青春のひと時
   One time of youth
     ・ボーイスカウト  Boy Scouts

ベーデンパウエル卿
Sir Baden Powell
昭和24年(1949年)5月、私が大学に入学して間もなく、お寺のY住職 から依頼がありました。Y住職 は、そのころ、龍谷(りゅうこく)大学 の教授になっていました。

寺で ボーイスカウト 活動をしているが、指導者が少なくて困っている。指導者になってくれないか

という依頼です。

Soon after I entered in the university, there was a request from Y chief priest of a temple in May, 1949.

"Although
Boy Scouts activity is carried out in the temple, there are few leaders and they are in trouble. Would you become a leader?"

お寺には、住み込みの龍谷大学の学生がいて、隊長をしているのですが、そのころの龍谷大学の学生は皆地方の寺院の子弟で、ボーイスカウト 活動期の夏休みには、帰省してしまうのです。それで夏休みの期間だけでも、という話でした。

Although a live-in college student is in the temple and being acted as a captain, during the summer vacation of the
Boy Scouts activity period, it will go back by the children of a local temple. Then, it was a talk only of the period of the summer vacation.

私は、この種の団体活動はあまり好きではないのですが、入試の勉強で机に向かってばかりいたので、中学生相手にしばらく遊ぶのも健康のために良いだろう、と思って引き受けました。

Although I did not so like it, this kind of organization activity, was always sitting at its desk in the study of the entrance examination, since, also regarded playing for a while as good because of health as the junior high school student partner, and took over me as him.


引き受けるからには、夏休みのときだけ急にできるわけでもないので、5月から早速に 隊長代行 ということで参加しました。集まりは毎週日曜日の午後。隊員は、中学1年生から3年生までの少年です。指導者になるには資格が要るというので、指導者講習会 に数日参加して資格を取りました。

Since it could not necessarily be made sudden only at the time of the summer vacation once it took over, I was alike instantly from May and participated by the acting captain. In Sunday afternoon, the member of a gathering was boys from the first-year student in a junior high school to a third grader every week. I participated in the leader school on several, and obtained qualification because qualification would be needed for becoming a leader.







当時のボーイスカウトの徽章とポケットブック
The badge of those days and pocketbook of Boy Scouts
ボーイスカウトという組織は、イギリスの軍人・ベーデンパウエル卿 が始めたもので、アメリカで広まりました。日本でも、戦前、”少年団” という名で結成されましたが、戦時中は途絶えていました。

An organization called the
Boy Scouts is what Sir Baden Powell, the British military man, began, and spread in the United States. Although formed by the name of the "Boy Scouts" even in Japan at prewar days, it had stopped in wartime.

敗戦後、 GHQ(連合国軍総司令部)は、民間情報教育局を担当部局として、ボーイスカウト 活動を全国に広めようとしました。京都でも、アメリカ軍軍属・F氏が、ボーイスカウト 活動を推進する専任者でした。

GHQ (allied force General Headquarters) tended to make Civil Information and Education Section the department in charge after defeat, and it was going to spread the
Boy Scouts activity all over the country. In Kyoto, Mr. F of the army civilian employee of the U.S. Forces was a full-time person who promotes the Boy Scouts activity.

スカウトというのは「斥候」という意味で、組織には「誓い」や「(おきて)」があり、モットーは 「備えよ常にBe Prepared)」でした。

there are "oath" and "rule" in an organization for the purpose of "scouting" in saying motto "Be Prepared " it was .

毎日曜日の行事としては、お寺の本堂でのゲーム遊びや、野外での ハイキング のほか、縄の結び方、飯盒炊爨(はんごうすいさん) と副食作り、けが人の救急手当ての仕方、などの生活に役立つ実技訓練もしました。

Practical skill training which is useful for the life of the method of making a side dish and a wounded person's emergency allowance, etc. was also given to how to tie a rope other than a hike in the game play and the outdoors in Hondo of a temple as an event of every sunday .


