政治は空白、食糧は欠乏、病気は蔓延
Politics is blank ・ Food runs short ・ Illness spreads
  政党の復活・・・幣原内閣総辞職
   Political party's revival ・ Resignation of the Shidehara Cabinet

     
     
     
昭和20年(1945年)の11月から12月にかけて、政党の復活、結成が続きました。進歩党 自由党 社会党 協同党 共産党 (正式名称は、いずれも頭に ”日本” が付きます)などです。

Political party's revival and formation continued from November, 1945 to December. They are Progressive Party , Liberal Party , Socialist Party , common party , Communist Party (each official name is on the head "Japan" is attached), etc.

昭和21年(1946年)4月10日、新しい選挙法による衆議院議院総選挙が行なわれました。結果は、自由党 141、進歩党 94、社会党 93、協同党 14、共産党 5 で、このうち女性議員が39名を占めました。
幣原喜重郎の与党・進歩党 は第2党となり、昭和21年(1946年)4月22日、幣原内閣 は総辞職しました。このあと、総理大臣が決まらず、1ヶ月もの政治的空白が起こりました。

The Lower House Parliament general election by a new election law was held on the following year, April 10, 1946. Result -- the Liberal Party 141, the Progressive Party 94, the Socialist Party 93 , common party 14 and the Communist Party 5, among these, the assemblywoman occupied 39 persons. Since the Progressive Party of Kijuro Shidehara's governing party turned into the 2nd party, the Shidehara Cabinet resigned in a body on April 22, 1946. Then, the Prime Minister was not decided but the political vacuum also for one month happened

町田忠治Tadaharu Machida 鳩山一郎 Ichiro Hatoyama 片山哲 Tetsu Katayama 徳田球一 KyuichiTokuda
  (出典 Wikipedia) (Time-AZより引用)

            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

幣原喜重郎 は、内閣総辞職後、次ぎの 第一次吉田内閣 で 無任所大臣 として入閣。昭和22年(1947年)の総選挙で衆議院議員に当選。日本進歩党 総裁 となり、その後 民主自由党 に参加して、衆議院議長を務めました。議長在任中に78歳で死去。

Kijuro Shidehara
entered the Cabinet as Minister without Portfolio after resignation of the Cabinet en mass at the next first Yoshida Cabinet. The member of the House of Representatives was won in the general election in 1947, and Kijuro Shidehara became the President of the
Japanese Progressive Party. After that, Democratic Liberal Party was joined and it served as the Speaker of the House of Representatives. He died at the age of 78 during the chairperson's tenure.

政党復活のころ、昭和20年(1945年)12月16日、元首相・公爵・近衛文麿 が服毒自殺しました。軍部にかつがれて総理大臣となり、その軍部を押さえることができず、戦争末期には、ソ連米英との仲介を頼むという、愚かなことをやろうとして失敗。敗戦直後には、厚顔にも大臣を引き受けるなど、あまりにも世間知らずの人だったと思います。

The time of political party revival, the former prime minister, duke, Fumimaro Konoe on December 16, 1945 a. Suicide was committed by taking poison. Although he was shouldered by the military authorities and became the Prime Minister, the military authorities could not be pressed down, but it tried to do the foolish thing of asking the Soviet Union for agency with the U.S. and Britain, and it went wrong in the last stage the end of war.Immediately after defeat, this person regards taking over a minister also impudently etc. as his having been person of the person who knows but little of the world too much.

この、奈良時代以前からの藤原氏本流の末裔(まつえい)、さすがに最後は自分の戦争責任を悟って、虜囚となる前に自ら身を処しました。享年54歳。

This person, one of the posterity of main stream of the Fujiwara clan. from Nara period or before, has finally realized his war responsibility truly and became a war criminal, he conducted the body himself. He was 54 years old of age at death.



   食糧メ−デー・・・プラカード事件
     Food May Day ・ Placard incident

     
食糧の買出しに行く人たちPeople who go laying in food
昭和21年(1946年)5月19日、東京の皇居前で、飯米(はんまい)獲得人民大会が開催され、25万人が集まって、米の配給遅延に抗議しました。一般には ”食糧メーデー” と呼ばれています。

The rice acquisition people convention was held in front of the Imperial Palace in Tokyo on May 19, 1946, 250,000 people gathered, and it protested against distribution delay of rice. Are general. It was called "food May Day."

