウェル中将 率いるアメリカ・中華民国連合軍に攻められ、昭和19年(1944年)8月2日、陥落。

Myitkyina of the important place in northern Burma which became scanty with the
Imphal strategy on the other hand was attacked by the Allied Forces of the United States led by Lieutenant General American Stilwell, and the Republic of China, and fell on August 2, 1944.

また、ビルマ から 中国・雲南省 に入って、ビルマルートを押さえていた、拉孟(らもう)と騰越(とうえつ) の日本軍守備隊は、アメリカ軍人に訓練され新式銃砲を手にした、中華民国の大軍に包囲され、激戦ののち、昭和19年(1944年)9月7日13日玉砕 しました。太平洋の島での 玉砕 はいくつもありましたが、大陸での 玉砕 は、初めてでした。

Moreover, the Japanese army garrison of Ramou and Touetsu who went into Yunnan in China from Burma and was pressing down Burma Road was surrounded by the large force of the Republic of China which was trained by U.S. Forces people and gained new type firearms, and died an
honorable death after the severe battle in September, 1944. Although there was a lot of honorable death on a Pacific island, an honorable death on a continent was the first.

ミートキーナでの連合軍の物資空輸
Goods air transport of
the Allied Forces in Myitkyina
インパール作戦 の中止と、拉孟・騰越の玉砕 は、当時の新聞でも報道されました。しかし、ビルマ戦線が、これほどまでにひどい敗北だったというのは、戦後になって知ったことです。

The stop of the Imphal strategy and an honorable death of Ramou and Touetsu were reported by the newspaper of those days. However, the Burma battle line's having been such a defeat like this severe to until is having become and got to know at the postwar period.

ビルマ戦線 では、このあとも日本軍の後退が続き、翌昭和20年(1945年)になって、それまで日本側で戦っていた アウン・サン将軍(アウン・サン・スーチーの父) 率いる ビルマ義勇軍 は、日本を見限って連合国側に寝返りました。

In the Burma battle line, also after this, retreat of the Japanese army continued and it was set to following 1945, and the Burma volunteer army led by General Aung San (Aung San Suu Kyi's father) who was fighting by the Japan side till then abandoned Japan, and went over to the Allies side.

そして、ついに首都 ラングーン(現・ヤンゴン)  からも撤退せざるを得なくなり、日本軍は ビルマ の一角に追い詰められて、昭和20年(1945年)8月15日の敗戦を迎えることになります。

And, at last, capital Rangoon (expression and Yangon) from -- it cannot but withdraw -- a Japanese army in Burma was driven into one corner and the defeat on August 15, 1945 was greeted.

インパール作戦 は、補給線を軽視した杜撰(ずさん)な作戦のため、日本陸軍史上、歴史的な敗北となり、その後も、無謀な作戦の代名詞のように言われています。

The careless strategy with which the
Imphal strategy made light of the supply route sake -- a Japanese army in history -- it becomes a historical defeat and, also after that, says like the pronoun of reckless strategy.



     学徒勤労動員・・・ああ! 紅(くれない)の血は燃ゆる
    Student labor mobilization

昭和19年(1944年)4月
、私は商業学校4年生になりました。このころには、自由な商売はできなくなり、戦時統制経済 のもと、すべての物資は 配給制切符制 によって供給されていました。供給されているといっても、食糧も衣料も粗悪な品ばかり、それも滞りがちでした。

I became a fourth-year student in a business school in April, 1944. Trade free at this time becomes impossible, and is all the goods by wartime control economy. A distribution system and ticket system It was supplied. Although supplied, it also tended to be overdue only about elegance also with food and crude garments.

学徒勤労動員で働く女学校生徒
The girls' school student who works
by student labor mobilization
私の家の商売も、商品が統制品になって、月に1〜2回、配給用に決まった量が入荷するだけ。売る値段も決められていて、翌日には売り切ってしまうので、店を閉めている日がほとんどでした。口銭(こうせん)も少ないので、生活費の大部分は、父が蓄えてきた預貯金でまかなっていました。

Also in the trade of my house, all the goods turned into a controlled article, and the quantity it was decided as an object for distribution arrived only ones or twice in a month. Since the price to sell is also decided and it sold out on the next day, the day which has shut the store was almost the case. Since there were also few commissions, most living expenses were covered with the savings which the father has saved


配給用に入荷する商品を、一部隠して、高い値段で横流しする、つまり (やみ)取引 をする店もありましたが、見つかれば警察で処罰されるので、生真面目な父は、闇取引をしませんでした。

There was also a store which hides some goods which arrive to distribution and black-markets at a high price. However, since it was punished at the police when found, the serious father did not black-market.