夏休みのキャンプ は、アメリカ軍のF氏が選んだ、清滝川 の支流の川原にテントを張って、3泊4日を過ごしました。水泳は、清滝川 本流のやや深いところでしましたが、清滝川は夏でも水が冷たくて長時間は泳げず、川原の広いところへ戻って、ゲーム や キャンプファイヤー をして過ごしました。

The camp of the summer vacation put up the tent to the dry river bed of the branch of the Kiyotaki river which Mr. F of the U.S. Forces chose, and passed three nights and four days. Since the Kiyotaki river had cold water and it was not able to swim in it for a long time in summer although swimming was carried out in a little deep place of the Kiyotaki river main stream, it returns to the large place of a dry river bed, and it is a game. Campfire was carried out and it passed


アメリカ軍軍属・F氏 は、あまり威張らず、万事好意的でした。ただ、ある日、救急手当ての仕方の練習に使う包帯を支給するというので、彼の宿舎へいったときのこと。 .

Mr. F of the U.S. Forces army civilian employee was seldom arrogant, and he was friendly everything. It was a thing when said to his lodgings because the bandage used for practice of the method of an emergency allowance would be provided one day.


彼の宿舎は、円山公園 内の 長楽館 でした。長楽館 は、明治時代にタバコ製造販売で産を成した 村井吉兵衛 が迎賓館として建てたもの。このときは占領軍に接収されていました。子供のときからこの建物の前を何度も通っていましたが、中へ入るのは初めてでした。

His lodgings were
Chorakukan in Maruyama Park. Chorakukan, although the Kichibei Murai which accomplished property by tobacco production sale to Meiji Era built as the State Guesthouse, it was requisitioned by occupation forces at this time. Although it passed in front of this building from the child's time repeatedly, this was the first time that it goes into inside

現在の長楽館 The present Chorakukan
(「古い町並みを歩く」より転載)
玄関から入って見ると、ちょうどティータイムで、多くの占領軍の軍人たちが、ケーキなどを食べたり、コーヒーや紅茶などを飲みながら、大きな声で笑ったりしていました。今ならなんとも思わないでしょうが、彼らが飲食しているものは、当時の日本人には、とても口にできないものばかりでした。 .

When entered and seen from the door, many occupation forces' military men ate a cake etc. in teatime exactly, and it was laughing in loud voice, drinking coffee, tea, etc. Probably it did not consider not at all, if it was now, but a Japanese of those days was not able to do at all that in which they are eating or drinking at a mouth.


この時代の日本の国家予算では、4割近くが「終戦処理費」となっていました。「終戦処理費」の中身の明細は国民には知らされませんでしたが、ほとんどが占領軍の駐留経費だといわれていました。

In the national budget of Japan of this time, about 40 percent had become "end-of-the-war processing expenses." Although the details of the contents of "end-of-the-war processing expenses" were not told to people, they were said for most to be occupation forces' stationing cost.


私は、長楽館 のなかの様子を見て、

   「没収同然に徴収された財産税は、こいつらに使われているのか !

と思いました。しかし、占領軍に対してうかつなことは言えない時代、じっとにらんでこらえるしかなく、敗戦国民の悔しさを、あらためて感じ直しました。

I look at the situation in Chorakukan
.
  "The property tax collected similarly is used for these !"

I considered. However, since it was a time which cannot be said, it could not but glare intently, and that he is careless to occupation forces could not but bear, and it felt defeated nation people's regret anew.

二階から降りてきた F氏 は、包帯などを渡し、家まで送ってゆくと言って、私を ジープ に乗せました。しかし、私は、家に着くまで、道順以外は F氏 に何も話をする気になれませんでした。

Mr. F who has got down from the second floor says that he sends to a house after passing a bandage etc., and he is me. It put on jeep. However, I did not get used to the mind which makes no talks Mr. F other than the route until I got home.


この年の秋に、左京区の岡崎公園で行なわれた京都市内の ボーイスカウト 各隊の集会を最後に、ボーイスカウト 隊長代行を辞めさせてもらいました。

Finally the meeting of Boy Scouts each party in Kyoto to which it was carried out in Okazaki Park of Sakyo-ku was resigned from the acting Boy Scouts captain in the autumn of this year.

            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ボーイスカウト 運動は、現在も続いていますが、服装も帽子も以前とは変わっています。私の関わった昭和24年(1949年)に、「財団法人ボーイスカウト日本連盟」が再発足したのですが、現在、全国的活動はあまり活発ではなさそうです。

ボーイスカウト のような団体活動は、少年たちのために役立つことも多いと思いますが、今の少年たちは、この種の団体活動に興味を持つのでしょうか。

円山公園 の 長楽館 は、その後、年月を経て個人の所有となり、現在は、女性専用のホテル になっている、と聞いています。



   青い山脈・・・明るい未来を告げた映画
     Aoi Sanmyaku (a blue mountain range)
    The
song and movie which told the bright future

昭和24年(1949年)7月、ひとつの映画が封切り上映されました。「青い山脈」 です。正続編が続けて公開され、大変なヒット作になりました。

One movie released and was shown in July, 1949. It is "Aoi Sanmyaku (a blue mountain range)." The right and sequel was exhibited continuously and became a serious hit.