このころ、都会での食糧不足はひどいものでした。1日一人2合1勺の米の配給は何日も滞り、市民は、自分で農家へ行って食べ物を売ってもらうか、運び屋がこっそり運んで来る高価な闇米(やみごめ)やイモ類を買わざるをえませんでした。

The food shortage in the city at this time was severe. Since distribution of rice was overdue for many days, citizens could not but buy expensive black-market rice and the potatoes which go to a farmhouse by themselves, and get food, or a carrier carries secretly.

といっても、失業や預金封鎖で現金はなく、また農家の方も、物価の高騰が続くので、「金はいらん、物を持って来い」 と言ってました。都市住民は、持っている衣類などを農家へ持って行き、米や芋と交換してもらうことが多かったのです。

Since there is no cash at unemployment or a deposit blockade and the jump of prices continues also in farmhouses, farmers said "money is not needed, bring some things." City residents brought to the farmhouse the clothing etc. which it has, and had them exchanged for rice or a potato.

この時期、私の家では、統制前に父が買い込んでおいた 石鹸や足袋(たび) が、とても役に立ちました(戦時統制経済のページ 参照)。石鹸や足袋 を農家へ持っていくと、大喜びで、質の良い白米やサツマイモと交換してくれました。

Soap and socks which the father purchased before control in my house at this time. It was very helpful (refer to the page of wartime control economy). When soap and socks were brought to the farmhouse, it exchanged for high quality polished rice and sweet potato on the pleasure.

さて、東京の食糧メーデーでは事件が起きました。デモ隊は、社会党や共産党の幹部に率いられて、皇居内や首相官邸に押し寄せ、天皇 や 総理大臣 に面会を求めました。

Now, the incident occurred on the food May Day of Tokyo. They were commanded by the management of the Socialist Party or the Communist Party, the inside of the Imperial Palace and the Prime Minister's official residence are washed, and demonstrators are the Emperor and the Prime Minister. they asked for a meeting.

その際、デモ隊のなかの 松島 という共産党員が、下の画像のように書いたプラカードを掲げました。
プラカードの模写画像
これが、天皇を誹謗(ひぼう)した行為とされて、当時まだ存在した 不敬罪 に問われました。世にいう “プラカード事件” です。

松島 は 不敬罪 で起訴されましたが、東京地方裁判所は 不敬罪 を認めず、天皇 個人に対する名誉毀損としました。これに対して、東京高等裁判所は 不敬罪 を認めたものの、新憲法公布に伴う大赦令(たいしゃれい)によって免訴としました。

被告は、免訴ではなく、あくまでも無罪を求めて、裁判は最高裁判所まで持ち込まれ、2年後の昭和23年(1948年)5月になって、最高裁判所は上告を棄却しました。棄却理由は、 「大赦令により公訴権が消滅しているので、これ以上審理ができない」  ということでした。

昭和21年(1946年)から22年(1947年)にかけて、日本の食糧事情はとてもひどい状況でした。幣原内閣 の 大蔵大臣・渋沢敬三 は、

      「餓死と病死を合わせて、日本では1千万人が死ぬだろう」 

と言いました。

It was in the situation where the food situation of Japan is very severe from 1946 to 1947. Keizo Shibusawa, the Minister of Finance of the Shidehara Cabinet said as follows,

"Death from starvation and a death due to sickness will be united, and 10 million people will die in Japan."

この食糧デモを見て、マッカーサーは 「組織的な指導の下に行われつつある大衆的暴力と物理的な脅迫手段を認めない」 と声明を出しました。
     
サゴ椰子の粉で作ったパンケーキ(ニューギニア)
pancake made from the powder of sago coconut
(New Guinea)
しかし、その一方で、これが全国的な食糧暴動に広がり、日本占領 に連合国軍隊の追加派遣要請が必要になるのを恐れた GHQ(連合国軍総司令部) は、アメリカ などからの食糧の輸入を実施しました。

MacArthur issued "the popular violence currently performed under systematic instruction and a physical threat means are not accepted", and statement, seeing this food demonstration. However, GHQ which feared that this spread in a nationwide food riot on the other hand, and the additional request to dispatch of an allied force party was needed for Japanese occupation imported the food from the United States etc.