この年、昭和19年(1944年)4月 から、学校の授業は、軍事教練を除いて、すべて無くなりました学徒勤労動員 が本格的に始まったのです。学徒勤労動員 とは、軍需品生産の深刻な労働力不足を補うために、中等学校以上の生徒・学生を、男女を問わず、軍需工場や食糧増産に動員したもので、前年に 「学徒戦時動員体制確立要綱」  が政府の閣議で決められていました。

The lesson of a school disappeared from April of this year (1944) altogether except for the military drill.
Student labor mobilization It started completely. With Student labor mobilization, in order to compensate a serious labor shortage of munitions production, the student and student more than a secondary school are mobilized to a munitions factory or food production increase regardless of man and woman. The "student wartime mobilization system establishment outline" was decided at the governmental cabinet meeting in the previous year

私の在学する商業学校の向かい側は、大手の精密機械製造会社の工場で、私たちは、その会社の軍用機用メーター類、高度計・速度計・ブースト計(エンジンの過給圧を示す計器)などの、製作部門で働きました。

The opposite side of the business school is a factory of major precision instrument manufacturing companies, and we worked in manufacture sections, such as meter for warplanes of the company, an altimeter, a speedometer and a boost gage (meter in which engine supercharging pressure is shown).

仕事は、すでに組み立てられた計器類の指針の動きを、大型の注射器のようなものを使って、手動で空気圧を掛け,標準品と同じ動きをするように調整する作業です。
     
工場となった商業学校校舎(当時)
The business school school building
used as a factory (that time)
調整の終わった品は、サーモスタットに入れ、温度を上げても針がぶれないのを確認したのち、会社の本検査へ出します。

A student's work is the work adjusted so that air pressure may be manually hung for a motion of the already assembled indicator of meters using a thing like a large-sized injector and the same motion as standard goods may be carried out. Even if the elegance which adjustment finished was put into the thermostat and raised temperature, after it checked that a needle did not blur, it was taken out to the final inspection of the company.


この年の中ごろから、授業の無くなった学校の教室を作業場に使うことになり、勉強机を除け、作業台を置いて、仕事をしました。いわゆる 学校工場 です。時々、交代で、市内の家屋の取り壊しなどの作業にも、出動させられました。これは重労働でした。

It worked by using for a workplace the classroom of the school which whose lesson lost from the middle of this year, removing a study desk, and placing a working table. It was called a school factory. You were made to sometimes be mobilized by turns by the work of demolition of a house in the city etc. This was hard work.


学徒勤労動員 はすべて無報酬でした。お国のためとは言いながら、ただ働きの強制労働でした。ですから、私どもの年代は、まともに中等教育を受けていない世代なのです。

All student labor mobilization was gratuitous. For the country, it was the forced labor of work without pay, saying. Therefore, our age is a generation who has not received secondary education directly.

昭和19年(1944年)9月学徒勤労動員 を賞賛する歌が作られました。「ああ! 紅(くれない)の血は燃ゆる」 です。この歌を学徒出陣の歌と思っている人が多いのですが、これは 学徒勤労動員 を称え励ます戦時歌謡です。

The song which will admire
student labor mobilization in September, 1944 was made. Although there are many people who regard this song as the song of departure of students for the war front, this is a war song which praises and encourages student labor mobilization.