「青い山脈」の出演者
(左から伊豆肇・若山セツ子・杉葉子・
池部良・原節子・竜崎一郎 )
The performers of "Aoi Sanmyaku"
(From the left to Hajime Izu, the Setsuko Wakayama,
Yoko Sugi, Ryo Ikebe, Setsuko Hara, and Ichiro Ryuzaki)
また、映画と同名の主題歌も、西条八十 作詞・服部良一 作曲の、明るい希望に満ちた感じの歌詞とメロディで、藤山一郎 奈良光枝 が歌い、これも大ヒット、のちのちまで長く歌われました。

Moreover, by the words and the melody of touch which were filled with a bright hope of Yaso Saijo's the lyrics and the Ryoichi Hattori composition, Ichiro Fujiyama and Mitsue Nara sing, this also makes a smashing success and the title tune of a movie and a same name is also sung for a long time behind after.


   若く明るい歌声に  雪崩は消える 花も咲く
    青い山脈 雪割り桜    
  空のはて  今日もわれらの 夢を呼ぶ ・・・・・

     (時雨音羽 編著 日本歌謡集 より引用)

青い山脈」 は YouTube で視聴することができます。

映画の原作は、作家・石坂洋次郎 が朝日新聞に連載した同名の小説で、東北地方のある町での、旧制高校の学生と女学生との淡い恋、そして、それが引き起こす女学校での事件を、ユーモラスなタッチで描いたものです。

The original of the movie is a novel of the same name which Yojiro Ishizaka, the writer, serialized to Asahi Shimbun.
The light love of the student of an old-system high school in a town and a schoolgirl with the Tohoku district and the incident in the girls' school which it causes are drawn by humorous touch.


配役は、旧制高校の学生に 池部 良(いけべりょう)、女学生に新人の 杉 葉子(すぎようこ)、女学校の先生に 原 節子、町の芸者に 木暮美千代。そのほかに、竜崎一郎伊豆 肇若山セツ子 らが出演しています。

「青い山脈」の池部良と杉葉子
Ryo Ikebe and Yoko Sugi
「青い山脈」の杉葉子(左)と原節子(右)
Yoko Sugi (left), Setsuko Hara (right)
原作者・石坂洋次郎 は 青森県・弘前市 出身。弘前市 や 秋田県・横手市 の女学校の教師を勤めた経験を元に、この小説を書いたようです。

It seems that Yojiro Ishizaka, the original author, wrote this novel based on experience which comes from Hirosaki-shi, Aomori and worked the teacher of the girls' school in Hirosaki and Yokote in Akita Prefecture.


今になって、あらためてこの映画を見てみると、ずいぶん甘い作品だったなと思います。しかし、当時は敗戦後の暗さの中に、ようやくわずかな明るさが見えてきた時代。私だけでなく、当時の若者は、この映画で未来に自由と希望を見た のです。

I think that it was a fairly sweet work when soon came and I saw this movie anew. However, it was the time when slight brightness could be seen at last in the darkness after defeat those days. Not only me but the young men of those days
looked at freedom and hope with future on this movie.

映画の中で、女学校の英語教師役の 原節子 の着ている洋服が、当時としては綺麗(きれい)過ぎ、派手過ぎ、の観がありますが、これも 日本の未来を表わすもの として、観客は見ていたのでしょう。

the clothes which
Setsuko Hara of the role of an English teacher of a girls' school wears in the movie are past beautiful and past showy as that time, although there was a view, probably, the spectator was also looking at this as a thing showing the future of a book.

青い山脈」 は、その後、出演者を代えて4回も映画化されていますが、この第一作に及ぶものはなかったと思います。

I think that what amounts to this first work did not have it although "Aoi SanmYaku" replaced the performer with after that and was turned into a movie no less than 4 times.