でも、輸入された食糧の多くは粗悪なものでした。アメリカ産の 乾燥サツマイモ の角切りや、ふすま (小麦の皮) の多く混じった小麦粉椰子粉 (やしこ) などが、米の代用食として配給されました。椰子粉 とは、ニューギニア の日本軍将兵が現地で飢えをしのぐために食べた、サゴ椰子 のデンプンです。椰子粉 は今でも販売されていますが、当時のものは、今のものよりも、ずっと品質の劣る粉末でした。

But many of imported food was crude. Flour, coconut powder, etc. which there are much cube cut of American dry sweet potato and bran (skin of wheat), and were mixed were rationed as substitute food of rice. Coconut powder is starch of the sago coconut eaten in order that the Japanese army soldiers of New Guinea might endure hunger there. Although coconut powder was sold even now, the thing of those days was the powder which is inferior to the present thing in quality all the time.

昭和20年(1945年)の日本での米の生産量は、気候不順、人手不足、肥料不足などが重なって、大きく落ち込み、およそ 3千万石 といわれました。3千万石 といえば、江戸時代の生産高と同じで、7千万人を超える人口を養うにはとても足りません。

Climate instability, a labor shortage, lack of fertilizer, etc. overlapped, and the quantity of production of the rice in Japan in 1945 fell off greatly, and was called about 4500000 ton. When calling it 4500000 ton, it was the same as the output of the Edo period, and insufficient for supporting more than 70 million population at all.

さらに、将兵の復員、外地からの引揚げなどで、人口はますます増えてゆくのに、生産農家は、敗戦後、国からの米穀の供出要請に、素直に応じなくなりました。政府は、GHQ の力を借りて、主要食糧の供出や流通をきびしくし、違反者は、単なる経済犯ではなく、占領軍に対する敵対行為だ、とする緊急勅令を発動したりしました。

The farmhouse stopped furthermore, accepting the delivery request of the rice from a country obediently after defeat by population increasing increasingly by soldiers' demobilization, raising from an oversea land, etc. The government borrowed the power of GHQ and made a delivery and circulation of essential food severe. The offender exercised the urgent Imperial edict made into the hostile act to mere not a economic criminal but occupation forces.



     虱と回虫、発疹チフスと天然痘
    Lice and intestinal worm , typhus and smallpox

第二次世界大戦の戦争中から敗戦後にかけて、食糧不足とともに、大多数の国民が悩まされたのが、寄生虫伝染病 です。

It was parasites and infectious diseases that a large majority of people were afflicted with the food shortage over after defeat.

東京の道端で下着のシラミをつぶす人々
People who crush the crotch pheasant
of underwear at the roadside in Tokyo
戦時中の燃料不足や戦災によって、入浴ができなくなったうえに、下着などの衣類が買えなくなって、何日も着替えできない日が続きました。京都のように戦災を受けていない町でも、銭湯は数日に一度営業するだけで、湯も不潔でした。

それに、勤労動員の寄宿舎帰りや、復員兵などの、寄生虫持ち帰りも重なって、ほとんどの人に (シラミ) がつきました。

Bathing became impossible by a fuel scarcity in wartime and war devastation, and also it becomes impossible to have bought clothing, such as underwear, and the day which will change its clothes for many days and is not made continued. Hot water was also dirty only by a public bath doing business once in several days also in the town which has not received war devastation like Kyoto.

The takeout of the parasite by a student, a demobilized soldier, etc. who came back from the dormitory of labor mobilization to it also overlapped, and
lice were parasitic on almost all persons.

