空襲・日本本土壊滅へ
Air raid ・ To mainland of Japan annihilation
    B29による空襲始まる・敗戦の日までの惨禍
    Air raid by B29 begins ・ The disaster by the day of defeat

アメリカの長距離大型爆撃機B29
ong-distance large-sized bomber B29
B29による焼夷弾投下
Firebomb dropping
by bomber B29
昭和19年(1944年)6月16日、中華民国・四川省の成都から発進した、20機の編隊からなるアメリカの長距離大型爆撃機ボーイングB29 が、北九州に来襲し爆撃しました。これが B29 による日本本土空襲の始まりでした。

20 sets of the long-distance large-sized bomber , Boeing B29, of the United States from which it departed from Chengdu in Sichuan in the Republic of China on June 16, 1944, Kitakyushu was bombed. This was the beginning of the mainland of Japan air raid by B29.

昭和19年(19年)11月24日、マリアナ諸島 の米軍基地から、B29 の編隊が東京に来襲。B29 による東京初空襲です。

The formation of
B29 attacked from the U.S. base in the Mariana Islands to Tokyo on November 24, 1944. It was a first air raid to Tokyo by B29

それ以後、マリアナ諸島 の サイパン島・テニアン島 からの、B29 による日本本土ほぼ全域への爆撃が続きました。昭和20年(1945年)3月10日 東京大空襲 は、後のページに記載しますが、それ以後、大阪・名古屋・神戸・横浜 の大都市、地方の中核都市中小都市まで、日本の大部分の都市や軍事施設が空爆に曝されました。

The bombing by
B29 from Saipan Island and Tinian island in the Mariana Islands to the mainland of Japan whole region continued. Air raid on Tokyo on March 10, 1945 Although indicated to the next page, most the cities and military facilities in Japan were put to air strikes after it to a local major urban area and minor city including the big city in Osaka, Nagoya, Kobe, and Yokohama.

始めのころの空襲は、B29 の機数も少なく、日本の高射砲や戦闘機によって撃墜されるものもかなりありましたが、硫黄島 が奪われてからは、空襲が一段と激しくなりました。

Although the air raid at the time of beginning had considerably the number of machines of
B29, and a thing shot down by a Japanese anti-aircraft gun and fighter few, in the rest, the air raid became more intense after Iwo-jima was taken.

 
  名古屋大空襲の焼け跡 (1945年3月13日)
(出典 Wikipedia)
Burnt remains of the Nagoya air raid (March 13, 1945)
大阪大空襲の焼け跡 (1945年3月14日)
、(出典 Wikipedia)

Burnt remains of the Osaka air raid (March 14, 1945)

空襲は当初、軍事施設や軍需工業地帯を目標に行なわれましたが、次第に市街地全体への 絨毯(じゅうたん)爆撃 に移り、多数の住民が焼死するようになりました。大阪が空襲を受けた翌日、焼け焦げた紙や灰が、京都 の街中へ落ちてきたこともありました。

Although the early air raid was performed for the purpose of military facilities and an ammunition industry zone, it shifts to carpet-bombing to the whole city area gradually, and many residents came to die in the flames. The paper and ashes which burned and burned might have fallen all over the town in Kyoto on the next day when Osaka suffered the air raid.

また、始めのころは8千メートルもの高空を飛んでいた B29 が、迎撃する飛行機がもはや日本側にないと見ると、2千メートルくらいの低空から焼夷弾・爆弾を投下するようになりました。

Moreover, when beginning, and no less than 8000 meters altitude was regarded as there being already no airplane which
B29 which was flying intercepts in the Japan side, it came to drop a firebomb and a bomb from an about 2000 meter low altitude.

静岡大空襲の焼け跡 (1945年6月20日、出典 Wikipedia)
Burnt remains of the Shizuoka air raid (June 20, 1945)
仙台大空襲の焼け跡 (1945年7月10日、出典 Wikipedia)
Burnt remains of the Sendai air raid (July 10, 1945)

B29 による空襲は、敗戦の前夜、秋田市の土崎大空襲まで続いたのです。

The air raid by
B29 continued to the Tsuchizaki air raid of Akita of the previous night of defeat.



   昭和東南海地震・・・国が破れるとき、国土も割れるのか?

     Showa Tonankai earthquake
    When a country is beaten, the land of a country also breaks
?.

