日米南海の激闘
A fierce fight in the south sea of Japan-U.S
      
     レイテ沖海戦・・・日本連合艦隊壊滅
     Offing naval battle of Leyte ・・・
    Japanese combined fleet annihilation


昭和19年(1944年)10月、フィリピンの レイテ島 沖に、大
艦隊に護られたアメリカの輸送船団が近接しました。

The sea convoy of the United States protected by Grand Armada off Leyte in the Philippines approached in October, 1944.

出撃する戦艦・武蔵 battleship Musashi which sorties
10月23日、レイテ島 沖のアメリカ艦隊に対して、日本海軍は残された軍艦を総動員して、海戦を挑みました。 レイテ沖海戦(フィリピン沖海戦) です。

The Sea of Japan army mobilized the left-behind warship fully, and challenged to the naval battle to the U.S. fleet off Leyte on October 23. It is
offing naval battle of Leyte (offing naval battle of the Philippines).

アメリカ側は、正規空母8、軽空母22、戦艦12、巡洋艦ほかを合わせて167隻の大艦隊と航空機1280機。これに対して、日本側は、正規空母1、軽空母3、戦艦9、巡洋艦ほかを合わせて63隻、艦載機116機でした。

The United States sides were Grand Armada of 167 boats in all, 1280 airplanes about eight regular aircraft carriers, 22 small aircraft carrier , 12 battleships, a battle cruiser, etc. On the other hand, the Japan side was 63 boats and 116 ship airplanes by which one regular aircraft carrier, three small aircraft carrier, nine battleships, a battle cruiser, etc. are set.


日本海軍は、残された連合艦隊の艦船ほぼすべてをこの海戦に投入し、劣勢は覚悟の上で、最後の決戦を挑んだのです。大和武蔵の2大戦艦も出動しました。

the naval fleet of the combined fleet to which the Sea of Japan army was left behind -- supplying all to this naval battle mostly, inferiority challenged to the last decisive battle on preparedness. Two great warships of Yasmato and Musashi were also mobilized.


フィリピン の飛行場にあった 日本 の攻撃機500機余もこの海戦に加わり、海軍では、特攻隊(特別攻撃隊の略) が初めて出撃しました。

Philippines A little more than 500 attack planes of Japan located at the airfield were added to this naval battle, and
suicide attack units (an attack party omits specially) sortied for the first time in the navy

海戦は フィリピン 周辺海域に広がって25日まで続きました。互いに激しく戦いましたが、圧倒的な物量に勝る アメリカ の勝利に終わりました。

The naval battle spread in the surrounding ocean area in the Philippines, and continued till the 25th. The United States which excels the overwhelming amount of resources although fought violently mutually It finished with the victory.

アメリカ側も空母3隻ほかを失いましたが、日本側の損害はそれより大きく、空母4隻すべてを沈められ、武蔵を含む戦艦3隻、巡洋艦7隻ほかも失いました。日本海軍の連合艦隊は、この戦いでほぼ壊滅してしまいました

Although the United States side also lost three aircraft carriers etc., damage of Japan was more serious than it and was able to sink all four aircraft carriers. Three battleships and seven battle cruisers including Musashi were also lost. The combined fleet of the Sea of Japan army has destroyed completely mostly by this battle.


 
日本軍の攻撃で炎上するアメリカ空母・プリンストン
U.S. aircraft carrier Princeton destroyed
by the attack of Japanese army
沈没直前の日本海軍空母・瑞鶴 (出典 Wikipedia)
Japan army aircraft carrier,
Zuikaku,
which began to sink
 
         
日本国内では、レイテ沖海戦 の詳しい戦果は報道されず、その前に行なわれた 台湾沖航空戦 が、大々的に報道されました。それも、日本軍が多数の航空機を失ったのに、大本営は アメリカ の機動部隊を撃滅したかのように発表し、その戦勝を祝う歌まで作られました。

In Japan, the detailed success in battle of the offing naval battle of Leyte was not reported, but the offing aerial warfare of Taiwan before that was reported on a grand scale. As for it, although the Japanese army lost many airplanes, the Imperial Headquarters were made to the song which announces as if it destroyed the American mechanized unit, and celebrates the victory.

日本国民は、台湾沖航空戦 の戦果を虚偽の報道とは思わず、まだ、戦って勝てる道はあると、一縷(いちる)の望みを持ったのです。

When there was a way which the Japanese still fight involuntarily the success in battle of the offing aerial warfare of Taiwan as a false report, and can win, Japanese people had a ray of hope.


              * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

マリアナ沖海戦台湾沖航空戦レイテ沖海戦 と、日本海軍は、立て続けに敗北を喫しました。開戦時、あれほどの戦果を挙げた日本海軍が弱体化したのは、艦船・航空機・武器弾薬・食糧・物量の差、航空機の性能差、日本側搭乗員の技量低下などが挙げられています。

The Mariana offing naval battle, the offing aerial warfare of Taiwan, offing naval battle of Leyte ,The Sea of Japan army was defeated in succession. That the Sea of Japan army which mentioned such success in battle at the time of the outbreak of war became weak, the difference of the amount of resources, such as naval fleet, airplanes, arms and ammunition, and food, the performance difference of an airplane, the Japan side crew's skill fall, etc. are mentioned.

それに加えて、山本元帥 のあと連合艦隊司令長官となった 古賀峯一 が、昭和19年(1944年)3月31日フィリピン上空を飛行中に嵐にあって殉職。後続機も フィリピン のセブ島沖に不時着。そのとき廃棄したはずの海軍の作戦書類が、フィリピン人ゲリラからアメリカ軍の手に渡っていたことが、戦後になって知らされました。

In addition, after General Yamamoto, while flying the Philippines sky on March 31, 1944, Mineichi Koga which became a combined fleet commander in chief is in a storm, and dies, and also a succession plane.crash-landed off Cebu in Philippines . It became the postwar period that the strategy documents of the navy which must have been then discarded were including the hand of the U.S. Forces from the Filipino guerrilla, and it was told.

日本海軍の戦力は、山本五十六 の対米戦についての言葉通り になってしまいました。

The military power of the Sea of Japan army has become as the Isoroku Yamamoto's language told about the game against U.S. before opening war.



   アメリカ軍、フィリピン奪還へ・・・
アメリカ軍の艦砲射撃で炎上する日本軍陣地
Japanese camp place destroyed by fire by
the bombardment from a warship of the U.S. Forces
   U.S. Forces to the Philippines recapture

昭和19年(1944年)10月20日
、アメリカ軍が、フィリピン レイテ島 へ上陸を開始しました。レイテ島 沖に、大艦隊に護られたアメリカの輸送船団を置いての上陸作戦です。

The U.S. Forces are
Leyte in the Philippines on October 20, 1944. Landing was started. Leyte The sea convoy of the United States protected by Grand Armada was put on the offing, and landing was begun.

アメリカ ルーズベルト大統領 マーシャル参謀総長 は、はじめ、フィリピン 奪回作戦には反対だったそうです。それよりも先に、日本本土を徹底的に爆撃して、台湾か沖縄を取れば、フィリピン をはじめ東南アジアに展開する日本軍は、補給を絶たれて自滅する、と考えたのでしょう。

It is said that American President Roosevelt and Chief of Staff Marshall were opposed to the recapture strategy of the Philippines. Probably, it was thought that the Japanese army which is present in Southeast Asia, such as the Philippines, had supply severed, and ruined itself, when bombing the mainland of Japan thoroughly ahead of it and occupying Taiwan or Okinawa.


しかし、マッカーサー にしてみれば、当時の フィリピン アメリカ領 であり、2年前に部下将兵を置き去りにして、 ”I shall return !”  との言葉を残し、オーストラリア へ脱出した苦い思いがありました。それで、犠牲を払ってでも、何とか フィリピン を奪回したかったのです。

However, if it is made MacArthur, the Philippines of those days will make a subordinate's soldiers desertion two years ago in a U.S. territory, and it is "I shall return". There was a bitter experience which left language with and from which it escaped to Australia. Then, even if it paid a sacrifice, I wanted to dare to recapture the Philippines.

レイテ島 攻略に投入されたアメリカ軍兵力は約20万。航空機は4千3百機。猛烈な艦砲射撃ののち、上陸を開始しました。アメリカ軍は、レイテ島 に続いて、フィリピン の各島を攻撃。翌昭和20年(1945年)1月9日には、ルソン島 リンガエン湾 に上陸を開始しました。

There were 4300 airplanes of the U.S. Forces military power supplied to capture of
Leyte for about 200,000 people. Landing was started after the violent bombardment from a warship. The U.S. Forces attack each island in the Philippines following Leyte, and are 。.It landed at Lingayen Gulf in Luzon on the following day, January 9, 1945.

アメリカ軍将兵と共にレイテ島に上陸するマッカーサー
(中央・出典 Wikipedia)
MacArthur who lands at Leyte
with U.S. Forces soldiers (center)
ルソン島 の各地で、日米両軍は激戦を繰り返しましたが、レイテ沖海戦 の敗北で補給の途絶えた日本軍は次第に後退しました。そして、1ヶ月にわたる市街戦の果て、3月3日マニラ が陥落

Although the Japanese and U.S. armies repeated the severe battle in various parts of
Luzon, the Japanese army in which supply stopped in defeat of the offing naval battle of Leyte retreated gradually. And Manila was recaptured on March 3 of the end of street fighting.