この歌の歌詞は四番まであります。一番の歌詞だけを見ると、学徒出陣の歌のようですが、二番、三番の歌詞を見ると、学徒勤労動員の歌であることが分かります。

      (一)  花もつぼみの 若ざくら  五尺のいのち 引っさげて
          国の大義に 殉ずるは  我ら学徒の 本分ぞ
          あ、あ、くれないの血は燃ゆる


      (二)  あとに続けと 兄の声   今こそ筆を 投げ打ちて
          勝利揺るがぬ 生産に  勇み立ちたる つわものぞ
          あ、あ、くれないの血は燃ゆる


      (三)  君は鍬(くわ)とれ 我は鎚(つち) 戦う道に 二つなし
          国の使命を 遂(と)ぐるこそ 我ら学徒の 本分ぞ
          あ、あ、くれないの血は燃ゆる・・・・・


戦争末期を象徴するような、悲壮感あふれる曲調で、この時期に作られた戦時歌としては、すぐれた曲だと思います。「ああ! 紅の血は燃ゆる」 は YouTube で聴くことができます。

この年・昭和19年(1944年)徴兵年齢の満17歳への引き下げ、が決まりました。それを聞いて、5月に、2歳上の兄が東京の陸軍通信兵学校を受験して合格し、東京へ行きました。ただの一兵卒で徴兵されるよりは・・・、との決心からでした。 

この年の秋、私は脚の病気になって入院。手術して、50日も学校を休みましたが、学徒勤労動員 で授業がないのですから、学業に遅れることはありませんでした。私の退院前に、この病院は軍の病院に指定され、一般人は、予定よりも早く退院させられました。



    連合国軍、ノルマンディに敵前上陸・・・パリ解放
    Allied force lands at Normandy in front of the enemy.
  
Paris release

     
    アメリカ戦艦ネバダの艦砲射撃
The bombardment from a warship
of U.S. battleship Nevada
 
     
昭和19年(1944年)6月6日イギリス南海岸 に集結していた、アメリカ・イギリス軍に自由フランス軍などを加えた連合国軍は、イギリス海峡を渡って、フランス・コタンタン半島の ノルマンディ に上陸作戦を開始しました。

The allied force who added the free France army etc. to the U.S. Forces and the British army which had concentrated to the south British shore, on June 6, 1944, crossed the English Channel, and started landing operations to
Normandy in Cotentin Peninsula in France.

連合国軍最高司令官は、のちにアメリカ大統領となった アイゼンハウアー。上陸軍団の最高指揮官はイギリス モントゴメリー元帥。迎え撃つドイツの司令官は、ルントシュテット ロンメル の両元帥。

Supreme Commander for the Allied Powers was Eisenhower who became U.S. President behind. The high command of the landing army corps was General British Montgomery. The commanders of Germany which meets were both the marshals of Rundstedt and Rommel.

作戦は、夜間の落下傘部隊の降下から始まりました。これは、ドイツ軍が、海岸線に沿って多数の地雷を埋設していたからです。続いて上陸地点への艦砲射撃と空爆。次いで上陸用舟艇による敵前上陸敢行。上陸軍は次々に送り込まれ、最終的には総勢300万に達したそうです。史上最大の上陸作戦 でした。

Landing operations began from descent of paratroops at night. It is because the German army was laying many mines underground along the coastline. Then, after carrying out the bombardment from a warship to a landing place, and air strikes, landing in front of the enemy by a landing craft was ventured. It is said that one landing army after another was sent in and eventually amounted to 3 million all members. They were the greatest ever landing operations.


         
   敵前上陸する連合国軍兵士
Allied force soldier who lands in front of the enemy
   連合国軍の揚陸(オマハ・ビーチ)
Allied force's unloading (Omaha Beach)
 
         
これに対して、ドイツ軍は必死に抵抗しました。このため、連合国軍は、ノルマンディ 地方全域の占領に、2ヶ月以上を要しました。しかし、こうして、フランス西部戦線ができたために、ドイツ軍はヨーロッパの東西両面で戦闘することになって、両戦線とも次第に退却を余儀なくされました。.

On the other hand, the German army resisted desperately. For this reason, occupation of the
Normandy district whole region took the allied force two months or more. However, since the western front was made in this way in France, the German army will battle by east-and-west both sides of Europe, and both battle lines began to retreat gradually.

同年8月24日パリ のドイツ軍降伏フランスの首都 パリ は解放されました。ヴィシー政府 は崩壊し、自由フランス軍の総帥 ドゴール は、パリ に臨時政府を樹立しました。

The German army of Paris surrendered on August of the same year 24. Paris, the capital of France ,was released. Vichy Government collapses and De Gaulle,the chief of a free France army,.established the provisional government in Paris .


    前のページ Back     次のページ Next Page

    目次ページ
          to Table of Contents