月岡芳年は幕末から明治にかけての絵師。
彼は「月百姿」シリーズの一つとして、卒塔婆小町を描きました。芳年の作品は残酷非情なものが多いといわれますが、この絵は晩年放浪の小町を描きながらも、その表情に老いの行く末を悟りきった穏やかさがよく表現されています


  元のページに戻る