シラミ には、衣類に住み着く コロモジラミ、頭髪に着く アタマジラミ、他の体毛につく ケジラミ の3種があります。私たち男子は コロモジラミ に悩まされました。下着の縫い目に住み着いて、からだの血を吸うので、とてもかゆいのです。

学校で、休み時間に裸になって、下着の コロモジラミ を指先でつぶしている級友もいました。女性は コロモジラミ のほか、アタマジラミ にも悩まされました。

シラミ は血を吸ってかゆいだけでなく、発疹チフス を媒介するので、日本人だけでなく、占領軍でも大きな問題でした。シラミ 駆除のため、占領軍の係員が、日本人にも占領軍兵士にも、DDT(Dichloro-diphenyl-trichloroethane・殺虫剤)の散布を実施しました。

Since the crotch pheasant inhaled blood and he not only has it, but it carried typhus, it was the problem that not only a Japanese but occupation forces were big. problem. Occupation forces' official in charge sprinkled DDT (Dichloro-diphenyl-trichloroethane and insecticide) to Japanese and an occupation-forces soldier for extermination of a crotch pheasant.





アメリカ軍兵士へのDDT散布
DDT spraying to a U.S. Forces soldier
アタマジラミ Louse
(提供・しらみなんてこわくない)
今の時代、コロモジラミ はあまり聞きませんが、アタマジラミ はまだいるそうですね。

回虫カイチュウ)の寄生は、戦前、かなり広がっていました。私たちの世代では、小学校で、年に1回検便があって、回虫 蟯虫ギョウチュウ)が寄生している者は、駆虫剤(虫くだし)を飲まされました。クラスの半分以上が虫を持っていました。

昔、回虫 の寄生が多かったのは、田畑の肥料として、人糞尿が広く使われていたからです。回虫 の卵は野菜などに着いて、蟯虫 の卵は駄菓子などに着いて、口から人の体内に入り、成虫となって腸の中に住み着くのです。

Parasitism of an intestinal worm had spread considerably also at prewar days. In our generation, there is a stool test per year once at an elementary school. Those on whom the worm is parasitic were given the wormcide .More than half of a class had an worm. It is an intestinal worm to ancient times. It was because excrement urine was widely used as manure of fields that had much parasitism. An egg arrives at vegetables etc., and the egg of a pinworm arrives at a cheap candy etc., goes into people's inside of the body from a mouth,

そのうち、回虫 の寄生は、戦時中から一段と広がりました。扱いが不潔になった野菜からのほか、野菜不足を補うために、野草まで摘んで食べるようになったからです。駆虫剤の マクリカイニンソウ ともいう。海藻の一種)は、なかなか手に入りませんでした。

Parasitism of intestinal worm spread much more from the wartime period before long. It was because it gathers to wild grass and came to eat, in order to compensate with the shortage of vegetables the others from the vegetables in which treatment became dirty. That of the wormicide was not obtained easily.







蟯 虫
Pinworm
 回 虫(メス)
Intestinal worm
汚い話で恐縮ですが、お尻から頭を出した 回虫 を、手でつまんで引っ張り出したことが、何度かあります。今の子供さんは、こんなのが出てきたらびっくりするでしょうね。

現代では、回虫 の寄生はほとんどなくなりましたが、蟯虫 は、幼稚園などで広がっているところもあると聞いています。

私の身内や近所では、発疹チフス にかかった人はありませんでしたが、地域によってはかなり蔓延していたとのことです。天然痘は、横町の顔見知りのおばさんが罹患しました。

Although there was no person concerning typhus in my relatives and the neighborhood, depending on the area, it was spreading considerably. As for smallpox, the lady of the acquaintance of an alley fell ill.

当時は、子どものときに、種痘 を受けることが義務付けられていたので、当時の私のような若い年齢の者は心配ないと思っていました。しかし、種痘 を受けてから年数の経っている年配の人は、天然痘 を恐れていました。

Since it was obliged to receive vaccination those days at the time of a child, I thought that the person of young age of those days like me was reliable. However, after receiving vaccination, the person of the age in which years have passed feared smallpox.

天然痘 にかかったおばさんの家の前は、かなりの期間、通行止めになりました。回復して表へ出られるようになったおばさんを見ましたが、顔も首筋も、黒いポツポツがいっぱい出来ていました。

It was closed during the remarkable period in front of the house of the lady concerning smallpox. Although the lady who recovers and came to be shown was seen, the face and the neck had done black points a lot.