その後、日本軍は、6月ごろまで、フィリピン各地 で戦闘を続けましたが、病死、餓死する将兵が続出し、次第に奥地に追い詰められ、組織的な戦闘は終わりました。しかし、降伏するものはほとんど無く、8月15日の日本の敗戦まで、小規模な戦闘が続きました。フィリピン での、日本将兵の戦死・戦病死は33万人を超えるといわれます。

Subsequent Japanese armies are various parts of the Philippines till around June. Although the battle was continued, a death due to sickness and the soldiers that starve to death occurred one after another, it was gradually driven into the hinterland, and the systematic battle finished. However, most things which surrender cannot be found and the small-scale battle to defeat of Japan on August 15 continued. It is said that Japanese army soldiers' battle casualty and a death from a disease contracted at the front in the Philippines exceed 330,000 people.

アメリカ軍は フィリピン に上陸後、各地に飛行場を作り、制空権、制海権を確保して、日本本土からアジア各地を占領している日本軍への補給路を断ちました。

The U.S. Forces were the Philippines. After landing, the airfield was made in various places and air control and naval supremacy were secured. The supply route to the Japanese army which occupies various parts of Asia from Japan was severed.

当時の日本国内では、アメリカ軍が フィリピン に上陸したことは報道されましたが、その後の戦況は、詳しく知らされませんでした。

Although it was reported in Japan of those days that the U.S. Forces landed at the Philippines, the subsequent war situation was not told in detail.


              * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

フィリピン の各島に残留した日本兵は、日本の敗戦を知らされてから、次々に降伏しました。

The Japanese soldier who remained on each island in the Philippines surrendered one after another, after being told defeat of Japan.


ルソン島で戦うアメリカ兵
The American soldiers who fights in Luzon
それから20数年も経ったころ、フィリピンの小さい島・ルバング島 に日本兵がまだ残留していて、その一人が投降したことから、まだ3名が残って、抵抗を続けていることが分かりました。

And when no less than about twenty years had passed, it turned out that the Japanese soldier still remains to
Lubang Island in the Philippines, three persons still remain from the one person having surrendered, and they are continuing resistance.

地元警察やフィリピン軍が捜索を続けるうちに、2名は死亡しましたが、まだ一人が残っていました。この報道は日本にも通報され、探検家・鈴木紀夫 は単身現地に入って、最後の残留軍人・小野田寛郎(おのだひろお) 少尉 との接触・面談に成功しました。

鈴木紀夫 の説得の結果、小野田少尉 も降伏を決意、元上官が作成した命令解除文を受けて、フィリピン軍基地に入り、軍刀を渡して降伏の意を示しました。

小野田少尉 は処刑を覚悟していましたが、投降式に出席したフィリピン マルコス大統領 も、軍司令官も、小野田少尉 を 「忠誠なる軍人」 と褒め称えたそうです。

昭和49年(1974年)3月12日小野田少尉 は、51歳で
日本 に帰国。日本 の敗戦から実に29年が経っていました。しかし、小野田少尉 は、グアム島から帰還した 横井庄一 と違って、まるで別の国のように変貌した 日本 にはなじめず、兄のいるブラジルに赴いて、牧場の経営を始めました。

この小野田寛郎氏、その後は日本とブラジルを行き来し、日本各地での講演活動を続けていましたが、2014年1月に死去しました。享年91歳



  特別攻撃隊・・・見事散ります国のため・・・
  . 
Special attack corps・・・For brilliant death

特別攻撃
(特攻) とは、生還を期さず、自爆して敵艦などを撃破する攻撃を言います。特殊潜航艇などによる海中からの攻撃も含めますが、多くは、航空機に爆薬を積んで、敵艦に体当たりすることを指します。そして、それを実行する集団が 特別攻撃隊(特攻隊) です。

Special attack means specially the attack which self-blasts without expecting a safe return and defeats an enemy ship etc. Although the attack out of the sea by a special purpose submarine etc. is also included, it points out that many load an airplane with an explosive and dash themselves against an enemy ship. The group who performs it is an special attack party (suicide attack units) .