昭和19年(1944年)12月7日。このころ、私は脚の病気が治って退院していましたが、まだ歩くのがやや不自由で、学徒勤労動員 もときどき休んでいました。この日が何曜日だったかは覚えていませんが、当時は戦争末期、”月月火水木金金” といわれた時期で、休日は無いに等しい状況でした。

この日、私は自宅にいました。二人の姉は勤め先に、母は子育て中の別の姉のところに行っていて、父と私の二人が家にいました。

昼過ぎ、裏庭から家に入ろうとしたとき、足元が突然ゆれ始めました。なんだろうと思う間もなく家が大揺れに揺れだしました。台所にいた父が 「地震じゃ ! 柱につかまれ!」 と大声で叫びました。

Afternoon on December 7, 1944. When trying to go into a house from a back yard, a step began to shake suddenly. Also while thinking that it would be what, there is nothing and a house began to rock.The father who was present in the kitchen shouted in a loud voice,

  "hold to ! pillar in an earthquake!"


私はすぐ前の大黒柱につかまりました。棚のものが落ちる音がしました。振幅の大きい揺れが、ずいぶん長く続いたように思います。少し揺れがおさまって、見ると、父は台所の戸棚につかまっていました。

I held to the thick, pillar just front. There was sound from which the thing of a shelf falls. The shake with large amplitude thinks that it continued for a long time fairly. After the shake was subsided for a while, when it saw, the father had held to the cupboard of the kitchen.

これが 昭和の東南海地震。初めて体験する プレート大地震 でした。揺れがおさまってから、表へ出てみましたが、倒れたりした家は見当たりませんでした。でも、隣近所の人の顔は、皆青ざめていました。

This is a
Tonankai earthquake of Showa. It was the first plate big earthquake to experience. The house which it was shown after the shake was subsided, but fell was not found. But all the faces of the person of neighborhood had turned pale.

昭和東南海地震による静岡県での列車転覆
(しずおかk氏提供、静岡県中遠県行政センター所蔵写真)
The train overthrow in Shizuoka Prefecture
by the Showa Tonankai earthquake
当時は戦時中。報道は厳重に規制されていて、地震 については翌日の新聞に、「震源地は熊野灘、被害は軽微」 と小さく掲載されただけでした。政府・軍部は、中京工業地帯の軍需工場が大きな被害を受けたことを、敵国に知られないようにしようとしたのです。

しかし、震源地からかなり遠い京都市で、これほど揺れたのだから、大きな 地震 に違いなく、揺れや津波で家がずいぶん潰れているだろうと、だれもが言っていました。アメリカ では、この 地震波 をキャッチして、「日本中央部で大地震発生」 と発表したそうです。

この 地震 について、ずっとのちに分かったことは、紀伊半島東部沖・熊野灘の南海トラフを震源とする巨大地震マグニチュード7.9。三重県・愛知県・静岡県で、地震と津波 による被害甚大。家屋の倒壊・流失2万5千戸以上。死者1200人以上ということでした。

This earthquake was a massive earthquake which makes the Nankai Trough in Kumano Nada the focus. Magnitude is 7.9. Damage was serious although based on an earthquake and tsunami in Mie Prefecture, Aichi Prefecture, or Shizuoka Prefecture. Collapse and a spill of the house were 1200 or more persons in the dead in 25,000 or more houses.

このころ、中京一帯は、飛行機生産工場が多く、この地震によって、軍用機の生産に大きな支障が生じたのです。この 東南海地震 のわずか1ヶ月あまりあとの、昭和20年(1945年)1月13日、愛知県に直下型の 三河地震 が起こり、また千人以上の死者が出て、工場地帯はさらに打撃を受けました。

Chukyo whole, at this time, had many airplane production plants, and big trouble arose in production of the warplane according to this earthquake. A little more than only one month after this Tonankai earthquake, the directly under type Mikawa earthquake happened in Aichi Prefecture, and 1000 or more people were killed to it. The industrial region received the blow further.

東南海地震 の前年の、昭和18年(1943年)9月10日には、鳥取地震 があって、鳥取市が壊滅し、ここでも千人余りの人が 地震 で亡くなっています。このとき、私は京都の街中を歩いていて、思わず道端の電柱につかまりました。

敗戦翌年の 南海大地震 とあわせて、これら 戦中戦後の四大地震。 ”国が破局を迎えるとき、大地震も起こる” そんなジンクスがあるのではないか、と私は思います。

In accordance with the Nankai big earthquake of the defeat next year, the big earthquake happened no less than 4 times the wartime period and immediately after war. I think that there will be such jinx

  "in which a big earthquake also happens when a country greets a catastrophe."


              * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

昭和東南海地震 の被害を示す写真は、当時の軍による報道統制のため、数少ないのです。静岡県の方は写真転載に協力していただけましたが、三重県防災危機管理部 からは、尾鷲の家屋倒壊の写真について、転載も、著作権所有者の氏名通知も拒否されました。

次ぎの東南海大地震南海大地震 が、今世紀前半にも起こるといわれて、各県で防災が叫ばれているのに、三重県 が前回の被害の実情を広く公開配布しようとしないのは、まことに残念なことと私は思います。



   京都の空襲・・・親友の爆死
    The air raid of Kyoto ・・・The best friend's death from explosion

第二次世界大戦で、日本の都市の多くが米軍機の 空襲 によって、大きな被害を受けました。その中で、京都市は、大都市なのに 空襲 されなかった、と思われています。でも、空襲 はありました。大規模な 空襲 はありませんでしたが、爆弾が投下されたのは5回ほど、そのうち死傷者が出たのが2回ありました。

Many of cities in Japan suffered serious damage from the
air raid of the U.S. Forces plane .during the World War II. Kyoto is considered in it that an air raid was not carried out although it was a big city. But the air raid occurred. Although large-scale air raid was not, the bomb was dropped about 5 times, and the remarkable casualties of them came out twice.

                  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

東山馬町空襲による家屋の損壊
(京都新聞提供)
Destruction of the house by the
Higashiyama Umamachi air raid
昭和20年(1945年)1月16日の夜、飛行機の爆音がしてまもなく、私の家から東南の方角で、地響きのような音がしました。外に出て見ましたが、遠くで人の声がするくらいで、別段のことはないようでした。警戒警報も出てなかったので、まさか 空襲 とは思いませんでした。

翌朝になって、これが 空襲 で、何十人もの死者が出た、と知らされて驚きました。私の家から南東700メートル、東山馬町の空襲 です。

そして死者の中に、商業学校同級の も入っていると聞かされて、駆けつけましたが、現場からかなり離れたところに縄が張られ、近寄ることができませんでした。

の家は米屋で、同級生の中で家が近く、1年生のときから仲良しになり、よく一緒に遊び、共に勉強する仲でした。爆弾は の家の屋根を貫いて、の居た二階で爆発、は即死の状態だったとのことです。一階にいた両親は軽傷でした。

東山馬町の空襲 では、 を含めて死者41人、負傷者56人、損壊家屋141戸の被害を受けました。仲のよかった の顔、70年近く経った今も、忘れることはありません。2ヵ月後の卒業式で、学校は を卒業生扱いとしました。

の家のすぐ近くが町内会長の家でした。この町内会長は、将棋の坂田三吉の弟子で、五段の腕前。このときも将棋を指していました。爆弾は町内会長の家の上を飛び越えて、の家などで爆発したのです。

大音響を聞いたこの町内会長は、すぐに表へ出て状況を察し、消火は消防隊に任せ、町内住民を呼び出して、けが人の救出に当たりました。この町内会長は、戦後に京都市長となります。

わずかの距離の差で、16歳の親友・は死に、50歳を過ぎていた町内会長が、戦後に花を咲かせる、本当に人の運命は分からないものです。

                  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

西陣爆撃の爆弾破片(くまおじさんの京都案内より)
 Bomb fragments of the bombing of Nishijin
東山馬町の空襲 より死者が多く出た、上京区・西陣の空襲 は、同年6月26日の昼前に起きました。このとき私は商業学校を卒業して、農林専門学校生として農場実習中でした。

B29 の爆音が聞こえ、しばらくするうちに爆弾の落下音がしたので、全員が畑の畝間に身を伏せ、眼と耳を手でふさぎました。とたんに、ドドーンと地響きを感じました。

落下地点は、私どものいた場所から4km も離れた 上京区智恵光院通り下長者町周辺 でしたが、大型爆弾だったので、すぐ近くに落ちたように感じました。ここでの被害は、死者43人、家屋全壊71戸でした。

  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

戦後に知ったところでは、京都市が 原子爆弾投下の第一目標都市 だったそうです。確かに、京都の街は、周囲を山に囲まれている大都市で、原子爆弾 の破壊力を試すのに最適の地でしょう。

現在の梅小路蒸気機関車館の転車台
The turntable of present Umekoji
Steam Locomotive Museum
ただ、アメリカの学者たちから、文化財の喪失を懸念して、京都奈良を爆撃しないようにとの申し入れが軍にあったそうです。アメリカ軍の中にも、同じ意見があったようです。