            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

占領軍は、日本の野菜は不潔 として、野菜サラダ用の生野菜を栽培する ハイドロポニックス(hydroponics・水耕栽培・養液栽培)農場を各地に作りました。京都市のアメリカ軍兵士のキャンプは滋賀県大津市にあり、ここにかなりの規模の 水耕農場 が作られていました。

The occupation forces of Japanese vegetables are dirty. It carries out and grows the fresh vegetables for vegetable salad. The hydroponics made in various places.

農林専門学校 の行事として、この 水耕農場 を見学に行きました。たくさんの大きい水槽の上で、リーフレタス ハツカダイコン などが育っていました。当時としては、とても珍しい野菜栽培法ですが、土耕と違ってずいぶん経費がかかるな、と思いました。

大津市の水耕農場の場長はアメリカ人でしたが、日本人の場長格の専門家として、W博士 がいて、我々に水耕栽培法の説明をしてくれました。W博士 は三重県出身、台北帝大卒。台湾や沖縄で試験研究に従事していましたが、敗戦で引き揚げ後、この水耕農場で栽培指導をしていました。

この W博士 と私は、後年、深いつながりを持つことになります。



    第一次吉田内閣発足・・・難産の自由党内閣
     The first Yoshida Cabinet inauguration
     The Cabinet of the Liberal Party which was hard labor


吉田 茂(左)と鳩山一郎(右)(出典 Wikipedia)
Shigeru Yoshida (left) and Ichiro Hatoyama (right)
吉田 茂(出典 Wikipedia)
Shigeru Yoshida
昭和21年(1946年)4月10日に行なわれた衆議院議員総選挙の結果、自由党 が 進歩党 を押さえて第一党となりました。自由党党首の 鳩山一郎(前総理・鳩山由紀夫、元大臣・鳩山邦夫の祖父)は社会党の閣外協力をとりつけて、組閣を始めようとしました。

As a result of the member of the House of Representatives general election on April 10, 1946, the Liberal Party pressed down the Progressive Party and turned into a dominant party. Ichiro Hatoyama (grandfather of Yukio Hatoyama, the former Prime Minister, and Kunio Hatoyama, a former minister), the Liberal Party leader, tried to get the non-cabinet ally of the Socialist Party, and begin formation of a cabinet.

ところが、GHQ は、鳩山一郎 が戦前に軍国主義を助長した政治家であるとして、公職追放 に処しました。このために、次ぎの内閣の発足が1ヶ月も遅れることになりました。

However, GHQ was carried out on the purge from public service noting that Ichiro Hatoyama was the politician who promoted militarism at prewar days. For this reason, inauguration of the next Cabinet will be overdue also for one month.

結局、鳩山一郎 は、幣原内閣の外務大臣・吉田 茂(元総理・麻生太郎の祖父)に後事を託し、自由党は 吉田 茂 を後継者として、組閣に入りました。

After all, Ichiro Hatoyama entrusted future affairs to Shigeru Yoshida (Taro Aso's, the former Prime Minister, grandfather), the Foreign Minister of the Shidehara Cabinet. The Liberal Party went into formation of a cabinet by making Shigeru Yoshida into a successor.

ところが、この時期に、食糧メ−デー が起って、社会党や共産党は食糧の人民管理を決議し、組閣を妨害したので、吉田 茂 は、農林大臣の選定に困ってしまいました。さすがの 吉田 茂 も、一時は組閣を諦めかけましたが、マッカーサー の、

   「組織的な指導の下に行われつつある大衆的暴力と物理的な脅迫手段を認めない

との声明に助けられ、昭和21年(1946年)5月22日、ようやく第一次吉田内閣 が成立しました。

However, the food Mayday happened at this time, and the Socialist Party and the Communist Party decided on the popular control of food, and blocked formation of a cabinet. Therefore, Shigeru Yoshida has been troubled by an agriculture and forestry minister's selection. He is MacArthur although true Shigeru Yoshida was also giving up formation of a cabinet temporarily,

"The popular violence currently performed under systematic instruction and a physical threat means are not accepted."

It was helped by the declaration and the first Yoshida Cabinet was materialized at last on May 22, 1946.


        前のページ Back   次のページ Next Page

     目次ページ へ      
to Table of Contents