 

 
     
   知覧から見送りを受けて出撃する特攻機
(出典 Wikipedia)

The suicide aircraft which sorties in respons
e to a send-off from Chiran
   関大尉の突入自爆により轟沈するアメリカ空母セントロー
(出典 Wikipedia) 轟沈とは爆撃・砲撃・雷撃を受けた
 艦船が瞬時に沈没すること
Captain Seki's inrush suicidal explosion
・・・U.S. aircraft carrier Centro
 
         
航空機による最初の 特攻 は、レイテ沖海戦 で行なわれました。航空母艦のほとんどを失った日本海軍は、やむなく 特攻 に踏み切ることを決め、その隊長に 関 行男(せき ゆきお)大尉 を選びました。名称は、神風特別攻撃隊敷島隊昭和19年(1944年)10月25日関大尉 はレイテ島 沖で敵空母に突入、見事にこれを撃沈。は、死んで2階級特進、中佐となりました。

The first
special attack by an airplane was performed at the offing naval battle of Leyte. The Sea of Japan army which lost most aircraft carriers decided to plunge into special attack reluctantly, and elected Captain Yukio Seki the captain. The name is the Shikishima party of a kamikaze special attack party. Captain Seki rushed into the enemy's aircraft carrier off Leyte on October 25, 1944, and it sank this splendidly. Seki died, and he became a lieutenant colonel.

海軍に続いて陸軍も 特別攻撃隊 を組織し、昭和20年(1945年)4月以後の 沖縄攻防戦 で、最も多く出撃しました。鹿児島県の知覧(ちらん)が、特攻隊 の出撃基地でした。

Following the navy, the army also organized the attack party specially and sortied most at the Okinawa offensive and defensive battle after April, 1945. Chiran in Kagoshima Prefecture was a sortie base of suicide attack units.

一機一隻撃沈の事実は、連合国軍にも大きな衝撃を与え、”KAMIKAZE”と呼ばれて恐れられたといいます。アメリカ海軍は、軍艦に突入される前に、特攻機 を撃墜するための砲撃に追われました。

The attack which sinks 1 boat by one set also gave the allied force a big shock. It was called "KAMIKAZE" and was afraid. Before rushing into the U.S. navy in the warship, it was busy with the bombardment for shooting down a s
uicide aircraft.

沖縄海域で特攻機の攻撃を受け炎上する
イギリス空母ヴィクトリアス(出典 Wikipedia)

British aircraft carrier Victorious received
t
he attack of a suicide aircraft and destroyed
by fire in the Okinawa ocean space.

沖縄海域で特攻機の攻撃を受けた
アメリカ空母バンカーヒル
U.S. aircraft carrier Bunker Hill which received
the attackof the suicide aircraft
in the Okinawa ocean space

軍歌 「同期の桜」 は、特攻隊員 の歌として知られています。作曲者は大村能章(おおむらのうしょう)。

原曲は昭和13年(1938年)に発表された西条八十作詞の「戦友の唄(二輪の桜)」ですが、広島県江田島の海軍兵学校の在学生によって、種々に替え歌が作られました。一番の歌詞を見てください。

       貴様と俺とは 同期の桜  同じ兵学校の 庭に咲く
       咲いた花なら 散るのは覚悟  見事散ります 国のため・・・・・

 
戦争末期の時局に合った悲壮な曲調と、特攻戦 を表現した歌詞から、特攻隊員 に愛唱されました。同期の桜 YouTube で聴くことができます。

でも、特攻隊員 は、本当にどのような心で、自爆死の攻撃に突っ込んでいったのでしょうか。最初の 特別攻撃隊長 として、アメリカ空母を沈めて散った 関 行男 は、出撃前、海軍報道班員に次のように言い遺したそうです。

But by what kind of the heart did the
kamikaze pilot really plunge into the attack of suicidal-explosion death? Captain Yukio Seki sunk American aircraft carrier as first special attack captain, and died. He told to a navy press crew member as follows before the sortie to .

僕には体当たりしなくても、敵空母に50番を命中させる自信がある。日本もおしまいだよ、僕のような優秀なパイロットを殺すなんてね。僕は天皇陛下のためとか、日本帝国のためとかで行くんじゃないよ。KAを護るために行くんだ。最愛の者のために死ぬ。どうだ、すばらしいだろう!

50番とは、5百キロ爆弾のこと。KAとは、海軍の隠語で””のことです。

"Even if it does not dash itself against me, the confidence which No. 50 is made to hit is on an enemy aircraft carrier. It is that Japan is also in the end and to kill an excellent pilot like me. me - the Japanese empire sake for His Majesty the Emperor - it does not come out and go. I go in order to protect KA. I die for the dearest person. it is how -- probably, it is wonderful ! "

It is a thing of a 500-km bomb in No. 50.  It is a "wife" in a naval cant in KA
.


    前のページ Back       次のページ Next Page

      目次ページ
          to Table of Contents