            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

池部良 は、このとき32歳で旧制高校生を演じました。それがさほど不自然さを感じなかったのは、彼が抜群の美男子だったからでしょう。その後、数多くの映画に出演。歳とってからはエッセイストとなり、平成22年(2010年)10月8日に亡くなりました。享年92歳。

杉葉子 は、映画女優として多くの映画に出演後、アメリカ人と結婚。現在カリフォルニアに居住し、健在です。

原節子 は、この映画ののち、小津安次郎監督の映画に多く出演し、「晩春」 「東京物語」 などの名作を残しました。40歳を過ぎてから、女優としての活動をやめ、現在は 鎌倉 に居住とのことです。



    高山義三・・・京都市長に当選
   Gizo Takayama ・・・The Kyoto mayor is won.

年が明けて、昭和25年(1950年)2月と4月に、京都で 市長 と 知事 の選挙が行なわれました。どちらも 保守 と 革新 の対決となりましたが、市長 も 知事 も革新候補が勝利しました。

高山義三
(京都国際会館館長時)
Gizo Takayama
京都市役所(出典 Wikipedia) Kyoto City Office
御池大橋 Oike large bridge (ブログ:ノルマ!!の画像借用)
宝が池の国立京都国際会館
Kyoto International Conference Hall
当選したのは、京都市長 に 高山義三、京都府知事 に 蜷川(にながわ)虎三。この二人は、こののち、京都の市政・府政を長く担当することになります。

このうち、京都市長 となった 高山義三 は、私と同じ商店街の出身。生家は私の実家から8軒ほど東です。近所と言っても、彼は私より36歳も年長の人なので、会って話したことはありません。

高山義三 の父は、初代京都市議会議長や衆議院議員を勤めた 中村栄助。中村家は商店街一番の名家でした。

私の子供のころ、中村家に同じ年頃の女の子がいて、家へ遊びに行ったことがあります。

中村家は元々石油販売商でしたが、私の子供のころには、店を人に貸し、広い敷地の奥の芝生なかの洋風の建物に住んでいました。私の実家のような京都の町屋と違うので、こんな家もあるのか、と驚いた記憶があります。

高山義三 は、子供のときに、家や財産を残して絶家となった祖母の実家の後を継いで、高山姓 を名乗りました。義三 は正しくは ”よしぞう” というのが正しいのですが、世間では “ぎぞう” と呼んでいました。

京都府立第二中学・熊本の第五高等学校 を経て、京都帝国大学法学部 に進学。大学進学者がまれな大正時代、商店街ではピカ一の存在だったそうです。

彼はこのころ、やや左傾して、大正7年に労働者と学生の団体 「労学会」 を結成し、労働運動や普通選挙推進運動に取り組みました。

大学卒業者には事実上免除されていた兵役も、自ら志願して1年間入隊。除隊時には、西尾末広 荒畑寒村 らの社会主義者が 「高山義三君の出獄を祝す」 と大書したのぼりを掲げて出迎え、これが憲兵隊と衝突して、いわゆる “京都赤旗事件” を起こしています。

その後は、神戸・大阪で弁護士として活躍。大阪では、将棋の 坂田三吉 の弟子となって素人五段をもらっています。しかし、戦争で大阪の弁護士事務所が強制疎開にかかり、京都市東山区馬町 の自宅に帰りました。

昭和20年(1945年)1月16日の夜に、東山区馬町 がアメリカ軍機の爆撃に遭って、私の親友が爆死したことを前に書きましたが、このとき町内会長をしていたのが 高山義三 です。

高山義三 は、4期16年、市長をつとめました。戦前戦後を通じて、京都市長の最長記録です。2度目の立候補のとき、社会党 が右派と左派とに分裂しました。このとき、彼は 社会党 を離れ、保守系 に転じました。

このために、革新側からは攻撃され続けましたが、市民の支持は強まり、選挙のたびに革新系候補者との票差を広げました。あまり政治色を表に出さず、市民の実生活や観光都市としての発展に役立つような施策に力を注いだ結果だと思います。

彼は、在任中、御池大橋北山大橋 を新設、四条大橋五条大橋 を架け直しました。五条大橋の架け直しについては、このホームページのなかの 「野菜こぼれ話第二話・五条大橋の擬宝珠」 をご覧ください。

高山義三 は、市長を16年で自発的に退任したあと、洛北・宝が池に誘致した 国立京都国際会館 の館長になり、5年以上を勤めました。昭和49年(1974年)12月7日死去、享年82歳でした。


      前のページ Back       次のページ Next Page

      目次ページ
          to Table of Contents