菱形文様の美
藤菱葵文
平安時代になって織物や染物の技法が進み、古代からの菱形文様はさまざまな衣装に採り入れられるようになりました。このページには、綺陽堂の平安文様素材集から菱形文様を転載させていただいています。
ここでは文様の図柄をよく見ていただくために、地文のような薄色のものは色を濃くしコントラストを強くしています。元の色柄ははるかに上品な薄色です。ぜひ、このページの最後のリンクバナーから
綺陽堂の原図をご覧ください。

繁 菱

繁とは草木が密に茂っていること。繁菱 (しげびし) は菱が重なり合っている意味のようです。下着にも上着にも色を替えて使われました。

遠 菱

遠菱(とおびし)とは、間を隔てて置いた菱形の織模様です。

業平菱 唐花花菱 花菱綾

業平菱(なりひらびし)は三重襷(みえだすき)から変ってできた模様とされてます。平安貴族最高の美男・在原業平(ありわらのなりひら)の名前が付けられました。唐花(からはな)とは現実には存在しない花で、中国で考えられた花文様です。これを菱形にしたのが唐花菱(からはなびし)で、花菱(はなびし)はその略称です。(あや)はさまざまな線や形の模様、とくに斜めに交差した模様をいいます。花菱綾は綾に花菱を配した文様です。

菊花菱 襷菊菱 亀甲地紋菊菱 入子菱 花菱襷 三重襷

菊花菱菊菱 は花菱文様の中心に菊の花を配したもの。(たすき)の元の意味は、衣服の袖をたくし上げるために肩から脇にかけて結ぶ紐。背中で交差するので、斜めに交差する文様もと呼びます。亀甲(きっこう)は亀の甲羅に似た六角形の文様。地紋(ぢもん)は背景になっている文様のことです。入子(いりこ)は入れ子ともいい、大きなものから小さいものへ順に重ねて組み入れたもの。三重襷(みえだすき)は線が3重になっている文様をいうようです。

花菱霰 唐草赤地 菱唐花 松菱 向い鶴 冠の羅菱文

花菱霰(はなびしあられ)は花菱を市松模様に配置したもの。唐草(からくさ)はつる草の絡み合う模様。松菱向い鶴は菱形の中に松の小枝や向き合った2羽の鶴を配した文様。は薄絹。公家(くげ)の冠のかぶる部分に付けた菱文。左は一条家、右は九条家のもの。現在の神職の多くは一条家の菱文を付けているそうです。

幸 菱 雲菱

幸菱(さいわいびし)は四つ花菱4個を組合わせて繁文(しげもん)としたもの。幸菱は武家の呼称で、公家では先間菱(せんげんびし)といいます。先間菱(さきあいびし)とも呼ぶことから、武家では縁起を担いで幸菱としたようです。雲菱は菱形の内外に浮き雲を配した文様です。

舞楽半臂の鳳凰菱 桐竹鳳凰菱 藤菱

舞楽(ぶがく)は舞を伴う古代の音楽。半臂(はんぴ)は古代の袖無しの胴着ですが、舞楽装束では袖が着いた派手な文様になります。上図は想像上の瑞鳥・鳳凰(ほうおう)を菱形に向い合せた図柄です。桐竹鳳凰菱は向き合う鳳凰に桐と竹を配したもの。藤菱は菱形の内外に藤をあしらった文様です。

菱唐花 狩衣鳳凰花菱 杜若花菱 日蔭蔓花菱
鎧の絵革 繧繝錦 比礼旗 繁菱竪
    
小葵錦 御襪の錦
は、金銀糸や種々の色糸を使って華麗な文様を織り出した紋織物の総称です。菱形文も多く織られています。
御襪(おんしとうず)の錦は天皇が即位式の日に履く足袋(たび)のようなもので、花菱文蝶形変り花菱文が見られます。(しとうず)は下沓(したぐつ)から音便で変化した名称です。
杜若(かきつばた)花菱はアヤメ科の多年草・カキツバタを菱形に向き合せた図柄。日蔭蔓(ひかげのかずら)花菱は、花菱をシダ植物のヒカゲノカズラで菱形に囲んだ図柄です。絵革は鹿の革に絵模様を染め出したもので、武具や馬具に用いられました。示した図柄は襷格子(たすきごうし)と呼ばれるもので、菱形が並んだ形になっています。
繧繝(うんげん・暈繝とも書く)は同色系の濃淡を段階的に置き、これと対照的な他の色合いの濃淡を組み合せて立体感や装飾的効果を出す彩色法で、中国の唐の時代にできました。そして繧繝錦は各色の段階をリズミカルに配列してその中に四つ菱や花菱文を織り込んだ錦です。比礼旗(ひれはた)は即位の儀式などに使われる威儀物です。
繁菱竪(しげびしたて)は菱を縦長に置いた文様です。繁菱や遠菱は横向きが原則ですが、天皇・皇族・上級公卿などは、他と区別するために菱を縦向きにしたそうです。


このページの菱形文様は綺陽堂のホームページから転載させていただきました。また、このページでは TAM Music Factory の曲を使わせていただいています。各位のご厚志にあつくお礼申し上げます。

            元のページへ戻る
このページの壁紙は「写り花菱」です