ただ、日本 がどうしても降伏しないときには、京都市を原爆で壊滅させ、日本の息の根を止める、こういう計画が決められていたとも聞いています。

原子爆弾投下
の青写真もできていて、投下地点は下京区の梅小路機関庫>(現在の梅小路蒸気機関車館)とされていたそうです。もし投下されていれば、当時の 原子爆弾 でも、半径5kmは瞬時に壊滅、とのことでした。私の家は梅小路機関庫からちょうど5kmの地点です。

    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

京都市は、大空襲 を免れました。しかしそれは、結果として分かったこと。昭和20年(1945年)に入ってからは、空襲警報のサイレンが鳴るたびに、今日はやられるか、明日の番かと、不安緊張の連続でした。

Kyoto escaped the massive air raid. However, it was understanding as a result. It was continuation of whether after entering in 1945, whenever the siren of an air-raid alarm sounds, it bombs today, and uneasy strain.

夜になって、ラジオの防空情報が  「南方海上に、敵機約150機の編隊が北上中」  などと放送すると、どの方面に向かうかが分かるまで、寝られませんでした。服を着たまま、靴を履いたまま、で寝たこともたびたびでした。

When night came and the air defense information on radio broadcast "The formation of about 150 enemy planes is going on the southern sea to north" etc., I was not able to sleep until it understood in which direction it goes. It was also frequent to have slept with to have worn dress and shoes freely worn.


B29 の編隊が関西に向かっていると聞いて、外の疎開跡に掘った防空壕(ぼうくうごう)に入ろうと言うと、父は、

 「お前らだけ行け。わしは、この家が焼かれるなら、生きててもしょうがない。ここで死ぬ

といって動きませんでした。



  ヤルタ会談・・・連合国首脳、戦勝後を協議
    Yalta Conference
   Allies leaders discussed the things after winning the victory.


     
   ヤルタ会談での連合国首脳たち
(前列左から チャーチル・ルーズベルト・スターリン
)
The Allies leaders in Yalta Conference
(From the front row left to Churchill Roosevelt Stalin)
 
     
昭和20年(1945年)1月ヨーロッパ では、東部戦線で、ソ連軍が ポーランド 全土を占領して ドイツ領内 に進攻、西部戦線では、アメリカ・イギリス軍を主力とする連合国軍が、ドイツ領 に攻め込んで、ライン川に迫っていました。

The Soviet Union army will occupy the Poland whole country by Eastern Front in Europe in January, 1945. It attacked in Germany. In the western front, the allied force who makes the U.S. Forces and the British army the main force invaded in Germany, and was approaching the Rhine River.


この時期、昭和20年(1945年)2月4日から、ソ連邦 のクリミヤ半島南端のリゾート地・ヤルタ (現ウクライナ領) で連合国首脳会談が開かれました。ヤルタ会談 です。ここで、第二次世界大戦後の処理が決められ、ヤルタ協定 が締結されました。

The Allies summit meeting was held from February 4, 1945 in resort
Yalta at the southernmost end of krimmer peninsula in the Soviet Union (the present Ukraine territory) at this time. It is Yalta Conference. It opted for processing of the postwar years here, and Yalta Agreement was concluded.

ヤルタ協定 では、戦後のドイツの分割統治、ポーランドの国境策定、バルト3国の処遇などのヨーロッパに関する処理のほか、戦後発足予定の 国際連合 で、アメリカ・イギリス・フランス・ソ連・中華民国(のちの国際連合常任理事国)が拒否権を持つことも決められました。

In Yalta Agreement, it was also decided that U.S. British France, the Soviet Union, and the Republic of China (next United Nations permanent member of the Security Council) had veto in United Nations which is going to be inaugurated after the war besides the processing about Europe, such as postwar Germany's dividingand ruling, border decision of Poland, and treatment of the Baltic States.

さらに、アメリカ ソ連 は、日本 についての ヤルタ秘密協定 を締結しました。その内容は、ドイツ 降伏後3ヶ月以内に ソ連が対日参戦すること、樺太(カラフト)、千島列島などの処遇、などです。

現在も続く 北方領土問題 が、この時期、ここで決められました。

Furthermore, the United States and the Soviet Union concluded the
Yalta confidential agreement about Japan. The contents were treatment of that the Soviet Union holds anti-Japanese participation in the war within three months after the German surrender, Karafuto, the Chishima Islands, etc., etc.

The Northern Territories issue which continues still now was decided to be this time here.



     前のページ Back     次のページ Next Page

     
目次ページ へ     to Table of Contents